舞台探訪・はいどう!・第5話の高尾山インターチェンジ

高尾山(多分)遠足の「ついでに」高尾山ICの所にある廃道に行ってみようと言うのが第5話です。あ、うん、「ついで」で高尾山口駅から中学生が歩くにしてはかなりの距離なんだけど。

旧国道20号に行った後、どこかに抜けようと思って一旦下山してから南高尾山稜に登りなして中沢峠から高尾山ICめがけて下山しました。作中では反対に高尾山口駅から行きます。

高尾山口駅から1km程国道20号を歩くと高尾山IC付近に到着します。
目印のホテル。未だ中学生が入ってよい所じゃないホテル。
参考資料
参考資料

そこにある左へ入る道を行きます。
参考資料
参考資料

でもこの先は行き止まり。
これが旧道?
参考資料
参考資料

先へ行けなかったのでフェンスの向こう側に回る道を模索して進みます。
参考資料
参考資料

背後に回る道、凄いアップダウンがありました。
作中で「高低差あるんだ」と雪那が言ったとおり。
参考資料
参考資料

反対側に回りましたが、こちらに来る迄も普通に綺麗な舗装道路。
これが大正時代の道?
参考資料
参考資料

コレジャナイ、と戻ろうとした時に下に古い橋らしき物を発見します。
これぞ大正時代の旧道にして廃道。
参考資料
参考資料 いやいや、植物に覆われてほとんど全く見えませんがな。
ある、と分かってないと識別不能。
やはり廃道巡りは植物が繁茂してる季節には向いてない。

作中ではこのあと美柑が柵を越えて下りて行きますが、植物の繁茂具合がそれを全く許しません。作品でも「※マネしないでください」とある様に、植物が枯れている季節でも斜面がかなり急なので滑落の危険性があります。そしてここにフェンスこそ無いですが入るのが憚られる場所と言うのもあって私は入りませんでした。

それにしてもヤマノススメのここなちゃん並みに、女子中学生、元気だなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・はいどう!・第2話の旧国道20号

コミックキューンに連載中の桑佳あささんの「はいどう!」と言う漫画があります。
つい先日たまたまコミックキューンを見たら廃道めぐりをする女子中学生の漫画と言う、廃道好き(マニアとまでは行かないけど)の私にハマる作品で、すぐにKindleでコミック第1巻を読みました。

ヤマノススメ以来登山をやってる私は、登山道の廃道は結構興味を持っていてこれまでもいくつか行ってみた事があります。

そんな訳で昨日は第2話で登場した旧国道20号、大垂水峠から相模湖に向かう廃道に聖地巡礼として行ってみました。

相模湖駅で下車して湖28に乗車して赤馬で下車します。

ここは未だ廃道に着く前。
林檎姉の運転する車で向かってる場所。狭いとか言うけどちゃんと幅ありました。
参考資料
参考資料

この先も未だ住宅地はあります。
参考資料
参考資料

その先の特定は難しくて、辛うじて分かったのはこの渡渉部分。
参考資料
参考資料 実はここは旧国道20号では無いと思います。GPSで国土地理院の地図を見たら国土地理院の地図が間違ってなければここに下りずに先へ進む道があって、実際道はあったものの、その先で事実上崩壊していて、さらに奥に行くにはここを渡って作業道へ入らなくてはなりません。

上記の地点を渡らずに進むと道路崩壊。
参考資料

明らかに作業道と分かる、キャタピラタイプの車でないと登れない急登を登ると、一旦崩壊した旧国道20号に復帰出来ます。

作中では渡渉後に出現するこの通行止看板ですが、実際には旧国道20号に入って間もなく出現します。
ずり落ちた状態で。でも背後の木はそのまま。
参考資料
参考資料

石垣は所々にありました。古い道は結構石垣で法面を固めています。
該当する場所は分からないですが、似たような場所。
参考資料
参考資料

そしてこの話のハイライト。
道が開けた場所があって雪那が「広い道...」と振り向く場面。
この場面に惚れてここに来たと言っても全く過言ではないです。
と言っても該当箇所は定かでは無く、行ける範囲で開けた場所をここかなと言う感じにしました。
参考資料
参考資料

さて、思い立ったからと6月1日に探訪した訳ですが、本来は山中の廃道巡りにこの季節は全く合わないです。と言うのは既に新緑の季節を過ぎて山中は植物が繁茂してる状態で、冬だったら枯れて道や先が見えるだろう地点が全く見えなくなります。

道が崩れているかもしれないとか、穴が開いてるかもしれないとか、冬と比較したらずっと危険性が高くなります。

また、途中で本来の道は崩壊していて途中で作業道の方に渡渉した、と書いてる様に山歩きでバリルートを何度も歩いた経験があって山中の道がどうなっているのかを嗅ぎ分ける感性が無いと道迷いの危険性が高くなります。

即ち遭難の可能性がある訳で、元も子もない話になってしまいますが、
女子中学生二人だけで行って良い場所ではないです

あくまでも物語上の設定と言う事で。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・ガールズバンドクライ・智とルパのシェアハウスの河原町団地

先週の第6話を見た時に「川崎でツインコリダーったら河原町団地じゃないのか」と日曜日に見に行って、写真だけXにチラと載せていました。

今週ちゃんとEDのクレジットを見たら河原町団地が協力で入ってるので、協力の名前が出てるのなら公共エリア(商店とかのエリア)は良いよねと言う事で探訪記事にします。

これが河原町団地じゃんと思ったツインコリダー。
ここは14号棟のツインコリダーです。
参考資料
参考資料

シャッターが下りてる店が多いですが、商店街です。
参考資料
参考資料

さて、作中で描かれている画面から智とルパのシェアハウスの考察です。
エレベーターに乗って部屋に行きますが、何故エレベーターに乗ったのにその後階段を登るのかと言うと、ここはスキップ式エレベーターなので停まらない階があるからです。
参考資料
なのに作中ではエレベーター内での階数表示が奇数階も偶数階もあって、実際どうなのかは分かりません。スキップ式でも停まらない階の表示がされるのか。

そしてシェアハウスは階段の踊り場に玄関が面しています。
参考資料
これはフロア地図によると、15号棟の端にある階段です。
実際第7話では15号棟の外観が描かれます。
参考資料
場所的にこの5階以上(階数表示がそこまでは出た)の右端の場所がシェアハウスの場所と想定されます。

そして室内の間取りです。
第6話でおじゃましまーすと入る場面。玄関の左にトイレがあります。
参考資料

玄関から入って左に行くとダイニングがあって、その先にDTMルームがあります。
すばるが写真を見つけた場面です。
参考資料

ダイニングの水槽側から見ると、右手が玄関側で左手がDTMルーム側。
奥はキッチンでその先に掃き出し窓があります。
15号棟外観端に細い窓みたいなのが見えますが、それが該当すると思います。
参考資料

ここから想定される間取りは以下の感じですが、大雑把に「浴室」とあるのは描かれていなくて不明なエリアです。パーツ的にはあとは浴室ですが、でもこれだと浴室が大きくなりすぎます。隣の家がはみ出して来てるのかもしれません。
参考資料 帖数は適当です。大体です。

これはあくまでも描かれた場面から想定した間取りであって、実際に15号棟の端がこうなってるとは限りません。実際外観からこれは違うのではと言う感じもしますが、絵から合わせるとこんな感じと言うものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・ウマ娘 プリティーダービー Season 3・第9話の小湊鐵道関係

ウマ娘Season3の第9話はキタさんとダイヤちゃんが山に行くか海に行くかをジャンケンで決めて、その後もジャンケンで決めて結果的に小湊鐵道に乗っていすみ鉄道に乗り継ぐと言う話でした。

内房線の五井駅に来ました。
参考資料
参考資料

JR側から小湊鐵道のホームに下りていく二人。
駅業務はJRがやっていて改札はJRにしかないので、一旦JRの中に入ってから行く事になります。
参考資料
参考資料

小湊鐵道のホーム。
参考資料
参考資料

やって来たのは馬立駅です。ウマだけに。
参考資料
参考資料

ウマだけに。
参考資料
参考資料

馬立駅前を国道297号迄出て左折してちょっとの所にある里山ファームの直売所です。
297を渡ったずっと先にある里山カフェとは違います。間違えない様に(間違えた)。
参考資料
参考資料

小湊鐵道はいつか乗ってみたいと思っていたので、今回スタンプラリーが開催されると言う事で背中を押されました。
スタンプラリーをコンプリートして貰ったクリアファイルと1日フリー乗車券。
参考資料

クリアファイルの裏側とスタンプラリーの台紙。
参考資料

スタンプラリーのスタンプの場所は馬立駅の他に上総牛久駅と養老渓谷駅、そして発駅だった五井駅の四箇所です。

上総牛久はゆるゆりで舞台になった場所なのでこれ幸いと寄って来ました。前日辺りに、駅前の深山文具店さんにノートが設置されていると言うのを知って、記念にダイヤちゃんを描いて来ました。滞在時間が1時間あったから丁度良かった。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・終末トレインどこへいく?・第1話と第5話の吾野の三社地区

第1話、晶と玲実がゲストハウス吾野宿に集まって来る前の画面でチラと登場する飯能市吾野公民館。
参考資料
参考資料

第4話、アバンで葉香も含めてみんなでお参りしてる神社は我野神社です。
参考資料
参考資料 参考資料
参考資料

三社地区は吾野駅から3km以上も離れていて徒歩40分の距離です。ちょっと日常的に歩く距離とは思えないです。

ところでこの三社地区には休暇村奥武蔵もあって、公式Xアカウントが昨晩(5月2日)
「リゾートホテル「休暇村奥武蔵」でのスタンディ展示が開始!」
とポストしたので
https://twitter.com/shumatsu_train/status/1785964480662511739
寄ってみましたが、ありませんでした。
「展示が開始」じゃなくて「展示開始が決定」なんじゃないですかね。
公式サイトの方では
「キャラクタースタンディの展示が決定致しました」
とあるので。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・ガールズバンドクライ・第4話の石神井公園

ガールズバンドクライの第4話で撮影場所に選ばれたのは石神井公園でした。
参考資料
参考資料 参考資料
参考資料 参考資料
参考資料 参考資料
参考資料 最後、背後に見えてるのは石神井公園の屋外ステージです。

ここが初めて登場したのは錬金3級 まじかる?ぽか~んの第12話でした。
https://teo.cocolog-nifty.com/column/2006/05/__040b.html
今を去る18年も前で、未だ聖地巡礼とか華々しく言われていない時代です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・終末トレインどこへいく?・第3話の東吾野

第2話の最後で東吾野に到着して第3話は東吾野きのこ騒動でした。

東吾野駅でニコニコなみなさんに出迎えられます。
参考資料
参考資料 このカット、実はヤマノススメ原作のユガテの回でも全く同じ場面が出ます。

駅からおもてなしをする宿泊施設にマツタに案内される四人。
ここは駅の裏側の道です。
参考資料
参考資料

東吾野の人はみんな感じが良いね。
ちょっと進んだ先。
参考資料
参考資料

ここもちょっと進んだ先。
参考資料
参考資料

翌日、コンビニで物資を分けて貰った帰り道。
因みにこの手前の方にああ言うコンビニはありません。
「へびいるよ」の注意看板ならありますが。
参考資料
参考資料

ちょっと進んだ先。
参考資料
参考資料

すったもんだの大騒動の末、静留達は池袋へ向かう事を宣言します。
参考資料
参考資料

最後は晶が物資ありがとうと言って東吾野の人達と分かれて2000系は東吾野駅を発車します。
参考資料
参考資料 踏切の遮断器が下りてませんが、まあ機器がまともに動いてない世界なので。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

桜の季節の舞台探訪・ゲキドル・池袋

ゲキドルの舞台探訪は3年前に写真を撮ったのに記事にしていないのに気づきました。
今更な感じなので今回は桜に絞って載せてみます。
全部池袋の水天宮付近です。

第1話でせりあがかをるに連れて行かれる場面。
参考資料
参考資料 桜を入れる為にちょっと引いて。

第2話であいりが駆け出して行く場面。
参考資料
参考資料 参考資料
参考資料

うぬぅ、晴れていれば....
今年は桜と天候が合いませんね。

第2話、他のアニメでも登場する池袋大橋からの眺め。
参考資料
参考資料

もうちょっと左にふるとさっきの水天宮の所の桜が見えます。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・終末トレインどこへいく?・第1話の吾野宿

PVの時点で今期の「終末トレインどこへいく?」の吾野宿に行った訳ですが、愈々第1話が放送されました。そうかー、そう言う流れか。

吾野はヤマノススメを見て以来始めた登山でよく行く場所なので登場した場面はストリートビューを見るまでもなく大体は分かりました。

PVを見て既に行った場所(https://teo.cocolog-nifty.com/column/2024/03/post-99f89f.html)は除きます。

まずは吾野駅。
こちらの向きはステラのまほうでも(遠景ながら)登場した向きです。
https://teo.cocolog-nifty.com/column/2016/10/post-0a46.html
参考資料
参考資料

これは吾野駅からすぐの吾野駅前橋のたもとにある吾野弁財天です。
参考資料
参考資料

吾野宿の方に歩いて行くと郵便局があって押しボタン式信号機があります。
そこを右折した先に見える西武池袋線をくぐるトンネルです。
参考資料
参考資料

さらに行くと右手にコカ・コーラの看板が見えます。
参考資料
参考資料

黒豹キャラバンがやって来たのはそこからずいと先に行った国道299号の吾野トンネルです。
参考資料
参考資料

キャラバン隊は信号を左折して高麗川の支流の長沢川を渡って吾野宿の方に入ってきます。
参考資料
参考資料

この場面はキャラバン隊から品物を受け取った後に彼らを見送る四人。
ゲストハウス吾野宿の前付近です。
参考資料
参考資料

撫子が買ったギンバイカの緩衝材になっていた二ヶ月前の古新聞に葉香が写っていたので葉香の祖母所に走って行って見せようとする静留。
ここはゲストハウス吾野宿をちょっとだけ東に行った所の路地を曲がった場所。
参考資料
参考資料

そしてそこを西武池袋線の方向に走ってる所。
参考資料
参考資料

葉香の祖母が新聞の写真を見て涙したのを見た静留は密かに決意して西武池袋線の橋をくぐります。
参考資料
参考資料

そのまま歩いた先。
参考資料
参考資料

回想場面で静留と葉香が何故か喧嘩した、二人が会った最後の場所は吾野宿から奥武蔵創造学園への宿橋です。
参考資料
参考資料

自宅に戻った静留がポチさんと散歩していたら吾野第1踏切で善治郎を発見。
参考資料
参考資料 その後、一時的に善治郎が正気に戻って西武2000系で池袋に行けると分かります。

そして翌日、その西武2000系を動かして吾野駅を出発。
参考資料
参考資料 あれ?駅名標が若干違う、最近変わったかな?と思ったのですが、上述のステラのまほうの時代から今の姿でした。

こちらは西武2000系が出発した吾野駅のホーム。
ここはつい最近変わったんですよ。吾野駅のバリアフリー化で改札側にスロープを作りました。それに合わせてホーム中央に柱のあった所はスロープと階段の為に撤去。
さらにはこれに合わせてホームのベンチが古い次回を醸していた木製の横長ベンチから今風のに置き換えられてしまいました。
参考資料
参考資料

ゲストハウス吾野宿は定休日だったらしく、お休みで中には入れませんでした。
行ってみる人は気を付けてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・終末トレインどこへいく?・PVで登場した吾野宿

4月に始まるアニメ「終末トレインどこへいく?」の舞台が吾野だと言う噂を聞いてPVなどを見てみたらまさに吾野(吾野宿)。ヤマノススメ以来飯能の山には足繁く通っている私は吾野は何度も何度も行っているので見ただけで大体の場所は分かり、これはもう本放送前に行くしかないと言う事で行って来ました。

先ずはPV1から。
これは吾野駅の飯能方から下りる階段です。
参考資料
参考資料

こちらは反対に西武秩父方です。
参考資料
参考資料

これは吾野駅から吾野宿方面へ下りて高麗川を国道299号へ渡る「吾野駅前橋」です。
参考資料
参考資料

次にPV2から。
ここは似てる場所があるのですが、住宅が違う。
わざと違えてるかも。
参考資料
参考資料

PV3から。
ここは吾野宿から奥武蔵想像学園(東吾野小学校と西川小学校と吾野小学校の3校が近年統合されてた学校)へ向かう、高麗川を渡る橋です。この橋も近年これに架け替えられました。だから背景取材したのはそんなに昔では無い様です。
参考資料
参考資料

これは吾野駅です。
参考資料
参考資料

そして「ショートPV 知らない世界?編」から。
これは旧299号を吾野駅からしばし歩いた先です。
参考資料
参考資料

ここは吾野駅から西武秩父方の一つ目の踏切、即ち吾野1号踏切です。
参考資料
参考資料

 

吾野がアニメの舞台背景になったのは知ってる範囲では唯一「ステラのまほう」だけなのですが、今度は本格的に吾野が舞台になっていそうで楽しみで仕方ありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

より以前の記事一覧