« 回復術士のやり直し・第12話・最終回 | Start | SSSS.DYNAZENON・第1話 »

ゆるキャン△ SEASON2・第13話・最終回

だるま山からの日の出を見て愈々伊豆キャンも最終日。

先ずは伊東の飯田酒店へ。西伊豆からだと山梨に帰りやすいが、東伊豆だと一旦離れる事になるから、と言う訳だと思うリンは原付きをキャンプ場に置かせてもらって鳥羽先生の車に同乗。

飯田酒店ではちょこちゃんもお出迎え。なでしことリンは写真で見ただけだったのでこれがちょこちゃんかと撫でようとしたがちょこちゃん、千明や恵那達の方へ行ってしまった。あの時に馴れたのかな。
参考資料

お酒を買って大室山へ。ここ、あまんちゅで知った所だ。山焼きも。大室山もジオスポットだったのか。リフトに乗って大室山の山頂へ。大室山程度なら足で登れとヤマノススメ脳が語ったが、標高が580mだそうでそれって顔振峠よりも少し高くて、一般人に登れって言ってもちょっと辛いか。

はい、撮ります!ってあれは無差別にいきなり撮られるのか。しかもさらされるのか。びっくり顔のなでしことリン。
参考資料

千明、懲りもせず山頂に競争だと言うのだが、フェイクで二人だけ走らせたつもりになっていた。ところがリンもあおいも恵那も走り出したので否応なく自分も走る事に。またへばるのか。

なでしこ、三角点を発見。登山してるとおなじみの三角点で、真上から+だけ撮るよりも、斜め上から「n等三角点」っての撮っておいた方がいい。大室山は三等三角点らしい。でも+はこのあとなでしこ達の流行りになった。それ現実では無理。

次は伊東サボテンパーク(シャボテン公園)。大室山の麓にあるのか。名前だけは知っていた。東伊豆を車で運転してると盛んに看板があったので。その頃はサボテンだけがあるのかなあと思っていたけど、入口から既に放し飼い…じゃなくて逃げ出したらしい。

サボテンが色々ある所なのかと思っていたら、今って色々な動物も飼われているんだ。やはりゆるキャンでも描かれるのは動物ばかりで一般人は植物にはそうは興味を惹かれないか。だからカピバラの件もこのゆるキャン見る迄知らなかった。

カピバラ温泉目掛けて走り出すあかりと千明。そしてまたコケるなでしこ。ここ、平らじゃん。

そして一般人はカピバラの入浴に癒やされる。撫でても癒やされる。
カピバラのお土産も大量にある。パーカー高そうだな。どれもこれも迷うあかりだが、当然幾らあっても足りない。千明に未だお年玉貰ってないと要求した。もう二ヶ月経っとるでー。

今回の伊豆キャンでジオスポットを12箇所巡ったものの、全部で100箇所以上あるとの事。そんなにあるのかよ。本当にスポットなんだな。ここまで大室山とかでかい物ばかり見たけど、ちょっとしたスポットもあるのか。

お土産を買いに道の駅だるま山高原に寄り、この先でリンと鳥羽先生の車は別行動となる。原付きでは修善寺道路を走れないのだそうだ。修善寺ICでお別れ。なでしこがリンの写真を撮るんだけど作品によってはこれフラグになるぞ。

鳥羽先生の車は伊豆半島を離れつつあった。楽しかった三日間が感慨深い。そしてなでしこの家は身延だから真っ先に到着。一方でリンの方は下道を走った事もあって時間がかかって渋滞にも巻き込まれもう夜に。

なでしこは早々と帰宅したので父から預かったお金で買った大量のお土産を開陳。本当にどれだけ渡したんだ。
参考資料

その頃になると千明やあおいも恵那も帰宅。ところがリンは先の理由で未だ未だ帰っていない。リンにメッセージ送っても返事無し。いたたまれなくなったなでしこが姉の方に振り向く。それで察する桜。

桜に国道迄送って貰い、リンの通過待ちを待ち構える。返事が無いから心配だと言うなでしこに、そこまで心配する物じゃと思ったリンだったが、あの時心配して駆けつけた自分を思い出す。お互い様。とても良いお互い様。

二人でしみじみと伊豆キャンを振り返る。
なでしこ「(ゆるキャンが)終わっちゃうのってさみしいね」
リン「また行けばいいんだよ(三期やればいいんだよ)」
と聞こえた。
三期やってくれるよね。
その前に劇場版か。
劇場版やっても三期やってくれるよね。

でも寂しいは寂しいよ。
あんなにゆるキャン楽しかったのだから。
参考資料

ゆるキャン今期も楽しかった。
だから何度も書いたけどまた新作やってね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 回復術士のやり直し・第12話・最終回 | Start | SSSS.DYNAZENON・第1話 »