« ブルーピリオド・第7話 | Start | 無職転生~異世界行ったら本気だす~(第2クール)・第18話 »

先輩がうざい後輩の話・第6話

桜井が五十嵐と武田の写真を撮ろうとしていた。箱に乗ってもあんなに身長差があるのか。両手を前で組んでと言うので何をしようとしているのか分かった。撮った写真はお内裏様とお雛様に加工され、しかもそれを五十嵐の祖父に送りつけてしまう。
参考資料

この写真を見て狼狽した五十嵐祖父が隣の馬の骨は誰だ、おねしょした頃からとかメッセージを送りつけて来たので慌てて隠す五十嵐。

五十嵐が買い物に寄る。一緒にとは言われなかったけど武田がついて来た。花屋で何の花を買おうとしているのかと思ったら、今日が五十嵐の誕生日で、自分の為だと。あうあ、五十嵐ちゃん、女の子らしすぎるよ。でも武田はそれを聞いて驚く。俺も今日誕生日なのだと。何という奇遇。じゃあお互いプレゼントしようぜ、適当に選ぶからって、そこが武田らしくて安心する。

選ぶと聞いた店員が寄って来てお選びしましょうと武田から五十嵐には黄色いチューリップ、五十嵐から武田へは赤いチューリップとなった。
参考資料

ところがここに五十嵐祖父登場。誕生日おめでとうと双葉に赤いチューリップをプレゼント。一体どうやってこの場所が分かったのだ。スマホにGPS追跡アプリでも入れさせてるのか、子供みたいに。

ともかく五十嵐祖父と武田の初顔合わせ。ここから双葉をめぐってと言うか単なる意地の張り合いみたいなやり取りに。周囲は異様にでかい二人の争いに注目するので恥ずかしいから場所を変えようと食事の店に連れ行く双葉。そこでも言い争いは収まらない。

祖父は双葉の家に。そのまま泊っちゃったみたいだけど。翌日はその祖父を置いて双葉は黒部とおでかけ。本当に黒部と?と思った祖父、最近の双葉の考えが分からないと、年頃の女の子の考えが分かりそうな、いかにも君の名はみたいな映画を見に入った。これでもうある程度理解した。最近の若い子は夢の中の男と入れ替わるのか。それで最近冷たいのかなと思った祖父はメッセージを送る。

「お前は誰だ」(をい

祖父はアニメ御用達の釣り堀の市ヶ谷フィッシングセンターへ。そこに武田が居るから安心した祖父。でもここから競い合いになってしまった。これで済めば良いものを、今度はバッティングセンターでまた顔合わせ。ここでも張り合い。お互い打ちまくって景品を根こそぎ貰ってしまった。次の子供の時に景品が無くなっちゃったと聞くと、二人共自分の景品をその子にあげるのは良い展開。

次は武田がボランティアに駆り出されて川辺のゴミ拾い。そこにまたも祖父が通り掛かるものだから、今度はゴミ拾いの競い合い。

こいつらやはり殴り合って理解しあう二人なんだな。双葉を思ってため息をつく祖父にとんだ孫バカだなと言われて否定せず、双葉はとても可愛かったんだぞと過去語り。いや、そうだよね、マジで可愛いね。
参考資料

その可愛い双葉が高校は東京の高校へ行くと言い出したので、可愛い子には旅をさせよと祖父は断腸の思いで送り出した。双葉の両親どうなったんだろう。この話に全く登場しないけど。

高校の時から一人暮らしと聞いて武田はなるほどそれで料理がうまいのかと。なんだとお前は双葉の料理を食べたのかと憤る祖父。その後双葉のところで食べるのだが、うまい!うまい!

あれ?だとしたら双葉が子供の時はこの祖父が料理作っていたの?
それを基本にして双葉は料理の味を始めたのかな。

花粉の季節。ホワイトデーは花粉の季節。先月のバレンタインデーのお礼だと武田は今日は飯をおごってやると五十嵐を誘う。その途中でトイレへと五十嵐を置いて行くと、ここでもまた祖父と会う武田。

ところが戻ると双葉が胡散臭い奴らに絡まれていた。おまえら選んだ相手が悪かったな。戻って来た武田と祖父に文字通り吊るし上げられた。
参考資料
我を張り合った祖父と武田だったが、仲良く三人で食事へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ブルーピリオド・第7話 | Start | 無職転生~異世界行ったら本気だす~(第2クール)・第18話 »