« 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません(第3期)・第5話(通算第31話) | Start | 処刑少女の生きる道・第7話 »

骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中・第6話

エルフの里にやって来ました。アーク、ワクワク。
流石にいきなりアークが中に入れる訳ではなくて、アリアンが先に入って長老と話をつけて来ると言う。柵の尖ったのを触ってる時はそうとは思わなかったが、素振りを始めた段階でこれは相当待たされるオチかと思った。そして確かに待たされた。日が暮れる迄。

話が難航したのかなと思ったが、会ってみたら歓迎してくれたし、おまけにアリアンの父がここの長だった。エルフだけあって年齢は進んでるが見た目が若い。母は永遠の170歳だとか(実は245歳)。その数字が既に大きいんだけど。
参考資料

長にして父のディランはアリアンに何故領主城まで襲撃したのかと言って、説明はアークがする事になったが、あんなに待たせておいてその話は未だしてなかったのか。

事情を聞いてディランはそう言う事ならばとは言うが、そうは言っても外部との諍い、しかも領主との諍いが起きた訳で、エルフの中央の大長老会議で報告しなくてはならない。明日メープルに行こうと言う事で、それにはアリアンも同行する事にした。

アリアンの母グレニスが夕食を持って来てくれる。ポンタが食べ始めるが熱かったみたい。そしてアークはこれは困る。だがアリアンがもう両親に事情を話してあった。呪いで骸骨になっていると言うので、それは逆にお困りでしょうと言う風で、一向に構わないので兜を脱いで食事をして下さいと。

翌朝。アーク、寝る時は流石に鎧を脱ぐのか。アーク君が起きた頃にはディランとアリアンは転送装置(転移陣)の所へ。公式で地図が出てるけど、エルフのカナダ大森林はローデン王国よりもずっと広大で、森都メープルはララトイアから遥かに離れている。

そんな訳で転送装置が必要だが、到着したメープルは殷賑を極めていた。
大長老会議で族長ブリアンがディランに報告を促す。

一方ララトイアではグレニスがアークが里の案内をしていた。ララトイアもエルフが多い。ララトイアより王国との境界に近い里を安全の為に吸収して今は4000人。この柵内と言う限られた空間で4000人と言うのはかなり居るのでは。

アークを見てエルフ達はどうして人族がと噂するものの、先日助けた子達は喜んでアークに近寄って来た。ちょっとは良い評判が広がるかな。その様子を見て顔をほころばせるグレニスは自分と手合わせしないかと言う。

大長老会議ではディランの報告を聞いて領主に戦いを仕掛けたのは迂闊だったかもしれないが、条約を先に破ったのは人間の方。600年前にエルフと戦いになって400年前に条約を結んだらしい。しかもその戦いで人間の国が分裂したとか。それ、東西両帝国の事ですかね。

会議は紛糾した挙げ句、救出作戦は継続してローデン王国との事は静観する事となった。問責しても良かったんじゃ?あまり表沙汰にして戦いの火蓋を切りたくなかったか。

アークとグレニスの「手合わせ」は流石にアリアンに手ほどきをしたのはグレニスと言うだけあって、グレニス強い。こてんぱんにされるアークであったが、しかしアークは前向きでステータスだけ高くても実際の戦闘では練達の相手には敵わない、それを教わる絶好の機会だとぶっ倒れる迄お手合わせして貰う。
参考資料

メープルからの帰りがけ、父から姉のイビンが来年辺り結婚するのだと聞かされて驚愕のアリアン。そこにすかさずイビンが突撃。以前アリアンが姉にはまだまだ及ばないとか言っていた時はかなり深刻そうな雰囲気だったのに、姉、これかよ。ひどいシスコンじゃないか。
参考資料

アーク君、風呂と聞いて目が光る。こっちの世界に来て初めての風呂だそうだ。骨だから新陳代謝が無いのでそう言う汚れはないかもしれないが、外を歩いてたら普通に汚れるからね。そしてアークが入っている所へアリアンさんご入場。アリアンが暴走したのは見られたと言う反応じゃなくて、スケルトンが居る!と言う驚きの方か。

食事の前にディランからアークへ依頼。大長老会で決まった方針によって今後もアリアンが攫われたエルフの調査救出をする。ついてはアークにそれを手伝って欲しい。だが、エルフはそんなにお金を持っていない。むしろ盗賊からぶんどったアークの方が持っている。そこで依頼の対価として呪いの解ける情報を提供。

ロードクラウンの側にあらゆる呪いを解く泉がある。そこでなら呪いが解けるかもしれない。ただ、ロードクラウンはドラゴンの中でも最上位種のドラゴンロードの住む場所にロードクラウンは稀に生えて来る。ロードクラウンは精霊を宿している。精霊に話が通らないとただでは済まない。人族が単身行く事はかなわないが、エルフ族が話を通せば行ける可能性がある。そこでアリアンが同行すると言う対価ではどうか。

前回この世界での自分の目標は骸骨になった呪いを解く旅だと思ったアークは、愈々具体的な目標が見えて来る。ただ、このアバターは設定によるもの。解呪で受肉するのかと、例のエルフを助けた時の解呪の魔法を指先にちょっとやってみる。

お?解けましたよ。
じゃあもう問題ないんじゃ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません(第3期)・第5話(通算第31話) | Start | 処刑少女の生きる道・第7話 »