« 処刑少女の生きる道・第4話 | Start | SPY×FAMILY・第3話 »

カッコウの許嫁・第1話

今期最後の新作開始。これも事前知識ゼロで見始めた。
流石にタイトルは知っていて、冒頭で赤ちゃんの取り違い場面が出て、ああそうかだからカッコウなのかとここで知る。

海野家の朝。主人公と思われる男の子が朝食の支度をしている。妹らしき子が登場して、まさか親居ないとか思ったが、でも料理店らしい佇まいだったから親は居るよねと見ていると両親健在。ただ、その両親とは毛色の違う男の子。やはり取り違えだからか。

そして話が進むともう取り違えの件が明るみになった様だ。今日向こうの家庭との対面があるとの事。でも16年も海野家の息子として育ったらそりゃ今更あちらへなんて行く訳が無い。常々思っているけど生みの親より育ての親と言うか、生みの親なんてたとえDNA鑑定の結果を見せられても親と言う認識は出来ない。

海野凪がその対面前に図書館に行こうとした時、歩道橋の欄干の上に乗っている子を発見。もうここで大まかな流れが分かった。この子が取り違えの相手の子。男女取り違えとかもってのほかだがともかくそうだろう。そして多分自殺と思ったのは勘違い。慌てて止めてあらぬ事になる。全部その通りになった。
参考資料

ただ、この時点では対面式の話は通じない。と言うのも凪は取り違えの相手との対面をするんだと言ってる一方でその女の子天野エリカはいきなり両親から婚約者の事を言われて自殺未遂動画を送りつけて拒否しようとしてると言うものだったから。ここでは共通点が無い。

エリカは凪が都合が良いと考えた。二人で付き合ってる事にしたら婚約の話を蹴飛ばせる。凪が嫌だと言ってもさっき自殺を止めようとした時に胸を掴んだ動画が残っている。こうして嫌がる凪を付き合ってる相手にすべく服も買ったりする。

ところがこの日の最後、二人で居る所を隣の学校のフォロワーに見つかった。誰だよそいつと迫って来る男をこれはびっくり凪が片付けてしまった。ただのガリ勉かと思ったら、流石ヤンキー両親に育てられただけの事はある。

これを見てエリカがそうか顔合わせの場で婚約者をぶっ飛ばせば破談になるんだと思ったのがまさか妙な伏線になろうとは。

そして凪が顔合わせの場に行くと、良家の親らしき、顔の雰囲気も凪に似ている二人が居た。ここで両家の親からトンデモ提案が登場。どちらも取り違えとは言っても16年間育てた子をもう自分の子ではないと交換するのは耐えられない。だがさっき娘から写真が送られて来て、まさか君が娘と付き合ってるとは思わなかった。だったら息子と娘で結婚したらそのまま自分達の子供として継続するではないか。これは大名案だ。

案の定後から入ってきたその女の子はエリカだった。
そうして約束通り婚約者をぶっ飛ばす。
参考資料
いや、そこ約束通りにせんでも。

ただ、この作品、ここで設定が終わる単純な話ではなかった。
私立目黒川学園の新学期に臨んだ凪だが、彼が考えていたのは同級生で学年トップの瀬川ひろの事だった。婚約話が出て来た以上ボヤボヤしていられない、何がなんでも学年トップを取ってやると言う。なぜ婚約話と学年トップが関係してるのかと言うと、凪は実はひろの事が好きで、でもひろは自分より成績が上の人しか相手に考えられないと言っていたのだ。だから急いで万年2位から1位のひろの上に行かねばならない。なってこったい。

ここに実の妹ではないと知った凪の妹の幸がどうやら参戦する様だ。

凪の顔が「カノジョも彼女」の直也に似てる上にガリ勉なので、ここに三人の彼女候補が出現したせいで何となく「カノジョも彼女」を連想してしまった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 処刑少女の生きる道・第4話 | Start | SPY×FAMILY・第3話 »