« スーパーカブ・第11話 | Start | ましろのおと・第12話・最終回 »

ゾンビランドサガ リベンジ・第11話

佐賀県を襲った大雨の影響でフランシュシュの館は海に流されてしまった。あれってそう言う描写だったのか。目覚めたさくらがゾンビになってからずっと健康だったのにめまいがするから巽に言わなくちゃと言いつつ外を見たら流されてしまったのを発見。ここで愈々ゾンビ化の時間の限界なのかなと思ったのだが、今回これ以外ではそう言う描写は無し。

ともあれ海に流されて無人島に漂着かなと思われたものの、一応佐賀に漂着。でも館は既にボロボロで、少しの物を持ち出せただけで壊れてしまう。呆然と立ちすくんでいた所を三子として愛が働いていた所のおばさんに案内されて避難所となっていたカチオンモールへ避難。

でも巽が居ないので何とか人間ぽい化粧での避難だった。沢山の避難民が居たが、夜になって子供達が不安になり、みんなで泣き始める。それを見てリリィが立ち上がる。例のスキャットを歌い、それを見た子供達はTVで見た時の様にそれに集中して不安を忘れる。
参考資料

こうしてフランシュシュの避難所での活動が始まった。炊き出しの手伝いをしたり子供達の相手をしたり。

佐賀を中心とした大災害に福岡のTV局が取材に来る。次々と避難民にインタビューしてるうちに、いつも遊んでくれるお姉さんの話が出て、それに気づいた大古場。避難所ではフランシュシュが歌って踊って避難して来てる子供達を癒やしていた。福岡のTV局も良い絵が取れたと言う顔。フランシュシュにもインタビュー。

それを聞いて大古場は思った。あの時巽にお前は私利私欲の為にゾンビ化した少女達を無理やり歌わせている、それを糾弾するのだとあの時は言った。でもこれが無理やり歌わせている姿だろうか。

その頃やっと巽と徐福が救助された。あれ?徐福さん、普通に救急車に乗って大丈夫なの?普通の人間と同じ扱いで大丈夫?

巽はやっと館に向かうものの、流されて土台しか残っていない。途方に暮れて歩きまわっているうちにニュースで館が流された痕跡らしいのが砂浜にあるのを発見。これでやっと手がかりが掴めたが規制線で近づけないのを美沙のボートを発見して乗せて貰った。

巽が未だフランシュシュに辿り着けないうちにとうとうみんなの特殊メイクが崩れだした。その様子を影から見る大古場。あれが素顔のゾンビの顔なのか!顔を何とかと相談していたみんな。そこで思いついた純子。お面を作ろう。人形を作っていたのがヒントになった。

と言う事でお面が出来たんだけど…これは。唖然とする大人達ではあった、子供は手元にある人形と一緒だと喜んだのでくれたのでこれで行こうとしたが、ちょっとジャンプして着地しただけでお面が壊れてしまった。

どやんすどやんすどやんす。こうなったらもう仕方ない。ゾンビだと言うのを明かすかと正面を向いたら、子供達は怖くないからゾンビじゃないと言う。ゾンビじゃなくてフランシュシュ。あのゾンビの素顔を受け入れてくれた。愛はバレちゃったか、ゾンビメイクしたのをと。じゃあ今日はこれで楽しんでねと振り向いた愛がもう涙が溢れて…
参考資料

大古場はもう巽の私利私欲がフランシュシュを生んだとは思えなくなっていた。そこにいきなりの巽。やっと来たか。

今頃来たのかと責めるみんなだったが、巽は特殊メイクをみんなに施しながら俺はリベンジを諦めていない。今は困難な状況だが、やるぞと。

ゾンビを尽くして天命を待つ。

立ち去る巽にさくらが声をかけた。私をアイドルにしてくれてありがとうございました。それで過去のさくらがフラッシュバックする巽。ありがとう乾くんとさくらに言って貰えたあの日、そのさくらが夢を果たせずに交通事故に遭ったあの日、さくらがオーディションを受けようとしていたあの日、巽はたとえ神や悪魔が相手になろうとさくらの夢を叶えてやるのだと思ったあの瞬間。
参考資料

俺はフランシュシュが存在する限り、俺は持ってる男なんじゃい!

災害によってライブどころではない困難な状況だったが、巽とフランシュシュは駅スタライブへ邁進する。TV局が来たのが良い方向へ向かってくれそう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« スーパーカブ・第11話 | Start | ましろのおと・第12話・最終回 »