« 86-エイティシックス-・第1話 | Start | イジらないで、長瀞さん・第1話 »

シャドーハウス・第1話

こりゃまたちょっと変わった設定。
シャドー家の人間には世話をする生き人形が一体備わる。

そしてそのシャドー家の人間は真っ黒なのだ。心に不安などがあると頭から炭が立ち上る。そしてシャドー家の人間が触るとそこには炭が着く。生きてる炭みたいなものだ。

そしてシャドー家の人間はそんな訳なのでお世話する生き人形は主人の似姿と言うか、代わりの姿をとっている。背格好などが生き写し。

そんなシャドー家のケイトと、その世話係の生き人形エミリコの生活が第1話で始まる。ケイト様の為にと作られて間もない身体で一生懸命働くエミリコ。やがてそんなエミリコを見てケイトも横顔でしか分からないが微笑む様になっていた。
参考資料

とは言ってもシャドー家の人間や生き人形にも色々ありそうで、エミリコが窓から手を振った相手はギロリと睨む生き人形。これはこのまま平穏ではすまなそう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 86-エイティシックス-・第1話 | Start | イジらないで、長瀞さん・第1話 »