« 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません(第3期)・第6話(通算第32話) | Start | 処刑少女の生きる道・第8話 »

骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中・第7話

アークの骸骨化は解呪で元に戻るのが分かったものの、すぐにまた骸骨化してしまうと言う事が分かった。つまりこれは本格的な解呪をしなければならないと言う事。

エルフの里を出て、あの契約書に書かれていた相手を求めてアークとアリアンはローデン王国の王都オーラヴに向かう。と言う事で森を出た瞬間に大きな虫に襲われてあたふたと逃げるアーク。虫は苦手だったか。

食事処で一息いれてこの先オーラヴに行くのに、馬車で森を迂回するか森を通り抜けて近道するかと言う事で、早く行きたいので森を突き抜けようと言う事にした。馬車に乗った方が早いのでは?
参考資料

ただ、その話を食事処の女将が聞いていて、今森はホーンテッドウルフが出現して何人もの襲われているとの話をしてくれた。今までそんな事はなかったのに。アリアンの反応がちょっと微妙だった。

その頃、オーラヴからはユリアーナ王女が例のエルフ売買事件の調査の為にリンブルト大公国に出発していた。兵士が何か怪しいそぶりを見せたのでこれは襲われるなとは思った。と言う事はアークがそこに現れて助けるのだろうと言う流れも予想出来た。

でもアーク達は森を進んでるんだよね。それで遭遇出来るのだろうか。一方でアリアンの様子がちょっとおかしいと思ったのはホーンテッドウルフの尻尾で花嫁の綺麗なベールが出来るからそれが穫れないかと考えていたのだ。なんだ、ホーンテッドウルフさんとお知り合いじゃなかったのね。

などと話をしていたらホーンテッドウルフ出現。おや、こいつら消える。アークは思い出した。ホーンテッドウルフは群れの長の指示に従って集団行動が取れる。そして目眩ましの分身も使える。結構厄介な相手。

アークは力任せで向かって来る相手をひとつひとつ片付けるが、それでは幻影相手ではキリがない。一方でアリアンは面攻撃によって対応していた。やはり戦いへの練度が違う。そこでアークはボスウルフを狙う事にした。

おや?ボスウルフさん、例のジャイアントバジリスクにも付いていた足輪付けてるぞ。それを見つけたアークはボスウルフの注意を撹乱してそれを破壊。我に返ったボスウルフは手下を従えて逃げて行った。

アリアンは戦って倒したウルフから姉のベールの為の毛を獲りたがっていた。と言う事で、暫くはそちらをやらせておいて、アークは一休み。にしてもアリアン、「血抜き血抜き」ってやけに楽しそうだったな。

この頃、ユリアーナ王女の馬車は森の近くの道を進行中。ああ、そろそろ襲われそう。そう思ってみていたら案の定襲撃。侍女フェルナが身構えて襲撃者に備えたが、あ!あっと言う間にやられてしまった。襲われるものの、やられる前にアークが介入すると思ったのだが。

襲撃はまずポンタが感知した。ポンタがそちらの方向へ走り出したのでアークがそちらを追う。アリアン「いいわよ~」ってやけに呑気な返事したけど。

斬られたフェルナを助けようとして馬車を飛び出したユリアーナ王女も刺されてしまった。これ、もうヒールとか蘇生とかその魔法使わないと駄目じゃん。そこにポンタ到着。その変な動物殺してしまえなどと言うから、お怒りのアークさん登場。

倒れている姫様を見て、これは蘇生魔法を使わないと駄目かと見ていた。ただ、そんな強力な魔法を使って良いものか。そう逡巡している間に襲撃者達はアークに攻撃をしかける。全然効かないけど。
参考資料

その間にホーンテッドウルフが襲撃者に襲いかかった。お、ホーンテッドウルフ、あの呪いの様な輪から解放してくれたお礼にアークに助力してくれるのか。知能が高いって言ってたとおりだ。ホーンテッドウルフが襲撃者を片付けはじめたのでアークも襲撃者に向かう。片が付いたらホーンテッドウルフは引き上げる。

誰も見てる者が居なくなったのでアークはまず姫様に再生復活魔法をかけた。さっき襲撃者が居る目前で使うとあとあと何か言われる可能性があって、誰もいなくなったなら使えると言う事か。幸いユリアーナ王女は息を吹き返す。次に侍女にも。そして周囲の倒れている兵士にも。ただ、死んで時間が経ったとか、あまりに深手だと助からないらしい。兵士の方は全員は生き返らす事は出来なかった。

この時の様子を気がついた王女がうっすらと見る。あれは天使様?
参考資料

その後、ユリアーナ王女達蘇生が間に合った者が集まる。傾聴せよ!王女様からのお話だ。
ユリアーナ王女は、我々は一度死んだ、だがそれを天使様が救って下さった、これは神様が我々に先へ進めと言う啓示をもたらしたものだ。急いで先へ進むぞと演説。これを陰で聞いていたアーク。彼女の素性がどこかの王女だと理解する。

アークが戻るとアリアンはもう毛を獲ったあと。と言う事でオーラヴに向かって出発。オーラヴに着いたらたちまち喧嘩に遭遇。相手が誰かと思ったらあのケモミミ忍者さんじゃないですか。忍びの者が自らお久しぶりですなどと身分を明かしてよいのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません(第3期)・第6話(通算第32話) | Start | 処刑少女の生きる道・第8話 »