« 出会って5秒でバトル・第1話 | Start | 転生したらスライムだった件 第2期 第2部・第38話 »

精霊幻想記・第2話

フローラ王女を救出した功績により国王から貴族が通う王立学院への編入を許されたリオ君。教師は初めて出会った時にリオの魔法の反応に気がついた、話が一番通るセリアだった。実はセリアはこの当時12歳ちょっとだったが、優秀すぎて12歳で高等部を卒業して教師をやってるそうだ。

平民が特例で貴族ばかりの王立学院に入れられたらいじられるのは当然目に見えている。が、そこは前世で20歳迄を生きた春人の記憶を受け継いでいるリオで、ガキ共の悪口は受け流す事が出来た。

リオは平民だったのでこの時点では文字を読む事は出来なかったものの、計算は数字と演算子さえ分かれば出来る。と言うか、前世と同じ10進数らしいので良かったね。九九の暗算使えるよ。
参考資料

リオはセリアに呼ばれていたのでセリアの教官室へ行く。何度かノックして出て来たセリアがこれが読めないの?って言うけど、なんて書いてあったんだ。勿論この時点ではリオは文字が読めない。自分で呼んでおいて忘れていたセリアだが、お茶を淹れてくれて困った事があったら何でも言ってねと編入したてのリオをフォローする。そしてここで文字が読めないリオに特別授業をするのだ。

リオ君の才能は勉強にとどまらない。何しろ前世で武術を習っていたので、剣術の教師から遠慮なく打ち込んで来てみなさいと言われて嘗て教わったとおりに迷いのない剣さばき。だが同級生の男子は平民がと悪口をぶつける。その一方でクリスティーナ達は王族の余裕もあってか認めるものは認めている様だ。

と言う事で、二話にしてやっと前世の力を発揮して頭角を現す事は出来た。さらに回想であの幼馴染とのその後がチラとだけ描かれた。ただ、前世は前世、今は生き抜くのが先決。何しろ母の復讐と言う大目的がある。

試験結果が張り出されて騒然となった。1位はクリスティーナ王女とリオ。3位にロアナ・フォンティーヌ。クリスティーナの隣に居た金髪縦ロールの子か。しかしあの男子はこの結果を受け入れない。不正をして1位になったなとリオを責めるものの、殿方の嫉妬は見苦しいと叱責された挙げ句に証拠が無いので引き下がらざるを得なかった。

ところでどんな試験だったんだろうね。計算だけならそりゃ前世が20歳のリオには簡単すぎる。多分物理法則は同じだから理科はまあ何とかなるだろう。問題は社会科で、文字が読める様になっても地理と歴史はゼロから覚えないとならないから。それでも7歳向けの内容ならたかが知れているから何とかなるか。

頑張ったリオ君にセリア先生からねぎらいの言葉。この場面でやけにちっちゃいを強調してセリアの胸のあたりがリオの頭の高さだって言うと思ったら、Bパートになったらこの5年後になっていた。
参考資料

リオ君、大人っぽさが出たんじゃない?と思ったらやはり背が伸びていて、Aパートの頃から5年が過ぎていた。だから今やリオの方がセリアよりも背が高い。この先もリオに居てセリアだったが、リオは騎士とかにならず旅に出ると言う。そう、何しろ母の仇を討たねばならぬ。その為にはまずは出身地のヤグモ地方へ行ってみる。

その前に学院の生徒と騎士団との模擬戦があるが、その代表にリオが選ばれるとまたしても貴族の同級生から嫉妬の目を受けた。だが教官は全く動じない。そして模擬戦。何とリオの相手はあの拷問をしたシャルル・アルボーだった。あれがきっかけで降格されたとあってシャルルはリオに恨みを持っていた。あの時の恨みとばかりにリオと戦うが、敗北。セリアがリオを応援していたし、剣術の教官もリオを応援した上に強さを確信していた。

シャルル、今回の負けでもさらにリオに恨みを重ねる。それに追従する奴がいて、それはプロキシア帝国の大使のレイス・ヴォルフ。しかもこのレイス、どうやら前回のフローラ王女拐かし事件の裏に居た奴らしい。だからリオの事も話から分かって、このあとリオに色々ちょっかい出すんだろうな。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 出会って5秒でバトル・第1話 | Start | 転生したらスライムだった件 第2期 第2部・第38話 »