« その着せ替え人形は恋をする・第7話 | Start | プリンセスコネクト!Re:Dive Season 2・第7話 »

明日ちゃんのセーラー服・第7話

小路と江利花は魚釣りでビショビショになったあの日を境に名前で呼び合う様になりました。でも未だこっそりな感じ。この作品、みんな「さん」呼びしてる。確かによくあるお嬢様学校では一般的なのだが、なんだろうこの作品ではそれが一層際立ってる感じに聞こえるのは。お嬢様学校っぽくない小路がそう言ってるせいだろうか。

ともあれ今回は蛇森さんのお話。学園の庭園のガゼボで音楽雑誌を広げて読んでいた。それを見つけた明日ちゃんが話しかけても気づかない程に。ヘッドホンしてたし。明日ちゃんも以前その音楽雑誌を表紙買いしたものの、中の楽譜が全然読めなくてお手上げたったと言うのだ。ひょっとして蛇森さんはそれ弾けるの?こんど聴かせてと言うと、蛇森さん、まあ...とか曖昧な返事でOKした。
参考資料

実は蛇森さん、楽器演奏した事が無いのだ。エレキの演奏好きだったが、実家にあった親のギターを何となく持って来たまま。だから同室の戸鹿野さんもインテリアだと思っていた。それがいきなり練習を始めようとした蛇森さん。ギターの譜面ってよく知らないけど、コードなんだよね。蛇森さんもナニコレな感じで順番に音を出して行く。

蛇森さん、戸鹿野さんとダイヤモンドゲームしながらギターの件を話すのだが、ダイヤモンドゲームって懐かしいなぁ。小さい頃随分やった。未だ人生ゲームみたいなのが出現する前だったからこんな感じのしかなくて。ゲームやりながら戸鹿野さんは明日ちゃんが蛇森さんの演奏を楽しみにしていたよと告げる。ハードル上がっちゃった。

しかしあのギター、手入れをされていなかったから弦が切れてしまう。簡単に演奏なんて出来ないし、やっぱり最初から無理だったんだと投げ出しそうになる蛇森さん。

でもみんな最初は出来なくても少しづつ頑張ってやれる様になって行くんだ。同室の戸鹿野さんだってバスケットのシュートが入らなかったのを近くから少しづつやって行った。入った時にあんなに喜んでいた。明日ちゃんも演劇部の練習を毎日やっていた。

そんなみんなを見て蛇森さんも弦を買って来て張替え。そしてギターを抱えたまま寝てしまう程練習をして、とうとう明日ちゃんに聴かせる日。音楽室に入っていざ弾こうとしたら誰か入って来る。

急いで隠れたら木崎さんが入って来てピアノを弾く。あの木崎さん、ピアノも弾けるしうまい。これを聴いて木崎さんが出て行った後、自分のギターなんかと思った蛇森さんがやっぱり弾けないと出ていこうとしたのを明日ちゃんがとめる。蛇森さんの聴きたい!聴かせてください。
参考資料

明日ちゃんにそう言われてギターを弾いた蛇森さん。演奏が終わって必死で拍手する明日ちゃんを見て、努力した甲斐を感じる蛇森さんだった。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« その着せ替え人形は恋をする・第7話 | Start | プリンセスコネクト!Re:Dive Season 2・第7話 »