« 悪役令嬢レベル99~私は裏ボスですが魔王ではありません~・第4話 | Start | ダンジョン飯・第5話 »

魔法少女にあこがれて・第5話

悪の組織に新たな幹部加入。OPで見えていた幼女。
繁華街の路地裏で地面に絵を描いてる境遇がどうかと思う。

と言う事でヴェナリータから呼び出しが来た。放課後ナハトベースに来てくれと。行ってみたら件の幼女が居るのだ。新たな幹部だと紹介するけどうてなはこんな小さい子を悪の組織に入れるのはどうかと言う。あの路地裏で杜乃こりすに捕まえられて組織に入れたのだそうだ。そう言えばヴェナリータって普通の人に見えるんだっけ?

ヴェナリータ、早速こりすの力を見せようと言い出した。それはすなわちトレスマジアと戦う事だが、こりすが変身したら可愛い可愛いとうてなは大興奮。それにやきもちを焼いたキウィにも可愛いと言って変身少女はみな可愛いと力説。大概だよね。
参考資料

エノルミータの気配を感じて出動したトレスマジア。怪しいぬいぐるみが動いていたので考えもなしにマジアマゼンタはそれを追いかけ、仕方ないので二人も追いかけたら罠に嵌った。

扉の開かない部屋の中で巨大化したさっきのぬいぐるみが襲って来る。あれって後から考えたら巨大化したんじゃないんだな。マジアアズールの攻撃が効かない。やむなく逃げて隠れたつもりだったが、あれ?マジアマゼンタとマジアサルファの様子がおかしいぞ。

マジアマゼンタは男装してハニーとか言って来るし、マジアサルファは女の子の格好でママと言って来てマジアアズールの胸を吸う。それにあわせてマジアマゼンタもキスしながらマジアアズールの胸をもむ。そのうちにマジアアズールもおかしくなって来た。

ナンダコレ。

と思ったらドールハウスの中に相手を入れて認識阻害をしていたぶる(やっつけないの?)のがことりの変身後ネロアリスの力だ。ドールハウスと言うよりもこれは箱庭療法ではないか。

強力な力だけど未だ小さいこりすはその力を長い時間維持できなくて眠くなってしまう。寝込んだこりすをうてながおんぶして家に連れて行く。と言う事はこりすの家がこの時に分かった筈だが。

こりすの過去の回想で、誕生日に母から人形を貰っていた。

暇を持て余すキウィとうてな。そこに丁度こりすが通りがかった。それを見てキウィが突然こりすの家に遊びに行こうと言い出した。突然すぎると言ううてなだが、こりすは良いよと言う意味で頷く。

マンションに入ってみたら誰も居ない。こりす、母子家庭で母が日中は働いて1000円置かれて夕食をそれで食べてるのか。これをうてなが見たから今日はごはんを作ってあげようと言う流れかなと思ったけど今日はそうではない。
参考資料

こりすの部屋に入ったらおもちゃが沢山散乱していて、中には随分古くなって壊れているのもある。でも壊れても遊んでると言う事は気に入ってるのかなと思ううてな。キウィがそのうちの一つを振り回すと腕がもげてしまう。それをテープで雑に直すことり。まあ小さい子だからこれしか出来ない。

そしてキウィがあのこりすの回想で出ていた人形を発見。これだけがガラスケースの中に入っていた。普通はガラスケースに入っていたら外から見るだけで触らないものだが、キウィはお構いなしに取り出した。

そのおかげでうてながその人形が壊れて汚れているのが分かる。だからうてなはもし良かったら直してあげると言うのでことりはうてなにその人形を託した。だから大事な物だろうとうてなは徹夜で直した。

とは言え薄着で徹夜してしまって風邪をひくうてな。こりすに渡したものの、風邪が悪化していて倒れたりする。そこでことりは変身。変身したからと言って治癒魔法が使える訳でもあるまいと思ったら、うてなは病院の様な所に入ってそこでお医者さんごっこ。
参考資料

これで風邪が治癒するんかい!
凄い力だな。

それを聞いて気づいたキウィ。こりすにうてなとの赤ちゃんプレイを頼んだが、監獄学園になってしまったぞ。ともあれうてなとキウィとのプレイが気に入ったことり。これでもう路地裏で地面に絵を描く日々から脱出だね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 悪役令嬢レベル99~私は裏ボスですが魔王ではありません~・第4話 | Start | ダンジョン飯・第5話 »