不徳のギルド・第1話

冒頭を見てすぐに気がついた。これが今期のAT-X大勝利枠か。

魔物を倒す「ガード」になったキクルではあったが、ある日友人の結婚のお知らせ葉書が届いて気が付いた。自分の10代はただただ訓練と実戦とガードで終わってしまった生涯だった。だからガードをやめて楽しいキャンパスライフを送りたいと、ギルドでやめたいと申し出る。

だがギルド受付嬢のエノメは出会いの無さが理由だとしたら丁度入ったばかりの女の子武道家のひたむきと言い子が居るので一緒にパーティーを組んでみないか、育ててくれないかと言われる。

仕方なくキクルはひたむきを連れて魔物の居る場所へ向かってみた。ところがひたむきはまっすぐに武道家として戦う事しか出来なくて、折角の不意打ちの機会も倒すべきスライムに挨拶してしまい、そしてグニャグニャなスライムには鉄拳も効かず、スライムのエッチな餌食になるだけだった。
参考資料

ただ、これでキクルは後継を育てなければやめられないと思い、後継者育成を考える様になる。

次にエノメからは白魔術師のメイデナを紹介された。ただ、その直前の場面でエノメに勝手な事を言われたのを聞かれて最初はメイデナからは不潔なヤツと思われしまった。

三人で出かけるとまたもスライム出現。今後は学習したひたむきがスライムの核を貫けるかと思いきや、スライムに逃げられて指を骨折してしまった。ただ、これをメイデナが白魔術で瞬時に回復。有料だけど。

次に巨大なスライムのデカイム出現。こうなったら奥の手をとひたむきが構えるものの、デカイムはひたむきではなくてメイデナの方を襲った。これはヤバいとキクルがスライムの手を射抜き、落下するメイデナを受け止めた。これでメイデナの拒否反応が消えたかな。

これで仕方なくではあるが、後継者を育ててやめられる状態になるまではと新人を育てる事になったキクル。OPを見るともっと増えそう。

AT-Xのえっち枠って、ベースになる話がシリアスで、その中でえっち場面が出るのが大抵だが、これは完全にギャグの中で出て来る。大変見やすい。

ひたむきの涙ポロポロな絵好きだな。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

Do It Yourself!! -どぅー・いっと・ゆあせるふ-・第1話

Do It YourselfとタイトルにあるのだからDIYをやる話なのだろうとは思っていた。あと、舞台が三条市と言う、多分未だ嘗てアニメの舞台になった事のない場所が選ばれたとあって、その辺は楽しみにしていた。

高校受験の結果が出たお隣同士のせるふ(結愛せるふ)とぷりん(須理出未来)。ぷりんとしてはせるふと同じ学校に行くつもりだったのに、ぷりんが合格した湯々女子高等専門学校とは違って、せるふはそこには落ちて滑り止めだった潟々女子高等学校に行く事になってしまった。内心がっかりのぷりん。

この世界、ドローンとか自動運転電気自動車らしき物とかが自在に動いてるみたいで、そう言う技術優先の社会なのか高等専門学校の方が普通の高等学校よりエリートだそうだ。後から出て来る校舎の絵を見ても格段の差。
参考資料

せるふ、学校迄自転車通学だったが、ある日電柱に衝突して自転車が壊れてしまう。そこに通りがかった同じ制服の女子くれい(矢差暮礼)が工具を出してサクッと直してくれた。

ただ、クラスメイトのたくみ(日蔭匠)によるとその先輩は金槌を手にする怖そうな先輩と言う噂があると聞いてせるふはちゃんとお礼を言っておかねばとくれいの居る小屋へ向かう。ここがDIY部の部室。何だろうと思ったせるふにちょっとやってみるかとくれいが本棚制作の一つのネジを回すのをやらせてみた。

その場は一旦戻ったせるふだったけど、お隣のぷりんの庭を見て、昔はあそこで仲良く話したなと思い出す。あの頃はあの庭にベンチがあった。ベンチを作ったらまたぷりんと仲良く話が出来るのではと、ベンチが作れないものかとくれいの所へ向かう。

するとくれいは顧問の法華津治子先生からDIY部の部員がくれい一人になっちゃったので部として維持出来ない、部でないと予算が出ないと言われていた。そこにひょこり入ったせるふを指してくれいは昨日体験入部した子で、この子が新しい部員になると言う。言われた時はナニソレとも思ったせるふではあったが、自分で物を作ってみたいなと思ってDIY部に入る事にする。
参考資料

この感じ、「やくも」みたいな雰囲気。
いい感じではなかろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

陰の実力者になりたくて!・第1話

なんだコレ、Cパートはジョークパートじゃなくてこれが本編なの?

まず「陰の実力者」と言う名詞に対するイメージが私の思う物と全く違う。私がこの名詞から想像するのは影の組織のトップで自分は身体を動かさず御簾の内から臣下に対して命令を下して世の中を操ると言う物だ。百歩譲って自分が身体を動かす場合は単独行動にして隠密行動で、ある場面で突如として社会を救う手助けをすると言う物。Cパートで見た姿とか本来のOP?で見た姿はそれとは程遠い。

Cパートがあるとは知らずに見たAパートとBパート。高校生で俳優とかしてる、しかも大金持ちのお嬢様みたいな西野さん(CV:堀江由衣)が女性主人公かと思って見始める。西野は影野が嫌いだった。名前を間違えるだけなら苦手程度なのではと思ったが、視線をよこさずに話すそのやり方が嫌いだった。

だがある日西野は誘拐される。その現場を偶々見ていたのが影野。倉庫の中で西野が危うくなった時に影野が登場し、まずはチンピラを一撃で倒してもう一人の用心棒らしき元軍人と戦う。この元軍人、戦場で人を殺すのを味わってしまった戦闘狂みたいだが、影野はその男相手に傷を負うものの、勝利して西野を解放した。

だが影野は思った。こんな程度では駄目だ。自分が考えている陰の実力者には到底なれない。今の世界でもがいているままでは駄目だ。

その影野が最後にトラックに轢かれて死んでしまう。
参考資料
あれ?と思ったらCパートがあった。

Cパートではカゲノーと言う名の主様になってハーレムの如き集団を従えている。
それが陰の実力者?全然陰に見えないんだけど。

Twitterを見たら原作の冒頭と全然違うらしい。
あるツイートでは4巻に収録されている話とも言われていた。

そんな訳でこの構成は原作を知ってる人間からは賛否両論みたいだが、原作を知らない私としてはまあありかなとも思う。でも次回以降の内容次第。それによってはどうしてあんな構成にしたと思うかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

転生したら剣でした・第1話

人間以外に転生した代表作としては転スラがあるけど、この作品は剣に転生してしまった。新しい視点かなと思ったが、なんだやってる事は剣でなくてもいいじゃない。人の姿のまま転生して、自分では何の力も無く、目の前にはボロな剣ひとつ。これではこの世界では生きて行けないのではと弱い相手から色々討伐したら剣の潜在能力でどんどん強くなった、って話でも同じじゃん。

剣は圧倒的な強さを獲得したが、ある時不用意に地面に突き刺さってみたら自力では抜けなくなってしまう。魔力を吸い取ってしまう地面だったので。

しかし、そこに偶々奴隷身分とされた黒猫族の少女を乗せた馬車が通りがかり、その馬車が魔物のツインヘッドベアに襲われて馬車は壊され奴隷商の護衛も殺される。護衛が殺されたおかげで少女は自由に動ける様になって剣を地面から抜いてツインヘッドベアと戦えた。抜けさえすれば強くなった剣はツインヘッドベアをあっという間に倒せる。
参考資料

こうして剣と少女フランは一緒に旅をする事になった。剣はフランから師匠と呼ばれ、師匠はフランを進化させると誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

シャインポスト・第10話

雪音と紅葉がTINGSに戻り、そして春も本気を出せて五人が揃ったTINGSのライブは大成功。中野サンプラザのチケットもどんどん売れて行く。これなら2000席全部完売出来そうだ。

社長の優希がニコニコ笑ってこの調子ならあっという間に完売だねなんて言ってる。ここで輝くんじゃないかなと思ったのに輝かなかった。でも直輝はそんな事思ってないんでしょうとツッコむ。

一週間後、残り枚数は先週から3枚だけ減って992枚。理王なんてスマホが壊れたのかと言う。彼女達からしたらそうかもしれない。売れる枚数は売れ始めた時の延長線上にある様に思える。でも実際は名前ががーんと売れた瞬間にがーんと売れて、その波が終わったら静まってしまう。その辺、直輝なら分かっている。長らくマネージャーもして来てるし。
参考資料

だからこの先、もっと知名度を上げる算段のスケジュールを組んで来た。休んでいる暇はないよ。それに従ってTINGSの五人は一生懸命名前が売れる様にと頑張った。よろしくお願いしますと。

頑張ったけど、残りは未だ759枚。ここでも五人からするとリニアな線上の売れ行きを予想してこんなに残っていたら駄目だと思うが、やはり直輝は理解していた。この努力で知名度が上がれば最後に大きく売れる可能性が高いと。だから焦らず地道に活動せよと告げた。

そんな直輝もどこまで確信があったかは定かではない。ただ、夜の螢との電話の中では螢は届いているよと言うのだ。ちゃんと世間にTINGSの存在が届きだしていると。それは直輝が確認してみたら確かにファンが動き出していた。

中野サンプラザのライブまであと三日。残り247枚になりました。予想よりずっと減ってるのでまたも理王はそのタブレットが壊れているのではと。

SNSでファンがさかんに布教していた。ファンの期待に応えねばと五人は残りの日程を全力で頑張る。理王、ピーマンを食べるとか大変だな。苦手な人間に無理にやらせるのはどうかと思ったが、収録メンバーが以前と同じだからこれはリベンジと捉えるか。そして「なぜ今私がTINGSを観てほしいと思うか」とか、マジすぎる布教も。
参考資料

残り枚数が愈々一桁。最後の一枚を買った人が...フードを被っていてこれは怪しい。怪しいと思ったら「待たせてごめんね春」「時は来た」とか言い出した。やべーヤツだ。ただ、OPでも特別に春を見ていた青い髪の子だから何も無しに終わるまいとは思っていた。

彼女はHY:RAINの黒金蓮。春をHY:RAINに連れ戻しに来た。TINGSの他のメンバーの言葉など全く聞かず、春はここに居ては駄目だ。こんなバックダンサーと一緒ではと。そして杏夏達の足りなさをズバズバ指摘する。見てなかったと言いながら。

流石にHY:RAINの他のメンバーがやって来てうちのリーダーがご迷惑をと引き取りに来て蓮は戻る事になるが、ここで杏夏が蓮との勝負を受けてしまう。中野サンプラザのライブで自分達を納得させられなかったら春は連れて行くと。
参考資料

バックダンサー扱いされて憤る雪音達。でも直輝はそんな簡単な相手じゃないよとHY:RAINのビデオを見せてやった。そのライブを見て雪音達は呆然とした。こんな相手を自分達は納得させられるのかと。

マネージャーに見せられて初めて同じ業界の有名グループのライブを知ると言うのはどうかと思うよ。よく言われるでしょう。敵を知り己を知れば百戦殆うからずと。他を知らないのは怠慢だよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

忍の一時・第1話

冒頭がまるで擾乱を連想させるみたいな雰囲気だったので、あー戦国時代とかそんな頃の暗い話かなと思ったら、始まってみたら現代の中学生(あれで?高校生かと思った)の一時。

友達から遊びに誘われても習い事があるからといつもお断り。どうやら毎日毎日何かがあるらしい。でも家に戻ると小さいアパート暮らしで、一応母はサービスエリアの社長だと言うし、亡き父の生命保険もあると言うのでアパートは小さいけど生活費には困っていなさそう。

紅雪、昔だったら黒いマスクをしたキャラってどこからどう見ても怪しいのだが、COVID-19以降はこの方が普通で、マスクしてないで会話するとか何やってるんだと思える。

ある日一時はラブレターを貰った。指定された場所に行ってみると後輩の女の子の椿里美と言う子から告白される。舞い上がる一時は日曜日に会う約束をした。

だが母は一時から「今迄一言も話した事の無い子から告白された」と聞いた瞬間に顔が険しくなり、そのお付き合いは駄目だと言う。

それでも一時は母に黙って日曜日は里美と会い、どこに行こうかと言ったら里美はうちに来てと言う。そして部屋に入っていきなり服を脱いでのしかかって来た。あ、これ、露骨に怪しいヤツだ。
参考資料

これってドッキリ?とか、この時点では何も分からない一時が何か隠してるんじゃとベッドの下を覗いたら、おめでとうございます、当たりです、刺客が隠れていました。

ぞろぞろ出て来た刺客に進退窮まった一時だが、ここに紅雪が飛び込んで来て一時を助け出す。光蔵達が待っていて車で離脱を図るものの、マキビシでパンクさせられて車が使えなくなり、光蔵達が追跡者と戦うから街に逃げろと言われた。

だが街もおかしな事態となって停電するわ、そこにタイミングよく警官が来るわ、やっぱり刺客も来るわで完全にもう駄目かと思ったら、時貞さんがかっこよく登場。圧倒的強さで全員片付ける。

一時は車に乗せられてどこかに。大きな屋敷だと思ったら櫻羽の実家。そしてご当主様が母の弓香。ご当主様曰く、おまえは伊賀忍者の本家の後継者だと言う。何が何だか大混乱の一時であった。

一時を狙ったのは甲賀忍者らしい。ご当主様の説明だと金に物を言わせて他の忍軍を吸収してると言うが、最後の甲賀忍者の当主代理の話だと先代の当主を伊賀忍者に殺された事になっていた。だから絶対許さないと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

令和4年秋アニメ(視聴予定)のハッシュタグ一覧表

令和4年秋アニメで第1話は少なくとも見る(かもしれない)アニメのハッシュタグの一覧表。なお、リンク先はデータサイトとしてしょぼいカレンダーの各番組ページとしている。
参考資料

作品名 ハッシュタグ
新米錬金術師の店舗経営
ゴールデンカムイ 第四期
忍の一時
ヤマノススメ Next Summit
転生したら剣でした
陰の実力者になりたくて!
Do It Yourself!! -どぅー・いっと・ゆあせるふ-
恋愛フロップス
不徳のギルド
虫かぶり姫
アキバ冥途戦争
『艦これ』 いつかあの海で
異世界おじさん
うちの師匠はしっぽがない
令和のデ・ジ・キャラット
聖剣伝説 Legend of Mana ‐The Teardrop Crystal‐
農民関連のスキルばっか上げてたら何故か強くなった。
悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました
SPY×FAMILY 第2クール
後宮の烏
ぼっち・ざ・ろっく!
4人はそれぞれウソをつく
機動戦士ガンダム 水星の魔女
不滅のあなたへ Season 2
勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う
宇崎ちゃんは遊びたい!ω
夫婦以上、恋人未満。
ピーター・グリルと賢者の時間 Super Extra

使い方のイメージは、アニメを見ていてふとスマホでそのアニメについてツイートしたくなったり情報を見たくなったりした時に、バラバラになっていないでここにさえ来ればそれが出来ると言うページ。

各作品のTwitter公式アカウントの推奨ハッシュタグを載せているが、公式アカがプロフィール欄で言及せずになんとなくツイート内で使ってたり、公式アカが使ってないけどRTした関連アカが使ってると言うのもある。出来ればちゃんと推奨して欲しい。最近はほとんどそうなって来てるのは良い傾向。

※東京圏以外の人がネタバレ回避の為に放送日にハッシュタグでミュートしてる方々がいます。放送日に内容に関わるツイートをする時はなるべくハッシュタグを付けましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

新米錬金術師の店舗経営・第1話

アバンでは主人公が錬金術師になる為の試験を受けようとしていた。

サラサ・フィードの過去の生い立ち。両親が揃って馬車で出かける場面になって、嫌な予感がしたがその通りに。盗賊に襲われて殺されてしまう。両親がやっていた店はチラと出た場面で悪いやつに権利を奪われてしまったみたいで、サラサは孤児院へ。

孤児院ではよくして貰ったが、あまりの事にサラサは勉強にばかりうちこむ。だから友達も出来ない。ある日孤児院にそこ出身の錬金術師が訪問して来て、その時にサラサは質問した。錬金術師になったらお金が手に入るのかと。頑張れば出来ますよとの事で、ここからサラサは錬金術師を目指した様だ。だとしたら今迄していた勉強は何のジャンルだったのだろう。

ところで冒頭では「あーなんかフワフワな日常系異世界物かな」と思ったのに、いきなりサラサの過酷な過去話が出てしまった。Twitterでは原作知ってる人からもっと緩い導入だぞと言うのが書かれていて、何故こんなに重くしたのか。

ともあれサラサは王立錬金術師養成学校へ入学。何故か女子しか居ないみたいだけど、この学校は身分に関係なく入学出来て成績優秀だと学費免除と奨学金制度もある。だからサラサは賢明に勉強した。ここでも友達作らずに。あと途中の試験に落ちたらそこでおしまいだそうで、卒業式に出られるのは1/10だそうだ。これは厳しい。

学園生活では購買のおばちゃんとしか話をしなかった。ああ、これが後で大全を買う時のおばちゃんか。ただ、サラサは凄い出会いをした。偉大な師匠のオフィーリア・ミリスと出会ったのだ。これはとても運が良かった。
参考資料

そしてもう卒業試験。こうして冒頭の実技試験につながって行く。
「いかなるトラブルが起きても自ら解決しろ」
これがキーワード。

さっそく失敗しちゃったと出て来た子がいる。
その次がサラサ。レシピを使って中級傷薬を作れと言うのが試験内容。

これなら大丈夫だと思ったが、フィリペンドラの代わりに似ているドライアスが置かれている。これは引っ掛けだと気づいて別の材料の組み合わせを考えるサラサ。だがどう組み合わせても中級傷薬の材料にならない。

これがトラブルが起きても自分で解決しろとの事かと、ドライアスを使った上級傷薬があるのを思い出す。師匠の教育のおかげだ。ただ上級傷薬を作るのは難しい。魔力も使うし。それでもサラサは課題克服の為に頑張った。試験官はサラサがドライアスを手にしたのを見て「フフン、ひっかかりおって」みたいな顔をしたので、やっぱりトラブルなんだろうなとは思った。

試験官の予想を裏切ってサラサは見事に上級傷薬を作成。そしてあとから入って来た係員が材料まちがえたーと叫ぶ。出題ミスだったのだ。しかしこれは隠蔽せねばと言って、サラサについては合格。この時、外の廊下でさっき「失敗したー」と言う子がわざわざ居たのは何だろう。

こうしてめでたくサラサは錬金術師の資格が取れた。サラサはオフィーリアの所で働くのではなく、外で修行するのを選んだ。卒業にあたってサラサは錬金術大全を買いたいと言う。但し750万。オフィーリアを通したら500万で買えると言うので、オフィーリアに付き添って貰って学園の購買部へ。錬金術大全凄いな。でも日本古典文学大系はもっと凄いぞ。

そして次は修行先の求人募集を見に。でもオフィーリアがよさそうな(良い?)空き店舗を見て1万の物件を見つけて勧めた。王都から一ヶ月の旅程で離れた辺境だが、材料になりそうな物がある見込み。だからもし店舗経営に失敗しても材料をオフィーリアの所へ送ってくれたら生活費程度は見込める

と言う事でサラサはその辺境の物件を契約して行ってみたが、ボロボロになって到着してみればボロボロな店が待っていた。あー不動産ってやっぱり現物見なくちゃ。一ヶ月旅程の物件じゃ見られないけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

機動戦士ガンダム 水星の魔女・第1話

遅ればせながら、トレンドに「少女革命」が出て、何のことかと見てみたらこのガンダムの水星の魔女がウテナみたいだったと言う事でトレンドになったらしい。

ウテナとあっては見てみよう。まさか令和の御代に今更ガンダムかよと完全に無視していたけど、ウテナなら別だ。

期待して見てみたら、うーん、ウテナとは違う。いや、最初からウテナを予想して見たから違うと言う感じが強いのだろう。学園で決闘で何かの決着をつけるとか、主人公の女の子二人が戦う子=ウテナとそれと対になる子=アンシーを連想させるとか(ここはあまりそう思えなかった)、そう言うちょっと似た要素がトレンドに少女革命を浮上させたのではないか。でもそのおかげで見る事が出来た。

だって、面白かったのだから、ウテナさまさまである。

ガンダムと聞いてまたぞろむさ苦しい男共のロボット戦ばかりの話かと除外したのに、舞台は学園だし主人公の二人は女の子だし、全然違って大変良い。

第1話の内容はよくある「しょぼそうな主人公」スレッタが実は戦ってみたら凄いんですな話。でも凄いのは多分決闘場面だけだと思われる。日常生活ではまたオドオドした子なのだろ。だが、そんな子なのに、ミオリネがグエルによって酷い目に遭って、周りがニヤニヤしてたり無視していたりしたのを、果敢にもグエルのお尻ペンペンする、日常でだってそう言う勇気を持ち合わせてる。
参考資料

Wikipediaを見たら「全世界の10代を中心とした若年層ファン獲得を目標に」とあったので、ああなるほど10代がターゲット、それなら私が掴まる訳だ(オイコラ

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う・第1話

タイトルどおりの第1話だった。それ以上でもそれ以下でもない。

冒頭でビーストテイマーのレイン・シュウラウドがいきなり勇者パーティーから追放される。役立たずどころかマイナスだと言われて。

しかしそこに至る迄にレインが全く気づいていないと言うのはどうなのか。パーティーのみんなが辛く当たるのは頑張れと言う意味だと理解してたと言う。まあ若いうちはそう言う風に悪い意味を考えずに良い方でだけ捉えようと言う傾向はある。ちょっと仕方ないと言えば仕方ない。

一方で勇者パーティーのメンバーが酷い。これは人間性が悪い。あとでその人間性の悪さから街の市場で物資調達する時に嫌な顔されていたと言う描写があって、あの人間性の悪さはレイン相手だけじゃないんだな。

勇者パーティーの中でレインは役立たず扱いされていたけど、でもレインだけが街の子供とかに受け入れられていた。仮契約で動物を動かしてみせたりして。あれ?だとしたらレインを追い出すと今後あの性格の悪い勇者パーティーは物資調達に困るのでは?

レインは仕方ないので冒険者ギルドに登録して冒険者として何とか生計を立てようとする。受付嬢から冒険者登録には一定の試験があるのでそれをクリアしろと言われた。魔物を10体倒し、それから薬草を採取して来る。と言う事で畑を荒らすゴブリンを退治。レベルの低いゴブリンなら役立たずと言われてしまったレインでも倒せる。ただ、ゴブリン発見の為に仮契約した動物を使っていた。この辺はレインならでは。

その時に悲鳴が聞こえる。駆けつけてみたら女の子がキラータイガーに襲われているみたいで、戦闘力が低いレインでも見捨てておけないとキラータイガーに果敢に攻撃をかけた。が、あっさり剣が折れ、逆にピンチに。

その時にあの女の子が起き上がってかかと落としでキラータイガーを倒してしまった。あれ?じゃあなんで女の子は悲鳴を上げたの?

ともかく予想通りにこの女の子が最強種と言われる猫霊族。キラータイガーを倒した後で倒れるが、お腹が空いて動けなくなっていただけ。ただ、三途の川が見える程に空腹だったのでごはんをくれたレインを良い人だと認識した。と言う事で、自分を使役しないかとカナデの方から言い出した。これで無事にテイム成立。
参考資料

街に帰る前に冒険者登録のもう一つの課題である薬草採取をしようとレインはウサギ達に仮契約をして薬草を集めさせる。この時にカナデが「えええ」と言う顔をしたので、自分と言うものがありながら別の動物とも契約するのかと怒る方向かと思ったら、この世界ではテイマーは一体としか契約出来ないのだそうだ。レイン、実は凄い力持ってた。ただ、レインの故郷ではみんなそうだと言う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

より以前の記事一覧