« 悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました・第1話 | Start | 勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う・第1話 »

後宮の烏・第1話

中国風の服装と城壁とかだったりしたが、登場した地図を見たら架空の世界。

廃太子となった夏高峻が地道に味方を集めて全ての元凶の皇太后を退けて皇帝に即位する。しかしクーデターの場では皇太后を殺さずに幽閉していて、皇太后の悪行をきちんと調べ上げた上で断罪して殺す事にしていた。証拠も無く殺しては嘗て母后が毒を盛られてその罪は侍女に帰せられた皇太后のやり口と同じだからと。

皇帝となった高峻はそれを探る為もあってか後宮の烏妃を訪ねる。烏妃は色々不思議な力を持っているのでそれで何かしようとしたのかもしれないが、対価がかなり高い。他人の命を奪う時は自分の命も差し出さねばならない。

一旦は追い出される高峻だったが、饅頭を餌にして取っ掛かりを作ろうとする。まずは翡翠の耳飾りの持ち主は誰だったのかと言う所から。

饅頭に釣られた烏妃の柳寿雪は後宮内で調査を開始。あ、なんだか探偵みたいに地道に調査するんだ。この辺は面白い。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました・第1話 | Start | 勇者パーティーを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳少女と出会う・第1話 »