« 鬼滅の刃 遊郭・第10話 | Start | 天才王子の赤字国家再生術・第5話 »

プリンセスコネクト!Re:Dive Season 2・第5話

カイザーインサイト陛下によって空間転移で王宮に連れ去られたペコリーヌ。今日は見定める為に呼び出した。そろそろ食べごろなのかなと。

ペコリーヌが消えてゴーレムとシャドウが町の方へ迫って来た。ペコリーヌ、一体どうしたんだと心配するみんな。キャルは一応大丈夫な筈と言うが。でも空間転移なんて出来るのは陛下だけの筈。

キーリの方にはシャドウが別に迫っていた。丁度カスミとユウキがそちらに向かっていて、すんでのところでシャドウを消してやれた。でも何故シャドウはキーリの方へ行ったのか。ユウキがキーリの手を繋いだ所で光が満ちる。

そう思ったらユウキに過去の?現世の?記憶が少し現れた。水瀬いのりさん声の女の子に先輩と呼ばれて花壇を荒らす犯人を捕まえましょうと言われている記憶が。
参考資料

しかし再生はそこまで。アメスが目の前に立っていて、この先の記憶は未だ見せられないと言う。アメスはユウキにシャドウはこの世界のバグみたいなものだと説明する。これ、現世の人間には通用する説明と単語(バグ)だけど、ああ言う異世界じゃいきなり言われても分からなないよね。ウイルスみたいなものと言う説明も細胞生物学の知識が無い世界では通用しないし。

それだけ説明してユウキを戻し、ユウキはシャドウを倒してキーリを救出した後でシャドウがバグみたいなものとカスミに説明。この世界の知識だけだとバグって意味が通用しない筈なのに、カスミには理解出来ちゃった。

町に向かっていたシャドウ達が向きを変えた。キーリに誘われてシャドウは向きを変えたのだ。シャドウだったのに自我に目覚めてカスミみたいになれたキーリに惹かれたのだ。だったらキーリで町から離して別の場所で片付ける作戦で行くしかあるまい。

囮にする危険性はキーリがシャドウに襲われる危険性。案の定シャドウが襲って来たがユウキが片付ける。
「ありがとう、先輩」
おい、現世の記憶の呼び方になってるじゃないか。

その頃王宮ではカイザーインサイトによるペコリーヌへの精神攻撃の真っ最中。
だんだん気持ちが折れかかるペコリーヌ。

でもユースティアナの名前を奪ったのは偶然じゃなくて必然と言うが、何が必然なんだ。

シャドウとゴーレムはカスタリア湖(?)の中に誘われて入って行く。ゴーレムは土石で出来てるから湖に弱いのか?ともかくこれで良いとコッコロの飛行船で脱出しようとしたが、その時にデジタルノイズが発生してキーリが倒れる。その光にあたってキーリが消えかかる。反応するユウキ。キーリが倒れたらシャドウ達はまた向きを変えて町の方向へ。

キーリを消すまいと力を使うユウキ。これではまずいとコッコロは止めようとしたが。ユウキの記憶は先が再生された。花壇荒らしが実は子猫だった。その名もキーリ。君はあの時の猫。そこまで思い出してくれたありがとう。そう言ってキーリは消えかけて行く。
参考資料

このまま力を使い続けては駄目。焦るアメスの所にラビリスタ。彼女のおかげでキーリの自我だけは保存出来た。

ユウキがやり直しているこの世界と言う。それは嘗てユウキがペコリーヌを庇ってやられたその以前の世界のやり直し。そう言えばOPの中に「君と笑い、君と泣く バッドエンドのその先で」ってあるね。

バッドエンドの時、ラビリスタに呼ばれて選択肢は二つある。一つ目はあの絶望的な戦いの場所に戻るのか。もう一つは記憶を失う別のやり直しの世界に行くのか。でも自分さえ見失わなければ絆を繋ぎ直す事だって出来るだろう。それがこのRe:Diveの世界って事ですか。
参考資料

やり直しに力を振るうユウキ。同じ頃シャドウに飲み込まれかけていたペコリーヌも自分を取り戻す。なんだ未だかと見ていたカイザーインサイト。そのカイザーインサイトにペコリーヌは一緒にご飯を食べましょう、もっと話せば分かる物があるのではないか。そして名前も国も取り戻すと。未だ熟してなかったかとカイザーインサイトはペコリーヌを戻す。

上空からゴーレムとシャドウの上に落下するペコリーヌ、ここがプリンセスストライクの決め所。ゴーレムに一体化したシャドウ目掛けて発動。

地面ごと破壊されたゴーレムの所でペコリーヌが倒れていた。ペコリーヌに誰が駆け寄るのかと思ったが、無事を確認して、顔を見られまいと後ろを向いたキャルだった。でも足元が崩れてペコリーヌの所に落ちて、涙見られちゃった。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 鬼滅の刃 遊郭・第10話 | Start | 天才王子の赤字国家再生術・第5話 »