« 俺だけ入れる隠しダンジョン・第11話 | Start | 無職転生~異世界行ったら本気だす~・第11話・第1クール最終回 »

ホリミヤ・第11話

なにげにまわりに一人っ子多いよね。
一人っ子を別物扱いするのって今でもそうなの?今だと兄弟姉妹居ない子の方が多いって事はないの?私が小学生だった頃は未だ少子化が進んでいなくて一人っ子が珍しくて、そして私は一人っ子だったので一人っ子を別物扱いする風潮をちょっと嫌に感じていた。あの子は兄弟姉妹が居ないからねえみたいな。当然そんな風潮を受け入れる私ではなくて、一人の方が色々良いんだぞと子供ながらに思っていた。

ところが井浦に妹が居ると聞いて、ちょっと驚く一同。確かに陽気で軽い井浦君の妹ってどんなのだろうかと。

柳がホリミヤ達の輪の中に入り始めた。でもちょっと仙石とキャラがかぶってるところがあって一瞬あれ?と思った。髪の色、髪型、ちょっと硬い雰囲気。

ところで男子だけで集まってるこの場面で思ったけど、石川だけが一人だけ頭飛び抜けて背が高い。石川ってそんなに背が高いんだと思ったらそうじゃなかった。宮村と柳で169cmと168cmでどうのこうの言ってるのを河野に窘められる。と言う事でWikipedia見てみたら石川が174cmだった。あれ、じゃあ私があそこに入ったら石川君級になるのか。今の高校生男子って平均身長がもっと高いんじゃ、と調べたら170cm前後だった。ちゃんと平均値で設定されてるのか。
参考資料

沢田が宮村には慣れた。他の男子も宮村の友達の範囲だとまあまあ大丈夫になっていた。しかし井浦はダメだ。うるさいさわがしい。なんて思っていたのに、ある日井浦が風邪をひいて静かになった時に化学室への荷物運びをやってくれてかなり印象が変わる。まあ一度元の木阿弥になるけど。

さて今回の本題。井浦の話がいくつか出た訳だけど、その妹との関係性。

井浦妹の基子、東高校を受験したいと進路希望で書いたら先生にお前じゃ無理と、けんもほろろに言われた。これは基子には笑われたと言う印象だ。ところで「平均だから」ってのは基子の学校の平均だと東高校は難しいって意味だったのか。あとで兄秀が片桐に来いよと言っていたから東よりは片桐の方が入りやすいみたいだ。そして進藤の行ってる八阪が地域の有名校と言われていたので東よりも難関校かな。

そんな事を先生に言われてしまった基子が悲しみに暮れていて、夕食要らないと言うと秀は志望校で笑われるのと夕食を食べないのは別の話だ、食べろと言う。先生が笑ったのは東に見合わないと言う雰囲気で笑ったと言うのを知った秀が怒る。誰だ笑ったのは。基子がどれだけ頑張っているのかは自分が知っている。それを笑う奴は俺が殴ってやると。
参考資料

それにしても、成績が上がらないと言うのは大抵の場合はやってる様で実はそんなにやってないと言う場合が多いのだが、描写された基子は懸命にやってるのであれはテスト勉強を本人はしてるつもりでもそうなってないパターンだ。顕著なのは教科書や参考書にマーカーを引いて満足しちゃダメ。それはマーカーを引くと言う作業をしてるだけなので。その時に吸収する事を心がけないと。そっちに重点を置くと自ずとマーカーはあまり引かなくなると思う。このじいさんが基子ちゃんを助けたい。

それはさておき、立派なお兄ちゃんの秀。どうして学校と家とでこれだけ違うのか。基子が居ると兄の自覚が自動的に発動するのかな。

と言う事で秀は基子を堀の所へ送り込む。片桐で勉強できてる堀ならどうダメなのかを見つけて教えてくれるだろうと言うのを期待したのだろう。それに堀、そして宮村や弟の創太がきっと基子の固くなってしまった部分をほぐしてくれるだろうし。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 俺だけ入れる隠しダンジョン・第11話 | Start | 無職転生~異世界行ったら本気だす~・第11話・第1クール最終回 »