« 最近雇ったメイドが怪しい・第1話 | Start | 異世界薬局・第3話 »

リコリス・リコイル・第4話

アバンでたきなが標的を外しまくる。ひょっとして今回はたきなが百発百中になる前の過去の話かなと思ったらそうじゃない。ミカが作ったあの不殺の弾丸を撃ってみたら全く当たらないと言うのだ。でもこの時に分かったのは千束が人道的に相手を不殺にしてると言うよりは、悪人は殺して楽にするのではなくて死ぬよりも痛い目に遭わせたい、なぜなら悪人なんぞ殺して自分の気持ちをざわつかせるのが嫌だからと言うものだった。どこまで本当かは分からないけど、平和ボケした不殺とは一線を画している。

VRのゲームをやって奇声を上げる千束。うまく相手を倒せないばかりか相手のログイン名が気に食わないと。これ相手がフキだったんだよね。

やってみろと言う事でたきなにVRゴーグルをかけさせてやらせてみた。これが本当にそんなに動いてゲーム上で反映されるのかと思う程にたきなが動く。飛ぶ。そして見える。それを見て千束が驚愕する。もうここだけで笑いこけた。
参考資料
参考資料

想像どおり千束はたきなのパンツに驚愕した。そしてあのたきなならと思ったとおりにたきなのパンツはトランクスだった。制服は支給するが下着は好きにしろと言われ、じゃあ店長はどんなパンツが好きかと聞かれてトランクスと答えたのがゆがんで伝わった。

お怒りの千束は明日12時に駅に集合と宣言。仕事?と思ったたきなにパンツ買いに行くのだと宣言。制服じゃなくて私服で来いと。そう言われて私服の指定まであるか店長に聞くたきな。

たきな、期待どおりにしょぼい服で到来。下はジャージ?スカートを持ってないと言う事で今日は千束がたきなの私服も選びましょう。

その頃クルミは風呂に入りながら武器相場をチェック。何しろ1000丁も取引があったのでそれがどこかに流れているかもしれない。でも相場に影響が無く、だとしたらどこかの組織が抱えて使う為に手に入れた事になる。ミズキはそんなのDAが見逃す筈無いと言うが。

いいね、いいねと言いながら服は選んだ。でも未だパンツ買ってない。と言う事でそちらの方へ。トランクスで良いと言うたきなに千束はいざという時どうするのかと言うのだ。いざという時って何かと聞き返されて赤くなる千束。あれ?その辺は純情なの?
参考資料

だったら千束のを見せろと言うたきなに押されて千束は見せるのだが、これが私に似合うのか、違うだろと言うパンツだった。どんなパンツだったんだ。最後の方でトランクスを試してみる時に脱いだのは普通に白いのに見えたが。

服も下着も買ったので次はスイーツ。そこでメニューで悩んでいるらしいフランス語らしき言語を話す外国人(EDのキャストにフランス人客ってあった。やはりフランス語だった)に何かアドバイスする千束。その場面でスイーツ食べて美味しいと感じいって千束を見て空をみあげるたきなを描くとは、大した演出だ。

スイーツの次は水族館。タツノオトシゴとかチンアナゴとか見て楽しむ二人。千束に至ってはチンアナゴのマネするし。制服着てない時はリコリスじゃありませんと目立っても気にしない。でも制服着てない時はってのが今回意味があった。

千束がDAを出たのは探している人が居るから。大事な大事な人。ふくろうのペンダントをくれた人らしい。その人はアランと名乗り、才能ある若者を発掘し続けている様だ。千束はどう発掘されたのだろう。アラン・アダムスは100年以上前からそう言う活動をしてる。千束はアラン・アダムスを10年探し続けている。そんな話を聞いたたきながさかなーってポーズ。完全に千束と馴染んだ。
参考資料

で、どうやら千束にふくろうを与えたのはどうもシンジらしい。

千束とたきなの平和なデート。でも描写が平和であればある程にその反動は迫って来ている。いかにもな黒コートの男が千束とたきなが待ち合わせした北押上駅(押上駅)にやって来た。ホームに下りると次々と男たちが集まる。そのバッグ、どう見てもマシンガンか何かだね。

漂白された健康的で不健全な空気を破るのだと銃を取り出す。その頃千束とたきなが駅に戻って来たが、周りにリコリスが大量に居る事に気がついた。何かがある。そして駅は閉鎖されていた。

駅アナウンスが東武線直通急行南栗橋行きの接近を告げた。入って来たのは東急5000系。田園都市線カラー。それをめがけて男たちは銃撃開始。あー、でもこれって乗客乗ってないパターンだな。派手に東急5000系をホームドアごと撃ち抜くものの、電車が止まってドアが開いても中で人が倒れている気配が無い。そして中からリコリスが男たちめがけて銃撃。次々と撃たれて倒れる男たち。黒コートの男だけが何とか逃げ出した。
参考資料

そして男は駅の爆破スイッチを入れた。流石にあれだけの爆発だと外にまで爆風が出て来る。たきなが向かおうとしたが、千束が止める。私服で銃を出したら警察に捕まる。制服を着てない時はリコリスじゃないと言ったでしょ。今日は仕方ないね。

ニュースでは列車が衝突して脱線した事故の扱いになっていた。綺麗な世界を維持するDAの圧力で事故扱いなのだろうが、鉄をなめちゃいけない。爆風は目撃されたし、営業を再開したら列車の衝突ごときで駅がこれだけの修復を受ける筈が無いと見破られるし、何より銃撃された東急5000系が回送される場面は絶対見咎められる。そして鉄が騒ぐ。

パンツ買った以上はトランクスは不要とばかりに千束がたきなのトランクスを「捨てまーす」とゴミ袋へ。でもちょっと履いてみようと試した所をミズキに見られた。
参考資料

なんだその男物のパンツは。流石ミズキさん、変態か!とかじゃなくてさては男の所に泊まったのか、私へのあてつけか!と千束をチョーク。みなさーん、この店に裏切り者の嘘つき野郎がいまーす!

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 最近雇ったメイドが怪しい・第1話 | Start | 異世界薬局・第3話 »