舞台探訪・ヤマノススメ原作百八十七合目と百八十八合目の水晶山

小春元部長が卒業して飯能を離れる前に飯能百名山に行ってると、昨年12月24日の百七十四合目の神久山に登ったのを見て以来、この冬シーズンは随分と飯能百名山を巡っていました。その一つに今年1月20日に登った水晶山があります。

7月8日公開の百八十七合目で水晶山に行くとなったのでまさかの水晶山来たかと昨日7月22日の後半の公開を待っていました。

そして今日、7月23日に早速水晶山へ。

先ずはスタートの武蔵横手駅。
参考資料
参考資料

これ、改札側から見た場面ですが、ヤギが居るのはこの方向から見たら左ではなくて右です。

駅を出て国道299号線を秩父方面へ。
この付近で東橋で高麗川を渡ります。
参考資料
参考資料

水晶山へ向かう登山道は長念寺と言うお寺の境内を通り抜けます。
参考資料
参考資料

鐘楼の横を通り過ぎます。
参考資料
参考資料 

作中であおいちゃんが「気まずい」って言ってますが、境内にも愛宕山方面への道標があるので気まずくないです。

登山道は栗畑と墓地の間を登ります。
参考資料
参考資料

墓地からの道を登りきって、東電新所沢線91号鉄塔の所まで来たらいよいよ本格的な登山道となります。
わくわく。
参考資料
参考資料

登山道に入ってすぐの道標。
参考資料
参考資料

左に行く作業道がありますが、登山道は真っ直ぐです。
参考資料
参考資料

愛宕山へあとちょっとの地点。
参考資料
参考資料

愛宕山に到着しました。
参考資料
参考資料

冬に登った時は武蔵横手駅から30分で到着しましたが、写真を撮ったり、暑さにやられない様にゆっくり登ったりしたので45分かかりました。

愛宕山の山頂ですが、私が今年の1月20日に登った時には無かった絵馬掛けと登頂ノートが設置されていました。登頂ノートは4月以降の設置らしいのでしろさんが取材登山したのはそれ以降と思われます(小春元部長がカーンと鳴らしてる鐘の所)。

絵馬掛けがあると知っては絵馬を奉納しない訳には行きません。
お賽銭箱に500円入れる事で絵馬を授与してもらえます。

絵馬を奉納。
参考資料

ノートにも記念カキコ。
参考資料

愛宕山からは一旦急坂を下って登り返して水晶山へ。
ばばん!!
水晶山に到着
参考資料
参考資料

10分じゃ着けなかったです。
20分位。冬は愛宕山直下の下りで手こずってもっとかかりました。

愛宕山の標高は250m、水晶山の標高は266mです。
標高が低いのでモロに暑いです。樹林帯は木陰にはなりますが一方で風通しが良くない。
そんな訳で余程急いで行ってみたいと言うのでなければ真夏が終わってからをおすすめします。

 

ところで飯能百名山を踏破しようとしている小春元部長ですが、今回はあおいちゃんと一緒だったのでここで引き返したみたいですが、飯能百名山を踏破しようと言うのなら、水晶山迄来ておいてそのすぐ近くの深沢山に足を伸ばさないと言う手は無かった筈です。

こんな感じの位置関係。
参考資料
青矢印が今回のルート。
緑▲が飯能百名山。

ヤマレコの山行記録

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・ラブライブ!スーパースター!!・第1話と第2話の表参道とかNHK放送センター付近とか

ラブライブ!スーパースター!!の舞台探訪に行って来ました。
公式サイトでお店とかに迷惑かけるなと言うのを何かで見た記憶があるので、普通の景色の範疇で回って来ました。
それからNHK放送センターは建て替え中で、既に手遅れではありますが残ってる今の風景を撮っておこうと本日行って来ました。

先ずは第1話で登場した表参道ヒルズ同潤館。
同潤会アパートを壊した後に再現された部分があったと言うのを今回初めて知りました。
参考資料
参考資料

第2話のNHK放送センター前。
千砂都によるトレーニングで可可が「今日はこれ位にしてやる」と言ってばったり倒れる場所。
参考資料
参考資料 参考資料
参考資料 もう工事が始まっていて、NHK放送センターが頭しか見えません。

こちらは前回の東京オリンピックの時に丹下健三が設計した国立代々木競技場の第二体育館の前です。
参考資料
参考資料 こっちのフェンスは建て替えではなくて多分今回の東京オリンピックのせい。
丹下健三の国立代々木競技場は、前回東京オリンピックの開催時には入れなかったものの、終了後に「この建物は凄いんだよ」と言う趣旨で親が案内されたのにくっついて行きました。日本も世界に伍する建築が出来る様になったんだなあと感慨深かったのが前回の東京オリンピックです。

可可の朝トレに付き合ってかのんも走って行った歩道橋。
参考資料
参考資料

「響かせましょう!この街にかのんさんの素晴らしい歌声を!」
参考資料
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・ヤマノススメ原作百八十六合目のユガテ

ヤマノススメサードシーズンの飯能アルプス回で東吾野駅で見かけた「ユガテ」を気にするあおいちゃんでしたが、今年の2月6日に原作者のしろさんがTwitter(https://twitter.com/siro700/status/1357924313635037184)であげた写真がユガテへ行く飛脚道の写真だったので「とうとうユガテ来るか!」と思っていたら、やっと来ました。

東吾野駅に降り立ったあおいちゃんとひなたちゃん。
参考資料
参考資料

東吾野駅の改札を出ますが…これ逆です。この方向だと改札からホームの方へ入る方向。
参考資料
参考資料

アニメでもあおいちゃんが「ユガテって何だ」と首を傾げた道標です。
参考資料
参考資料

ここで国道299号線を右折してユガテへの道に入って行きます。
参考資料
参考資料

東吾野駅から10分程で福徳寺に到着します。
参考資料
参考資料

ここから飛脚道に上がって行きます。
参考資料
参考資料 道標にも書かれていますが、ユガテに行くだけなら飛脚道に上がらずとも行けます。圧倒的に楽な道で。私の同人誌内ではあおいちゃんとひなたちゃんとここなちゃんがそっち経由でユガテに行きます。

この場面が悩ましい。
参考資料

飛脚道の尾根に上がる前にこの道標はあります。
参考資料 でもそれだとするとひなたちゃんが向かってる先は下りです。福徳寺へ下りる方向。

飛脚道の尾根に上がってからも似た道標があります。その場合はこの通りに進むとユガテの方向ですが、その場合は道標では福徳寺の方が上でユガテが下です。
参考資料 まあ、どっちかって事で。

雨乞塚との分岐点です。
雨乞塚ほ、ほんとーになんにも無いので寄る価値が無いです。
参考資料
参考資料

この先に橋本山と言う寄り道がありますが、そこはパスして程なくするとユガテに到着。
参考資料
参考資料 ザァッって程の広大な空間と言う訳でもないですが、今までずっと山中を歩いて来て突然集落が開けるのでそう言う印象でも良いかも。

そこから進むと標識とベンチのある広場に出ます。
参考資料
参考資料

ここは民家へ入って行っちゃう道に見えますが、この道はそのままエビガ坂・鎌北湖方面への道になっていますので進めます。
参考資料
参考資料

桃源郷と言うと花々が咲いているイメージですが、確かに花は色々ありますが、そこまでではないかなと言う感じです。それよりもどちらかと言うと隠れ里の雰囲気。何しろここでは携帯の電波がほとんど入りません。

私個人としてはユガテの花と言うと、上の民家への道みたいな所の先にあるロウバイのトンネルが好きです。ロウバイなので1月下旬とかが見頃です。

ここまで飛脚道経由で来るのにあおいちゃんは「傾斜も人にやさしいね」と言ってますが、まあ確かに今やバリバリの登山家のあおいちゃんにとっては楽勝の道です。とは言っても初心者でも行ける道かと思います。初級者クラスになったら全く平気でしょう。但しちゃんとした装備で。特に登山靴。

そしていくら傾斜が人にやさしくともこれからの季節は暑いので低山では熱中症に注意して下さい。

 

この舞台探訪のヤマレコの山行記録です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

桜の季節の舞台探訪・おちこぼれフルーツタルト・小金井公園近辺

今年の桜の季節は気温が高ったせいで一気に満開の地点が広がってそこを歩き回っていたら記事を書く時間がなくなってもう八重桜の季節も終わらんとしている今頃書いてます。

今年は「おちこぼれフルーツタルト」です。

玉川上水の関野橋付近。
ここから玉川上水の北側の道を歩きましたが、あまりきれいな桜並木じゃなかったです。
参考資料
参考資料

こちらは小金井公園の衣乃が膀胱ピンチ!と並んでいたトイレ。
参考資料
参考資料

駐車場で仁菜が「こっちにふらないでよー」と言っていた場面。
参考資料
参考資料

ヒガコライブの会場となったたてもの園前広場。
参考資料
参考資料

3月26日に行ったのですが、ここは満開まであと一歩と言う感じでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・ウマ娘 プリティーダービー Season 2・第9話と第11話の府中

感動の最終回を迎えたウマ娘PD二期。先週の金曜日は休暇を取って府中に行って来ました。

第9話、三度目の骨折でまたもスピカの世話係となり、ゴルシ2号に乗って買い出しに出かけたトウカイテイオー。
参考資料
参考資料 参考資料
参考資料

でもそこでばったり出会ったファンから「ファンでした」と言われちゃう。
参考資料
参考資料

それでもここでは気を取り直して「ハチミーハチミーハチミー」と買い物を続けるトウカイテイオーの背中が悲しそうだった。
参考資料
参考資料

 

第11話、ツインターボのこれが諦めないって事だぁトウカイテイオー!などみんなの応援でまたレース復帰を目指す事にしたトウカイテイオーが、みんなにありがとうを言った中でどうしても言えなかったメジロマックイーンにお菓子言葉をどう選ぼうかとした場面。
外観だけ。
参考資料
参考資料

 

おまけ。府中本町駅から府中競馬場への道の満開の桜。
参考資料 今はCOVID-19のせいで無観客レースだし、レースをそもそもやってない日だから府中本町駅からの通路は途中で閉鎖されていて、地上に下りたもの。

実は社会人になって間もなく、本来のオフィスではなくて府中で仕事をさせられてその頃に毎日府中本町駅を使った。そしてその頃は府中競馬場への改札を見て「ギャンブラーどもが使ってるのか」とまるで忌み嫌うみたいな目を向けていた。正直に話すと。

それがどうだ。わざわざ府中本町駅に来て、わざわざ府中競馬場まで足を運ぶ様になった。ウマ娘、偉大すぎるだろ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・ヤマノススメ原作百七十六合目と百七十七合目の比良の丘

あおいとひなたは狭山丘陵へ。
先ずは小手指駅からバスに乗ります。

二人は飯能在住なので多分小手指駅上り線の2番ホーム。
参考資料
参考資料

小手指駅南口。
商店街は北口側みたいです。
参考資料
参考資料

ひなたはここからバスで30分と説明していますが、そんなにはかかりません。
小手09の宮寺西行きに乗ります。
参考資料参考資料

萩原バス停からスタートします。
参考資料
参考資料

ひなたが狭山丘陵についてあおいに説明してる場所っぽい所。
でもこれって実は向きが逆で向こうが比良の丘方面なんです。
参考資料
参考資料

フェンスの横を歩きます。
参考資料
参考資料

ここ、作中では右前の道から曲がって左に行ってますが、本当はさっきのフェンスの地点からだと左からやって来て、写真の背後の方向へ進みます。
参考資料
参考資料

ここまで林間だったのが開けた場所に出ました。
参考資料参考資料

もうこの左側が比良の丘です。
参考資料
参考資料

とことこ景観賞・比良の丘
参考資料参考資料

うーん、こう言う景観の方向無いのでは?
なるべく似せましたが…
参考資料
参考資料

この舞台探訪のヤマレコの山行記録です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・ヤマノススメ原作百七十四合目・神久山

令和2年12月24日に百七十四合目が公開され、まさかの神久山。
飯能方面に登山に行く人でもほとんど知られていない山が取り上げられるとは思ってもいませんでした。

私は4年前にたまたま神久山と言う文字列を見かけて登山詳細図を頼りに行ってみました。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1188574.html

その当時は何の目印も無かったのですが近年山名標がぶら下げられた様です。
そしてそこに小春部長の野生の勘を頼りにひなたと二人で向かう話です。

事の発端はひなたがバス通りのシャッターで神久山と言うのを見かけた所から。
参考資料
参考資料

それを小春部長が百名山にもあるんだぞと一緒に行く事になりました。

ただ、二人は何を頼りにして神久山を目指したのかは分かりません。あのシャッターに描かれた絵では天覧山の隣にあるなぁ程度しか分からない。

それでも二人は天覧山中断迄行き、太郎坊の方向経由でとうのすやまへ行く道へ向かいます。何故か。道標には神久山なんて勿論書いてないです。
参考資料
参考資料

途中の道。
参考資料
参考資料

そしてここが分岐点。
参考資料
参考資料 小春部長が迷うとおりここでも神久山への道標は無いです。
でも小春部長の体育会系の直感でここをまっすぐに。

実は4年前に神久山を目指して、地図上ではここをまっすぐなので直進したらこの広場のベンチに居た人から呼び止められましたw
そっちはハイキングコースじゃないですよと。

地図上からここをほんのちょっと直進して右折した所が神久山(一帯)です。
私が行った当時は山名標なんてなかったので地図上で等高線が一番高くなっている場所まで行きました。
でも現在の神久山の山名標ってその手前にあるんですよね。
参考資料
参考資料 12月26日に行った時は二つあると描かれた山名標が別々の木にぶら下げられていました。
さらにはその場所には木が倒れていて、何も知らずにヤマノススメを見てから行った人はここを見つけるのに苦労した事でしょう。

私が行った時もお二人程この近辺をウロウロしていました。

 

この日は実は東吾野駅から飯能アルプスを縦走してとうのすやまを経て神久山へ行きました。
当時のヤマレコの山行記録。
そしてヤマノススメサードシーズンの飯能アルプス回であおいがドリンクを買った自動販売機が消滅していると言う衝撃の事実を知ります。
https://twitter.com/teo_imperial/status/1342740657488547841

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・おちこぼれフルーツタルト・第1話と第12話の東小金井

今日で東小金井駅北口にあるブックスキャロットさんが閉店と言う事で、最後の日にヒガコに行って来ました。

まずはおちフルでPVの頃から一番印象的だったこの東小金井駅北口の場面。
参考資料
参考資料 最終回の最後の最後の絵で東小金井駅の俯瞰が出るのですが、この姿どこかで見たなと思って自分の舞台探訪記事を遡ってみたら「だから僕は、Hができない。」でした。
https://teo.cocolog-nifty.com/column/2012/07/h-29b8.html 今から8年前か…

憧れの東京に来た筈なのに田舎な風景が広がる東小金井にびっくりの衣乃。
参考資料
参考資料 駅前の屋根っていつ出来たんでしょうね。
Googleストリートビューは2018年が最新で、その時は未だありません。
因みに8年前の「だから僕は、Hができない。」の探訪の時の写真を見たら当然屋根は無いですが、ブックスキャロットさんはありました。

駅北口から穂歩に連れられてネズミ荘に向かう衣乃。
参考資料
参考資料 背後にブックスキャロットさん最後の勇姿。

北上してどんどん郊外っぽくなっていきます。
参考資料
参考資料

玉川上水に突き当たって西に進み関野橋。
参考資料
参考資料

一本北側の道に入ります。
参考資料
参考資料

衣乃「私、岡山の田舎に住んでたので、周りは畑や田んぼばっかりで、道端に無人販売所とかもあったり」
参考資料
参考資料 ここ、「江戸の農家みち」と言う道で、一帯にはこの島田園さん以外に10件の直売所が連なっています。
こちらがマップ(PDF)。
https://www.31sumai.com/content/dam/31sumai/mfr/B1319/pdf/lifestyleP03_map.pdf 小金井にはここ以外でも直売所がありました。

そして場面は小金井公園の入口に。
ネズミ荘はここではないですが、この付近にあると言う設定で。
この小金井公園の看板はずっとサブタイを載せる絵にも使われます。
参考資料
参考資料

以上が第1話で、次は第12話最終回。
ヒガコでライブの回です。

ヒガコのみんなに支持されてネズミ荘カレーはあっという間に完売するし露店は盛況だし、これもみんな衣乃のおかげだと感謝していた時に衣乃からへもにLINE。

「きんきゅー事態です!」
「トイレがすごい行列で膀胱ピンチ...!」
そのトイレw
参考資料
参考資料

さて駐車場で本日の衣装のメイド服にお着替え。
参考資料
参考資料

ネコミミとしっぽを気にする場面。
背後の穂歩のさらに背後の街灯に合わせました。
参考資料
参考資料

ロコ「このお団子にはとっても深い理由があるんだぞ。どうだこれで分かったか」
参考資料
参考資料 徐行の徐の字が大分消えてる。

仁菜「こっちにふらないでよー」
参考資料
参考資料

スピーカーが壊れてしまって、まさかさっきブロッコブロッコブロッコリーしたのが悪かったのかと震えるロコ。
参考資料
参考資料

スピーカーの後ろからペットボトルが転がって来て穂歩のせいだとバレる。
背後に見えているのが江戸東京たてもの園なのでこのライブ会場は小金井公園たてもの園前広場だと分かります。
参考資料
参考資料

と言う事でヒガコライブ会場は小金井公園でステージはたてもの園前広場でした。
ここ、春にまた来てみたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・ヤマノススメ原作百七十ニ合目と百七十三合目・高川山

12月3日に二回に亘った高川山編が完結しました。
そう言う訳で12月6日(日)に高川山へ行って来ました。

8:57に初狩駅をスタート。
参考資料
参考資料

駅から23分で登山口に到着しました。
参考資料
参考資料

かえでさんは沢沿いの玉子石ルートって何だ、そんなつもりなかったぞと悩みますが、ゆうかの説教を思い出してイラっとした挙げ句一人なんだから自由にさせろと、男坂のある方向へ行きます。
参考資料参考資料 私もそちらの方へ。

そちらに向かうとあのかえでさんをして「意外にもスタート直後からハードな坂」と言わせるので、ちょっとビビりましたが特にそんな事はなし。

しかし少し行った先で左手に柵のある地点はそこそこの登り坂となりました。
この坂道を登りつめると男坂と女坂の分岐点になります。
参考資料
参考資料

ここもかえでさんをして「さすがにキツい」と言わしむるのでやはりビビりましたが、男坂の前半は大した事ありません。後半から岩場登りとなってまあ男坂かなと言う雰囲気になります。

かえでさんの登った季節は夏っぽいですが、今回はもう冬に入ろうかと言う時期なので落葉樹はすっかり葉を落としてしまって眺望とまでは言いませんが空もよく見えました。
参考資料
参考資料

山頂は富士山のよく見える山です。
参考資料
参考資料

人が沢山いてこれ以上は思うようなカットは撮れませんでした。

逆向きですがこんな感じ。
参考資料

私はこのあと大月駅方面へむすび山迄縦走しましたが、これが予想以上にキツい。標高差とか距離的にはそうでもない筈だったのに、どうも急坂に落葉があって、踏ん張って下りたりしたのが体力を使ったのかも。

当日のヤマレコの山行記録です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

舞台探訪・いわかける!・第3話の御嶽駅周辺

SSSS.GRIDMANの時もそうでしたが登場した途端に分かる御嶽駅です。
参考資料
参考資料

この時点では好が何をしに御嶽駅に来たのか分かりませんでした。
一時間早く来すぎた好は御嶽駅を東方向、青梅方向に歩きます。
参考資料
参考資料

すると階段に佇む女の子ありけり。
何故壁画を金魚から亀に変えたし。
参考資料
参考資料 この子が好にゲームで負けて以来好を師匠と仰ぐ菊子。

さて花宮女子のみんなと合流して御岳橋を渡ります。
この時点で何か巨大なマットみたいな物を背負ってるのでクライミングの練習とは予想出来ましたが…
参考資料
参考資料

何と多摩川渓谷にある岩がクライミングスポットになっていたのでした。
その名も「ましろ返しの岩」

これを見た瞬間の時点では「ふーん、そう言う創作なんだろう」と思ったのですが、見終わってから「御嶽駅 クライミング」で検索したら何という事でしょう、ここって有名なクライミングの練習場所なんですね。

そして沢山ある岩の名前を見ていたら「忍者返しの岩」と言うのがあって、どう聞いても「ましろ返しの岩」のモデルじゃないかと。事前に写真をみたらくぼみがちょっと似てる。

と言う事で、ましろ返しの岩のモデルとなった忍者返しの岩に行って来ました。
参考資料
参考資料 登ってる!登ってるよ!

岩と人間のスケール比が全然違いますが、やはり下にマット敷いてますね。
参考資料
参考資料 ここに着く前に道路を歩いていたら作中と同じ様に背中に担いで歩いている人達がいました。

この日は流石にこれだけの為に御嶽駅に行ったのではなくて、鳩ノ巣駅からヤマノススメ的に城山と鍋割山を経由して御岳山に登って下ってから行きました。

因みに「忍者返しの岩」の頂上付近には背後から迫れます。
これは第4話から。
参考資料
参考資料 登ってる人が居るのに岩に乗っちゃダメだろと、離れて撮りましたが。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

より以前の記事一覧