« ましろのおと・第4話 | Start | さよなら私のクラマー・第4話 »

Vivy -Fluorite Eye's Song-・第5話

あれからまた5年。ヴィヴィの歌はそこそこ評判が良かった。今日もメインステージへ行ける日を目指している。

そして5年目を記念してまたもマツモト登場。今度は技術が少し進歩したのでAIの入れるボディとしてキューブを選んだ。あの熊さんはユズカの所のまま。
参考資料

マツモトに正式なボディが出来たがこの5年のAIの進歩も急速だった。AIがどんどん人間に代わる仕事をこなして行く。アラヤシキもバベルの塔よろしくどんどん高くなる。AIのせいで失業率が悪化。まあこの辺は政治が何とかしなくちゃならない所なのだが。人間しか出来ない物に就業する社会構造にするのが政治の役割。

ともかくこのAIの発展が進みすぎるのを何とかしなくてはならないのが今回のマツモトの指令。そしてそれに従うヴィヴィはそれによって人間とAIの戦争を回避してサンライズに散ったエステラ達に報いる。

と言う事で二人が向かったのは黒塗りの車に追われている車。ヴィヴィは乱暴な腕力で追跡する車を破壊し、マツモトが白い車の運転を奪う。無事黒塗りの車から逃げた白い車に乗り込んだ二人。運転していたのは冴木タツヤ博士。

冴木は海の見える場所へ車を走らせ、沖合の島を見せた。5年前にエステラが献身的な働きで人々を救って以来、AIかくあるべしとどんどん開発が進んだ。正史ではコロニー落としをした最悪のAIと言われていたのに。その結果として生まれたのがあの島で、24時間休み無くAIがAIの部品を製造する島メタルフロートとなった。

この島、アバンでは正史では無人島に大きな廃墟となった植物に包まれた教会があってそこで冴木とAIが結婚していた。だがあのサンライズの事件で正史が大きく変わってこれが今の姿。

正史ではあの島が出来るのは20年後。それを巻き戻すのがマツモトとヴィヴィの使命。

この時、冴木は気づいていた。ヴィヴィがあのディーバなのだと。それを聞いてマツモトが大いに反応。こいつはまずい奴だ。計画に支障をもたらす。だが、ヴィヴィはマツモトの命令に従わない。

とは言っても冴木とマツモトの目的は皮肉にも一致していた。冴木はサンライズの時にはトァクに居たが決別したせいで先程狙われていたのだ。

冴木は自宅に二人を招く。そこには一体のAIグレイスが居た。これもディーバのシスターズ。エステラもシスターズだった。シンギュラリティポイントでは必ずシスターズが居るのは偶然なのかと聞くヴィヴィにマツモトは即答で偶然だと言う。即答すぎて怪しい。

冴木はファージ型の物を提示してこれがメタルフロートを停止させる物だと言う。これを持って自分と一緒に潜入してくれないかと。マツモトがそのファージをチェック。これは自分ですらすぐには作れないよく出来たプログラム。トァクはこれを欲しがっていたから追われていた。だが冴木はトァクがメタルフロートの破壊にまで進めようとしていたから拒絶した。眠らせるだけで良いのだと。

正史ではサンライズ落下事件で人間とAIの関係はどん底に冷え込んだ。それをひっくり返したのが冴木とグレイスの結婚だった。人間とAIの結婚はAIにも価値を見いだす事になる。本当はそれを邪魔するのがマツモトの仕事だったが、メタルフロートがこうなってはそれはどうでも良い事。メタルフロートを停止させたら自立型AIは機能不全になる。グレイスもそうなる事を知って冴木は覚悟の上でこれを作った。但しヴィヴィは特別な処理でそれを回避出来る。うーん、そうだろうか。冴木、グレイスに執着があってそれを容認するとは思えない。
参考資料

船が島に到着したら土木作業用AIが視察団ヴィヴィをお迎え。マザーの指令に従ってM00205はヴィヴィを案内。AI達は無心に(そりゃそうなのだが)自分達の使命を全うする為に働いていた。人間の為に。

そしてM00205と同型機がヴィヴィをサプライズで迎える。精一杯のもてなしの為に。そしてあの歌を歌うのだ。ディーバの歌を。

そこにトァクの侵攻が始まる。エムがマザーとつながったこのタイミングで冴木から貰ったファージを挿入。これでメタルフロートの全AIが停止した…と思ったのに、メタルフロートが再起動。AI達はトァクの迎撃に出撃した。エムの仲間は自らが魚雷となってトァクのボートを撃沈。エム達が望んだ世界を見ずに。
参考資料

ヴィヴィ、海に飛び込んで沈没したボートから人を救助。って、おい、またおまえか、ユウゴかよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ましろのおと・第4話 | Start | さよなら私のクラマー・第4話 »