« ワンダーエッグ・プライオリティ・第9話 | Start | ゆるキャン△ SEASON2・第10話 »

回復術士のやり直し・第9話

自分だって大人だからそんな事出来るもん。
なんだかのんのんびよりで似た様な事を言うちっこいお姉ちゃんが居たな。そしてそう言う子に限っていざとなるとおかあさーんとか言うのだ。いや、流石に魔王候補がそれはどうなのか。

美味しい朝食。朝から運動したから美味しい。旅で食事は2番目の楽しみ。1番目はアレ。ここでイヴが涙したのはホッとしたからだろうか。
参考資料

ここで改めてケヤルガからイヴへの提案。イヴが魔王になる迄の保護、そして望むなら現魔王を殺しても良い。その見返りに魔王の心臓が欲しい。それが賢者の石なの?そしてイヴが魔王になったら人間との停戦協定が結べる。提案内容は全て素晴らしい。

でもやはり納得しかねるイヴは自分の身体目当てなのかと言うが、その身体の代わりに大事なフレイアとセツナを危険な目に遭わせるとでも思っているのかと。これも理屈が合ってる。

イヴは黒翼族。なら魔物を使役出来る筈だが、どんな魔物を使役出来るのか。居るけど扱うには試練が必要。おや、エミリアさんですか。試練があるなら協力すると言うケヤルガ。この先の戦いを考えるとちゃんと戦力は確保したい。

魔物と言うより神様だと言う。死病の神鳥カラドリウス。疫病を一気に吸い上げる事も出来るし、一方で疫病を齎して一国を滅ぼす事も出来る。それ相手に試練をくぐるとあれば、病に打ち勝てなくてはならない。そして幸いにもケヤルガは回復術師なのだ。こんなうまい取り合わせは無いではないか。
参考資料

すぐに会いに行きたいと言うから、ひょっとして今回もうその試練があるのかなと思ったが、その前にやる事があった。それが今回のサブタイだったんだなあ。サブタイだけ見た時は単なるコメディ回かと思った。試練は星のめぐりも必要なので試練は未だ先。

と言う事で今回は情報収集。イヴをフレイアとセツナに任せてケヤルガは街へ。勿論顔は変えて。顔を変えてもその服装じゃと思ったけど、別の服も持ってるんだ。そして例の酒場へ。折角の美味しい店だったのにと憤るケヤルガ。食べ物の恨みははらさねば。結構安直な恨みだった。

だがそこを狙われる。そりゃそうだろう、見た目だけ変えても匂いを変えてないとああ言う連中は誤魔化しきれない。でも向こうから突っかかって来たのだからもう完全に情け容赦無い復讐が出来る。

買い物も済ませて帰宅。新しい服を買って来たからと、今の服を全部脱いで洗濯へ。そしてここから今回の営みタイム。イヴは別の部屋へ行ってろと。中の声を聞きながら、イヴちゃんはロキシーと同じ事を。その雰囲気を察してケヤルガはもうひと押しかなと。

そして夜襲へ。セツナによって匂いを辿って昼間に襲って来た狂牛族のテントへ。あの魔獣が居たので媚薬の原液を投げつけたら魔獣が狂牛族を襲ってしまった。さらにそこに残りの狂牛族が来たのでそいつらも片付ける。もう皆殺しかなと思ったら、手足を動けない状態にして穴に放り込んだ。

穴の周りを凍らせて這い登れない様にしておく。気がついた狂牛族は自分達が生きてる事で何か知りたい事があるのだろうと。なかなか頭が働く。そのとおりで、魔王候補がここに居るのを他に知ってる奴がいるのかとケヤルガは問う。ちゃんと喋ったら助け出してやると。

狂牛族は自分達だけだ。他の者には絶対漏らさないから助けてくれと言うが、ケヤルガさん、確かに約束は果たそう、一週間後に。一週間後じゃ餓死すると言うが、その前に一緒に放り込まれた魔獣が気がついてしまう。手足が動かせないから魔獣を倒す事も出来ずに餓死の前に良いようにされてしまう狂牛族。ああ、復讐って楽しいなと晴れやかに笑うケヤルガ。

取り敢えず襲撃者は片付けておいて、でも襲撃者が来るかもしれないと宿では一室しかとらないでまた今晩もイヴに見せつけるケヤルガさんであった。二回目の営み無かったか。

翌日はフレイアと魔法の杖を買いに道具屋へ。あの時、ピシっと割れちゃったからね。一応修復はしたけど。道具屋が単なるモブの顔じゃないと思ったけど、ここでフレイアが魔力の充填をして見せたり、その時の不具合をケヤルガが修復したりですっかり感心する道具屋。同じ杖がもう二つあるからやってくれないか、払った金額の1/3を戻すと言うが、1/2にしろと交渉するケヤルガ。まあ分かってる奴にはかなわないと1/2で交渉が成立した上に道具屋はおまけとしてミスリルの剣もくれた。この道具屋とは先々も付き合いできそう。

そんな時に何か街が騒がしくなった。ジオラル王国軍が入城して来たのだ。あのノルン、最も狡猾な毒婦が。毒婦って、滅多に聞かない単語で来たな。

そして行軍の中に見つけたのは一週目で散々な仕打ちをしてくれた剣の勇者ブレイドだった。次の標的はあいつか。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ワンダーエッグ・プライオリティ・第9話 | Start | ゆるキャン△ SEASON2・第10話 »