« 先輩がうざい後輩の話・第8話 | Start | やくならマグカップも 二番窯・第8話 »

無職転生~異世界行ったら本気だす~(第2クール)・第19話

ヒトガミからのご託宣です。こんな場面があります。これは妹のアイシャ。そしてリーリャとも会える筈。だがアイシャに会った時に名前を名乗ってはいけません。見えた場面がどうも不穏な場面なので大丈夫だろうか。さらにヒトガミは王宮の知り合いに手紙を出せと言う。

盛大な船酔いで中央大陸に上陸。そしてシーローン王国に到着。無職転生の地図を見ると中央大陸の港のイーストポート(地図の東西南北が通常と逆かな)からシーローン迄結構あるんだけど、随分進んだ。あの米を食べながら川を移動したりがかなりの距離だったのか。

シーローン王国がインドっぽいかと思ったのだが、Twitterで理不尽な孫の手さんのツイートを見たら監督から「タイっぽくしていいですか?」と言われたそうなのでタイっぽいのだろう。

ルディは「ある筋からの情報」としてこの国で家族が囚われているらしい。妹が囚われていると言う。妹なら先日会ったじゃないと言うが、異母妹が居るのだ。そうだ、恐らくリーリャがアイシャを抱いていたかどうかしてる時にあの災害が起きて転送されたのだろう。

ある筋を突っ込まれなくて済んで、そしてルディはヒトガミに言われた通りに王宮に居る(とルディは思っている)ロキシーに手紙を出す。この時点ではまさかロキシーがルディ達を探す旅に出てるとは気づいていない。

ところが手紙を出した後でつけてくる者ありけり。なんだ、誰だとルディは路地裏に入って、土壁を魔法で作ってこれでOKと思ったのだが、その壁の向こうから女の子が何かされている声が聞こえ、様子がおかしいと壁を壊すと、ヒトガミに見せられたアイシャの場面に遭遇した。
参考資料

アイシャが揉めていた相手は王宮の兵士。アイシャから手紙を取り上げて、アイシャはそれを取り戻そうとしていた。兵士は迷子の子を保護したと言うが、無理がある。アイシャは手紙を取り戻してルディに助けて下さいと言うのでルディは魔法を発動。兵士二人を泥に埋めて動けなくしたが、兵士はこいつは無詠唱で魔法を発動させる奴だと(お尋ね者みたいに認識していた)応援の笛を鳴らす。

ワラワラと兵士が寄って来たのでルディはやはり土魔法で高く飛んでその場を逃げ出した。

助けたアイシャは名を名乗る。長い年月が経っていて、今は6歳。ハキハキした礼儀正しい子に育っていた。ルディは名を名乗る訳には行かず、恥ずかしい偽名を告げる。

アイシャは手紙を出したいのでそれをお願いしたいと言う。母が王宮に囚われているので父に手紙を出したい。でも王宮の人がそれを阻止する。だから手紙を出した人であるルディをつけてこっそり頼もうとして、そして王宮の兵士に追われた。

ルディは父以外に頼れる人は居ないのか?例えば兄とか?と聞くと、アイシャが兄は居てもあいつは駄目だと言う。母が大事にしている箱があって、そこには兄が大切にしてる物が入っている。母の目を盗んで開けてみたらそこにはぱんつ。しかも大きさから計算して十四五歳の子のぱんつ。その頃兄は五六歳だったのにそんなものを大事にしていたのだ。トンデモナイ変態だ。そりゃヒトガミ、ルディに名前を名乗るなって言うわな。
参考資料

ルディは君のお母さんを助け出して来ましょうとアイシャに言う。エリス達には自分の事は「飼い主」と言う名前にしておいてくれと頼んで一人で王宮へ向かう事にする。話を聞いたエリスとルイジェルドは即座に城攻めだと行こうとしたのを止めて。

ところが向こうからやって来た。第7王子親衛隊のジンジャー・ヨークと名乗った。ロキシーが待っているので王宮へ来てくれと言う。この時点ではルディはロキシーが王宮にいると思っており、手紙を出した訳なのでそのロキシーからの招待とあってはいそいそと行くのに不思議はない。だがその割には大荷物で行くのは何故だろう。身一つで行けば良さそうなものを。

王宮に着いてそのまま建物に入らない所でおかしな雰囲気になった。建物の中を進むと、扉の前には昨日の王宮兵士二人が居た。声が震えている。そしてジンジャーはルディの荷物を預る。益々怪しい。

中に入ってみたらロキシーは居ない。小太りの男が椅子に座っていて、こいつはさてはロキシーが教えていた王子だな。そして隣にはリーリャが縛られて倒れている。落とせの命令と共にルディは地下に落とされた。そこには魔法の結界が貼られていて、ルディの魔法が効かない(少なくともこの時点では)。

第7王子パックスによればこの結界はロキシーを囚える為の王宮の結界だそうで、おまえごときでは破れまいと言う。うーん、どうかな。
参考資料

パックスはここにはロキシーが居ないと言う。そして居ないロキシーをおびき寄せる餌としてルディを囚えた。この時点でルディがロキシーの恋人だと思っていた。取り敢えずロキシーが居ないのでNTR展開ではないのは確認したが、パックスはこのあとロキシーをおびき寄せて性奴隷にするとか言い出した。ひでえゲスな奴だった。

しかしリーリャでは餌として価値がなかったらしく、ロキシーが来ない。いや、そんな噂全然聞いてないからロキシーが来る訳ないじゃないかと言うと、じゃあお前はどうして来たのかと問い返される。まさかヒトガミに言われてとは言えない。

ここでルディは疑心暗鬼になる。言われたとおりにしてこのザマだ。ヒトガミに騙されたのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 先輩がうざい後輩の話・第8話 | Start | やくならマグカップも 二番窯・第8話 »