« ゾンビランドサガ リベンジ・第4話 | Start | Vivy -Fluorite Eye's Song-・第6話 »

ましろのおと・第5話

三味線愛好会が出来てしまった。早速小籔先生は三味線のレンタルをして来る。でも部活をやると言っても何をするのか。インターハイがある訳でもない。と思ったら小籔先生はあのチラシを取り出す。まるでこの部活の開始を見計らったかの様に、梅丸主催津軽三味線甲子園「松吾郎杯」の開催が決まったのだ。

へー、凄いと驚く皆とは別に雪はのけぞる。梅子やりやがった。
参考資料

でもそこに団体戦は5名と書いてある。ここに居るのは雪と朱利と結と海人の四人。と思ったらあの雷が入部する事になっていた。一応手芸部と掛け持ちだけど。

と言う事で雪が教える事になったが、教えるのは難しい。若菜のアドバイスで先ずは六段からやらせろと。練習用三味線に楽譜がついて来たと言う事で朱利が雪に見せるものの、雪は楽譜が読めない。肌で感じて育ったからなあ。

相手は雷を除いて初心者だ。何日か我慢したものの、ダメだった。どちらかと言うと教えられない自分に苛立っていた。初心者の最初の指導なら雷にやらせれば良かったんじゃ。幼い頃から自然と染み付いた雪より雷ならずっと基本を教えられるだろう。

またうつむき加減で部屋に帰った雪。部屋に入ってみたら梅子が居る。すげーべ、大会作るのに金がかかったと。しかし雪は団体戦にしか出ないと言うと梅子が怒る。おまえを優勝させる大会だ、個人戦に出ないと意味がない。梅子、松吾郎の名前が知られていないのに忸怩たる思いだったのだ。どうしても世間に松吾郎の名前を知らしめなければならない。そしてその最初の大会で優勝するのは松吾郎の孫のお前なのだと。梅子は雪の才能もさる事ながら、父松吾郎が世に知られていないのを我慢出来なかったのだ。

津軽三味線甲子園には全国から名だたる高校生が集まる。業界も注目してる。え?そんなに裾野が広いの?そしてきっと津軽大会で若菜をやぶった田沼総一も出て来る。

その総一、あの神木流の師範流絃の息子で、以前清流が流絃を訪れた時に来年はウチの総一が勝つと自信を持っていた息子だ。舞が息せき切って三味線甲子園が行われると家に帰ったが、総一は既に知っていた。そして自信を見せていた。
参考資料

全然うまく行かない部活に小籔先生は清流に助けを求める。駆け出しの部活の顧問がこの世界の第一人者に泣きつくとか恐れを知らぬ話だ。雪に指導させようとしたがうまく行かない。そもそも雪は楽譜が読めなくてこの新節の演奏も正しいのか分からない。そう言うメールにmp3ファイルを添付して送りつけて来た。

清流、抵抗感なくそのmp3ファイルを再生して驚いた。何だこの荒々しい演奏は。ああ、あの時のか。うまく教えられなくて苛立っていた時のだ。以前聴いた凡庸な演奏とは全く違う。雪が分からない。一体何を持ってるのか。だが雪も分からないと言う状態だったのだ。

分からなくなって屋上に居た雪に朱利が話かけて来た。じっちゃの音をみんな自分の背後に見てる。梅子がそう見えた。でも朱利は雪は雪の音を持ってると言う。あのおばあちゃんに演奏してくれた様に。

そこに小籔先生が来た。清流が様子を見に来てくれたのだと。清流は我慢出来なくなって梅園高校迄聴きに来たのだ。でも未だ部員は全然弾けないと言うと、じゃあ弾ける雪のを聴いてみましょうと。ほらほら、ほかはどうでも雪の音を聴きに来たと言うのが露骨に出ている。

しかし雪はそんな事とは知らずに弾き出した。違う、先日苛立って弾いたのとはまた全然違う。誰もがそう思った。でも素人の私にはmp3と今回の、激しさの雰囲気以外は分からなかったな。フレーズと音色が違うと言うんだけど。まあ雷は分かるよね。

そこに清流が加わって来た。清流が入った合奏になった事でまた雪の演奏が変わる。朱利に言わしむればそれは化学反応。清流、以前雪は人によって変わるって言ってたから。でもそれじゃ若菜は雪をもっとどうにか出来なかったのか。幼い頃から一緒すぎてお互いが馴染んだのか。

結局清流が梅園高校の三味線愛好会に残したアドバイスは雪にだけ。いや違った。結がスマホの録音時間を見たら課題曲の持ち時間ぴったり。いやそうはならんやろ。演奏が終わって余韻分も録音するものだ。
参考資料

ともかく清流は基本通りの演奏をして雪を引っ張った。他人に誘導される演奏、雪はどう思ったのか。それはトイレへスキップで行く雪の後ろ姿で明らかだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ゾンビランドサガ リベンジ・第4話 | Start | Vivy -Fluorite Eye's Song-・第6話 »