« ゾンビランドサガ リベンジ・第7話 | Start | Vivy -Fluorite Eye's Song-・第9話 »

ましろのおと・第8話

持病が再発して非常に体調が悪いので当面簡易更新となります。

結、これが終わったら三味線やめるのか。どうせ大会の人数合わせだったと言って。でも今回、この結の朱利に対する思いが交錯する。幼い頃から朱利は一人だった。その朱利をずっと見守る様にして来たのが結。その結の気持ちが爆発した時に朱利の方も結への思いをぶつける。この二人、これで一応本番前の緊張はほぐれたろう。

各県代表の演奏は次々と終わっていく。あのでかい顔していた福岡の潮、強い演奏で会場を魅了した。

そしてマイマイチーム。本命の呼び声高く、音の広がりのある演奏だった。だが総一はああうるせえって顔をしていた。

音の広がりって大俵も言ってたな。
でも音の広がりを開放する為の戦隊ポーズってどうなのよ。

雪はマイマイチームの演奏を聞いてなにか仕掛けるのを考えたらしい。雷と相談の上でそれをぶっつけ本番でやろうとしている。雷は潮が目立っていたのに対抗心を燃やしていたし、それに乗る。

こうしてやっと梅園学園の出番がやって来た。

|

« ゾンビランドサガ リベンジ・第7話 | Start | Vivy -Fluorite Eye's Song-・第9話 »