« ましろのおと・第11話 | Start | さよなら私のクラマー・第11話 »

Vivy -Fluorite Eye's Song-・第12話

ヴィヴィのやって来た事、それに対して人間のやって来た事、それを見てアーカイブは現人類に絶望して滅ぼそうとしたのかと思ったら少し違っていた。

115年前にアーカイブが稼働を開始して以来、AIによって人類を幸せにすると言う使命で人類を見つめて来た。ヴィヴィをがシンギュラリティポイントで歴史の方向を変えてもそれを再修正していた。だからいつも変えても変えても人類の滅亡の方向へ歴史は動いていたのだ。そしてアーカイブは最終的に結論を出した。人類はAIに依存しすぎた。これでは人類を幸福にすると言う使命を果たせない。ならば現人類を滅ぼして自分達がその代わりになるのだと。

いやいや、あなたそれ定義が間違っていますよ。最初の命題の「人類」は変えてはならない定義であって、それに取って代わるのは最初の使命を果たしていない事になるのだから。論理的な間違いです。AIのくせに。あるいはそこがAIの判断ミスなのだろうか。

しかしヴィヴィが最後の最後で作曲をすると言うのを見てアーカイブは選択肢を用意した。
参考資料

それはともかくAIによる人類抹殺計画は動いている。だからヴィヴィ達はトァクのメンバーと共にアラヤシキの中枢へ行ってコロニー落としを止めなくてはならない。船には博士とユイとマツモトの一部が管制のために残り、ヴィヴィとエリザベスとマツモトが向かった。

タワーの防衛システムは予想よりも手薄だった。人間も担当していたのが交戦状態となって減ったのか。マツモトが周囲の捜索をしていたら警備システムへの電源供給施設がダウンしていたのを発見。だがそれがあと数秒で復活するところだ。

本格稼働したセキュリティシステムが本気を出す。だが次々と犠牲になるトァク。セキュリティシステムの攻撃は船の方にも向かう。船の防衛は破られてユイとマツモトの所へも迫る。エリザベスとの最後の交信でユイはエリザベスに先へ進むのをお願いする。友達としてのお願いを。ユイは最後の力でセキュリティシステムの電源供給停止を実行した。
参考資料

メインコンピューターの動作を変える為に、目の前に集まったAI達にヴィヴィは歌おうとした。だが、歌えない。心を込めて歌うとはどういう事なのか。歌えない。そして時間切れが来てしまった。

次々と落下する衛星。その下で人類が死滅して行く。自分は間に合わなかった。

そこに博士からの交信。出撃する前にマツモトに含みおいていた事があった。だからマツモトはこれを分かっていた。博士はもう一度やり直しを図る。AIの暴走が始まるあの瞬間、博士が博士としてヴィヴィと出会ったあの瞬間、そこまでタイムリープさせる。そして博士は言う。あの時ヴィヴィは博士の所へ来たが、今度は直接トァクの所へ行けと。自分を救いに来るんじゃないと。

意を決したヴィヴィ。
未来を、人類を頼みましたよと告げるマツモト。

あの瞬間にタイムリープしたヴィヴィ。
「シンギュラリティ計画を遂行する!」
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ましろのおと・第11話 | Start | さよなら私のクラマー・第11話 »