舞台探訪・ヤマノススメ Next Summit・第5話の天覧山へのトレラン

ヤマノススメ四期が実質始まった第5話の登山部からの挑戦。あおいちゃんの学校から天覧山迄トレランする話です。私が実際に行ったのは昨年の12月10日でした。

聖望学園をスタート。
参考資料
参考資料

聖望学園の裏手の水種稲荷神社の前を通ります。
参考資料
参考資料

次に馬頭観音の前を通過。
参考資料
参考資料

この後は国道299号を走ります。
セール開催中なのはワークマンなのですが....かなり風景が変わっています。正面に見える住宅、そして歩道の樹木。Googleストリートビューで見てみたら5年前は作中の風景だった模様です。家が建て替えられ街路樹が無くなったとは。
参考資料
参考資料

CAINZ前を通過。
ここも5年前は「CAINZ HOME」の名前で、文字列が長いので照明も4本あったのをGoogleストリートビューで確認しています。デザインも変わったし。
参考資料
参考資料

CAINZを通過して左折して西武線をくぐって天覧山登山口へ。
ここなちゃんに追いつかれました。
参考資料
参考資料

こちら側の登山道は非常に緩やかでした。
参考資料
参考資料

神久山の入口付近に到着。
参考資料
参考資料

天覧山山頂迄の見上げる階段。
ここは飯能アルプスをずーっと歩いて来ると最後のお疲れポイントとなります。
参考資料
参考資料

 

東屋が見えたらもうあとちょっと。
参考資料
参考資料

天覧山に到着。
作中では秋が始まった頃なので紅葉が見えますが、写真は12月なので。
参考資料
参考資料

この日歩いたルートです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・ヤマノススメ・原作八十七合目とアニメ第10話EDの久須美ボルダー

正直に明かすと私はヤマノススメ原作八十七合目をアース・スターのサイトで連載を読んだ時「あ、水着回ね」とどこなのかを全く詮索しませんでした。

それがヤマノススメNextSummitの第10話のEDがその八十七合目なのだと知り、聖望学園のアライ先生のツイートでそれが久須美ボルダーと知って、それってどこだとその時に初めて調べました。

いつか行こう、そう思っていたところ今日の山行の行きの電車の中で「今日のルートだとちょっと変更したら久須美ボルダー行けるじゃん!」と急遽行って来ました。

そんな訳で、カット合わせが滅茶苦茶甘い。甘い、甘い、四里餅の様に。

原作八十七合目で受験勉強していたかえでとゆうかと小春だけど梅雨なのに暑すぎて耐えられなくなって小春が川に行こうと主張します。

かえで、小春、ゆうかが下車したのは飯能第二小学校のバス停。飯能駅からだと15分程度。
参考資料参考資料

そこから南の入間川の千歳橋の方へ下って橋の直前で左折すると久須美ボルダーのエリアに入れます。
川辺に大きな岩があって、その裏側が三人が行ったポイントと思います。
原作と、アニメと、そして今日撮った写真と微妙に違いますが(苦笑)、おそらくここです。
参考資料
参考資料
参考資料 原作もアニメも取材時にちゃんと川の中に入ってそちらからのアングルも撮ってるのでその辺の違いとも思いますが、何しろ私は川に入れない。この季節もそうですが、多分夏でも入れなかったかと。今後もし行く人が居たら、是非とも川に入れる準備で行って下さい。

この時に歩いた経路。

久須美ボルダーから永田大杉の大里屋迄歩いて四里餅を買って帰りました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・ヤマノススメNextSummit・第8話の御岳山と日の出山

PVに一番場面が登場したかもしれない御岳山と日の出山の話です。そんな訳でPVの段階で一度舞台探訪してるのですが(https://teo.cocolog-nifty.com/column/2022/06/post-025cf4.html)、本放送されて改めてジャパンカップのあった日曜日に行って来ました。紅葉の季節だし。おかげで混んでた。

御岳山ケーブルカーの滝本駅からスタート。
参考資料
参考資料

滝本駅では現在ヤマノススメポスターを掲出しています。
参考資料
参考資料 車が駐車されていてこれ以上離れられなかった。

ケーブルカー車内。
参考資料
参考資料 混んでて駅で滞留も出来ないので僅かなチャンスに。

御岳山駅に到着。
参考資料
参考資料

眺め良いね。
朝行くと真正面から太陽光が...
参考資料
参考資料

さて、産安社へ行きます。
参考資料
参考資料

PVでも出ていた場面。
当時は一体どこなんだと悩んだ場所です。
産安社のある方向へ登って行く途中。
参考資料
参考資料

産安社に到着しました。
参考資料
参考資料

ここなちゃんがほのかちゃんを夫婦杉へお誘い。
参考資料
参考資料

手を繋いで間を抜けると益々仲が良くなります。
参考資料
参考資料

産安社から下りて御嶽神社方面へ。
あの尖った山は何だ?
(※紅葉した葉が残っているので未だ見えません)
参考資料
参考資料

宿坊付近に来ました。
名前を変えてますね。
参考資料
参考資料

あの大きな木は何だ!?
参考資料
参考資料

御嶽神社へ上がります。
ここからの階段が長いの。
参考資料
参考資料

頑張って登って来ました。
参考資料
参考資料

本殿の裏手に奥宮遙拝所があります。
登山してる人ならあまりどうと言う事は無いのですが、普通の靴とかだとかなり辛い登山になります。だからここから拝める様に。
参考資料
参考資料

下に戻ってお昼を食べたあおいちゃん達。
参考資料
参考資料

今度は日の出山へ向かいます。
ここは次に御嶽神社の鳥居がある場所よりも手前です。
参考資料
参考資料

ここもPVで出ていた場所です。
こちらは鳥居を過ぎて最初の本格的な階段の場所です。
参考資料
参考資料

日の出山に着いたー!
参考資料
参考資料

アニメではここなちゃんとほのかちゃんが二人で座ってる良い雰囲気のベンチですが...
参考資料
参考資料 人間大杉。

 

産安社ではヤマノススメ五期祈願の願い事札を奉納して来ました。
参考資料

このルートのヤマレコの山行記録です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・ヤマノススメNextSummit・第7話の高尾山

高尾山にも紅葉の季節がやって来ました。
今期のヤマノススメ、紅葉時期に照準を合わせてますね。

9年前の一期の時とは変わって7年前に隈研吾氏のデザインに変わった高尾山口駅からスタート。
参考資料
参考資料

昨日、土曜日が晴れだったので行ったのですが、作中の初詣に匹敵する紅葉高尾山の混雑ぶり。ケーブルカー乗り場は長蛇の列。
参考資料
参考資料

乗り場前にある高尾山遊歩道マップ。
じゃあ歩いて登ろうか。
参考資料
参考資料

一期でも登場したムササビ君。
作中では取材時期が正月っぽい感じで落葉していますね。
参考資料
参考資料

1号路は舗装されてるし大丈夫でしょ。
これがなかなかな道なのです。登山初心者には辛い。
バテるかすみさん。
参考資料
参考資料 右に曲がるヘアピンカーブ2個目の先。

こちらはその直後の左へ曲がるヘアピンカーブの先。
参考資料
参考資料

見晴台迄来たら一休み...
あーっ!
参考資料
先月工事が始まったばかりで令和7年3月31日迄の予定だそうです。
令和7年だよ!

そこの霞台園地のお店で売ってるムササビぬいぐるみ。
一期であおいちゃんがひなたちゃんにおみやげにした物。
参考資料
参考資料

ここのお店、今もヤマノススメのポスター貼ってます。
参考資料

一期でも撫でたひっぱり蛸。
コロナ禍ですが、これだけは触れます。
参考資料
参考資料

浄心門をくぐった先。
参考資料
参考資料

薬王院に来ました。
一期でもくぐりました。
参考資料
参考資料

愈々お参りへ。
参考資料
参考資料

「ここがゴール?」
ゴールと言う言い方はどうかと思いますが、ここでお参りします。
参考資料
参考資料 以前来た時はここで絵馬を描いて奉納したのですが、今回は「売れすぎて品切れ中」と言われてしましました。

この後山頂まで行きました。
薬王院からならすぐです。
やはり人が多い。
参考資料

下山してケーブルカー乗り場。
未だお昼前だったのでエコーリフトも大行列でした。
参考資料

ヤマレコの山行記録

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・ヤマノススメNextSummit・第5話の武甲山

ヤマノススメNextSummitが愈々本格的に始まって最初の登山は武甲山です。
丁度紅葉の季節と言う事で、11月3日に武甲山に行って来ました。

武甲山の登山口となる横瀬一の鳥居をスタート。
参考資料
参考資料

この一の鳥居の手前に壹丁目石があります。
参考資料
参考資料

駐車場から見た登山道方向。
左前方に今年の4月1日に観光トイレが開設されたので風景が少し違っています。
参考資料
参考資料 もっとも、それ以前は鳥居の外に簡易トイレが寂しくあっただけなので、トイレとしては歓迎したいです。

登山開始。
ここは三丁目石です。
参考資料
参考資料

問題の五丁目石。
参考資料
参考資料 アニメ制作陣が取材した時は大分前だった様ですが、ここは3年前の令和元年台風19号によって道が一部崩落してしまいました。

これはロープから手だけ伸ばして撮った物です。
身体をロープの外に出したり、ロープを引っ張ったりしない様にしましょう。

砂防ダムの横。
参考資料
参考資料

十丁目石。
参考資料
参考資料

シラジクボ方面の持山寺跡分岐を過ぎて、沢と生川林道から離れて登りになる地点です。
小さい方の道標が倒れたのか、位置が変わっています。
参考資料
参考資料

十五丁目石。
参考資料
参考資料

不動滝迄あと少しの地点の橋。
参考資料
参考資料

不動滝に到着。
参考資料
参考資料 ここも3年前の台風で道が崩れて地形が若干変わっています。

武甲山御嶽神社の石柱がある二十丁目石の所の「がんばって」
参考資料
参考資料

二十三丁目石
参考資料
参考資料

山頂まで60分と50分どっちだーと叫ぶひなたの前に立っているのが大杉。
登山なんてこの程度の差は誤差みたいなもので。
人によって歩く速度が全然違うから。
参考資料
参考資料

三十五丁目石
参考資料
参考資料

五十一丁目石付近から。
ここまで来たら武甲山御嶽神社はもう目と鼻の先。
参考資料
参考資料

武甲山御嶽神社が見えます。
この日はここがきれいな紅葉。
参考資料
参考資料

五十二丁目石で武甲山御嶽神社に到着です。
参考資料
参考資料

そこからさらに山頂へ。
参考資料
参考資料

山頂に着いたー
参考資料
参考資料

武甲山御嶽神社の前の広場に戻ってお昼。
参考資料
参考資料

みんなが食事をした場所は場所こそ空いていても両方から見下されるので、別の場所でレジャーシートを敷きます。
参考資料

紅葉まっさかりの武甲山御嶽神社前。
参考資料

社殿の裏。
参考資料

下りはカラマツが綺麗なシラジクボ経由で行きました。
参考資料

ヤマレコの山行記録

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・ヤマノススメ原作二百十合目の飯能市のコンビニ

先週10月6日に公開されたヤマノススメ二百十合目であおいちゃんとここなちゃんが話し合ってる場所です。

コンビニのマークに疎くて(そもそもコンビニのマークだとは分からなかった)、地道に探しました。但し普段の生活圏である飯能河原とかの方向とは正反対の方向、飯能駅から見て点対称の位置にここがあって、見つけるのにちょっと時間がかかりました。マーク知ってたら一発だったのに。

二百十合目の扉。
参考資料
参考資料

あおいちゃんアタフタ。
参考資料
参考資料

でもここなちゃんにはとても参考になったみたいです。
参考資料
参考資料

お店の向かい側には神明神社があって、そこには飯能の大ケヤキと言う埼玉県指定天然記念物があります。
でかい、でかい。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・ヤマノススメ原作二百五合目と二百六合目の東久留米の落合川

本日(7/31)は東久留米に来ております(ブラタモリ風)。
暑い、暑すぎる。9時台に来たのに既に暑い。練馬(東久留米に近い)のアメダス9時には30℃超えてたから。

東久留米駅西口
「あつー」
参考資料
参考資料

東久留米駅から南東方向へ歩きます。
すぐに住宅地。
参考資料
参考資料

ちょっと歩いたらもう川だー!
参考資料
参考資料

右岸を少し川上へ。
川辺へ下りられる階段があります。
参考資料
参考資料

ここからちょっと河岸に下りてみました。
水に入る準備は持っていないので、あくまでも近づいて水を触ります。
そこそこ冷たかった。

ここから落合川に入ってあおいちゃんとひなたちゃんは川を遡行します。
私は河岸の道を暫し歩きます。
参考資料
参考資料

すると水を堰堤で溜めている地点に到着。
みんな川遊びしてる。
参考資料
参考資料

東久留米駅から最初に落合川が見えた時に、どんな清流なんだろうと思っていたのに濁っていたので「なーんだ」と思ったのですが、その後を見て分かりました。

本当に子供達が沢山川遊びしてる。
そりゃ川も濁ります。
濁っていても水質的には綺麗なんでしょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・ヤマノススメ Next Summit 番宣CM の産安社と日の出山

5月16日のヤマノススメ・セカンドシーズンの再放送の合間に突如流れた番宣CMですが、放送直後は場所が分からなかったものの、よく考えてみてこれって御岳山から日の出山に縦走した原作七十合目だと気づきました。お参りしてるシーンが産安社らしいので。
参考資料

原作で公開された時に一度舞台探訪しています。
https://teo.cocolog-nifty.com/column/2015/10/post-f111.html

となるとあと二箇所はどこか。
現地に行く前は、日の出山への途中、日の出山山頂直前かと思ったのですが山頂直前の方はどうも疑問が残ります。カットでは大きな建物が見えてますが、日の出山山頂にそんな物は無い筈。

行ってみて初めて分かる驚き。
これ、産安社への短い登り道です。
山頂らしき場所に見えているのは、産安社の近くにあるリフト降り場。それかー!
参考資料
参考資料 緑が茂る季節に行ったのでもう建物が見えませんけれど。

もう一方は予想通りに日の出山へ登る途中です。
ただ、登ってる途中には気づかずに過ぎて、日の出山から御岳山に戻る時に「ここかー!」と気づきました。
参考資料
参考資料

実際に行ったのは6月18日です。
放送直後の週末の5月21日は雨模様、5月22日もあまり天候が良さそうでなく体調もすぐれず断念。
5月24日に休暇を準備して行こうかと思っていたらこの辺りから体調がすこぶる悪化し、結局病院へ行って、その後は入院となってしまいました。

そんな訳で6月18日は退院した翌週で、リハビリ登山なら御岳山にケーブルカーで登って日の出山への縦走ならアップダウンもそんなになくて大丈夫だろうとやっと行けた次第です。

この山行の時に今年のほのかちゃんの誕生日絵の背景となる産安社の夫婦杉を撮って来ました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・舞台探訪・怪人開発部の黒井津さん・第10話の所沢駅西口

一昨日深夜に感動の最終回を迎えた怪人開発部の黒井津さん(マジであれだけ伏線だったの?と驚きました)で第10話の時に対剣神ブレイダー特化型怪人のマミーが戦った場所が所沢駅西口です。

全て西武所沢S.C.前です。
参考資料
参考資料 参考資料
参考資料 参考資料
参考資料 参考資料
参考資料

今回、前掲の黒井津さん探訪で鷺ノ宮駅とか東村山駅とかこの所沢駅とか巡るにあたっては、何度も乗車と下車を繰り返すので丁度良いタイミングで「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 10th ANNIVERSARY M@GICAL WONDERLAND!!!」ツアーファイナルの西武線フリーきっぷが販売されたのでそれを利用しました。
参考資料 ありがたや、ありがたや。

フリーきっぷを生かして近い将来(とは言っても予定では15年後)廃止される新井薬師前第2号踏切にはじめて行ってみました。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・怪人開発部の黒井津さん・第7話の鷺ノ宮第1号踏切と東村山駅西口

第7話では黒井津さんがウルフ君を連れて池袋の西武百貨店へ行く訳ですが、まず西武線に乗車したと思われる駅が東村山駅でした。

その西口。
参考資料
参考資料 女子高生の無駄づかいの時にはもう東村山駅の高架化工事が始まっていて、既に東口の雰囲気が変わっていますが、ここもやがて景色が変わります。もし収めておきたいのでしたら早めに。

駅前の桜はもうかなり散っていました(4月1日時点)。
早咲きの桜かな。
参考資料

そして次の場面では西武2000系が鷺ノ宮第1号踏切を通過しています。
参考資料
参考資料 交通量が多いので遮断器が下りてる時に車の無い状態で撮るのはなかなか難しいですね。
ここの踏切はすぐではなくなりませんが、野方・井荻駅間は事業候補区間にもう入っています。

 

それにしても東村山から池袋に行くのなら普通は所沢経由で西武池袋線に乗ると思うのですが。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

より以前の記事一覧