« 先輩がうざい後輩の話・第11話 | Start | やくならマグカップも 二番窯・第12話・最終回 »

無職転生~異世界行ったら本気だす~(第2クール)・第23話・最終回

エリスに捨てられてしまったと思ったルディ君。もうすっかり昔の様に自分の中に引き篭もるしか無くなってしまった。

でも現実は引き篭もったままでは居られなかった。フィットア領の民は生活再建に必死だった。キャンプはテントだけ。何とか農作物を育てて食べて行ける様にと頑張っていた。そんな状態でただ寝てるだけのルディはそのままでは居られない。アルフォンスが何かを手伝って欲しいと言っても何も出来ないルディは、だったらこのまま居てもらう訳には行かないと言われる。アルフォンスはとにかくフィットア領の民を救うので精一杯なのだ。

自分が見捨てられたと思うルディではあったものの、エリスはそんなつもりではない。目の前でルディが殺されてしまうのを自分は何も出来なかった。そんな自分を今のままで居る訳には行かない。龍神に勝てるだけ成長しなくてはならない。
参考資料

エリスはずっとルディに助けられていた。ルディは凄いんだ。凄いんだから。

ルディの自暴自棄な状態とは違ってエリスを筆頭にこれまでルディと会った人々はルディを高く評価していた。見捨ててなんていない。ルイジェルドは冒険者を助けて彼らから尊敬される。スペルド族だと明かしても彼らはもう恐れない。ここまで来られたのはルディのおかげだ。

あのザノバ・シーローンは勿論ルディを師匠と崇めている。ギースも先輩さえいてくれればと同じ。デドルディア族の少女達もルディの人形を大事に保存。

ロキシーと一緒のタルハンドはキシリカ・キシリスと大酒合戦。ところがキシリカ・キシリカは金を持っていなくて売られる所をロキシーはその場は代わりに払ってやる。その礼として大帝様は魔眼にてロキシーの探し人を見てやるのだ。
参考資料

パウロとリーリャとアイシャは再会する事が出来ていた。ルディに助けられたリーリャとアイシャ。そこに未だゼニスが来ないのを泣き顔で迎えるノルン。ミリシオンで4人元気。じゃあゼニスは?何となく居場所は分かったものの、よく見えない。少なくとも生きてるのは分かった。ベガリット大陸の迷宮都市ラパンに居るとの事。同時にルディは中央大陸に居ると言うのを教えて貰った。これでロキシーの行き先は決まる。

ロキシーはルディが落ち込んでいると大帝様から聞いたものの、ルディなら大丈夫だと信じる。でもそのルディ、今はすっかり後退していたのだ。

そう言う気持ちで眠りについたルディ。夢の中では大帝様も見る事が出来なかったゼニスが居る。周りのルディやノルンやアイシャが未だ幼いので災害前の事だろうか。片付けは自分がやるよと言うルディにゼニスは、じゃあそうさせて貰おう。

「支度ができたら起こしてくれると助かるわ」
妙な言い回しだ。これは今のゼニスを示唆しているのか。
参考資料

でもルディ、大好きよと言う母ゼニスの言葉は暖かった。あのゼニスを放置するのか。嘗て自分が引き籠もりになった時、父と母は支えてくれた(相手の生徒は何が何でも退学にしてやるとか)のを拒絶したまま亡くならせてしまった前世の男、生まれ変わったら今度こそ本気で生きると言ってなかったか。ゼニスは見つかっていないんだぞ。

とうとうルディは立ち上がる。ゼニスを探さないと。母ゼニスを。
今度こそ本気を出すと誓ったじゃないか。

そしてルディは再起動の一歩を踏み出す。
参考資料

Cパートの場面、どこ?
シルフィの声だけは分かる。

と言う事で、第2クールは終わったけど、これは誰がどう考えても次の第3クールに繋がる場面だよね。あとは第3クール放送予定の発表を待つだけだよね。
この第2クールも面白かった。
友人から全6クールは必要とか言われたんだけど、そこまでは私が生きて見届けられない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 先輩がうざい後輩の話・第11話 | Start | やくならマグカップも 二番窯・第12話・最終回 »