« 回復術士のやり直し・第9話 | Start | 俺だけ入れる隠しダンジョン・第10話 »

ゆるキャン△ SEASON2・第10話

愈々伊豆キャン開始。前日の夜に寝られなかったなでしこが目の下にくまを作っているが、大丈夫今日はずっと寝ないよーと言っていたのに案の定寝てしまった。しかもずっと。

ジオパーク巡りはリンもしていて先ずは大瀬崎。あそこって単なる砂州じゃなくて先端に円形の淡水の神池があるんだよね。そしてなでしこの目バッキバキの写真が送られて来た頃には下田迄あと50km。

リンが西伊豆の海岸沿いを南下していたのに対して鳥羽先生の車は天城越え。河津七滝ループ橋を走っていた。因みに「七滝」って「ななだる」と読む。

リンは早くも龍宮窟に到着。ここって夏色キセキの舞台探訪で行っていて懐かしい。同じ様な絵を撮ってた。鳥羽先生の車が河津の河津桜まつりの大渋滞に巻き込まれてるうちに、リンは龍宮窟から下田市街に到着。ちょっと遅れると言われたのでこれまた夏色キセキで登場したまどか浜海遊公園にて足湯に入りながら黒船の遊覧船を眺める。
参考資料

なでしこはやっと目を覚ましたのだが、ほらふき姉妹によって二日間寝てたから今から山梨に帰る所だとうそやでーされていた。
参考資料

まどか浜海遊公園の隣の道の駅開国下田みなとに車を駐めてみんなで下田バーガーへ。ここも夏色キセキで登場した店で、しかもアングルが同じと言う。赤い古い郵便ポストも健在なんだな。

キンメダイバーガーを食べたら今度はキャンプの買い出し。あれ、とうきゅうストアじゃないのか。マックスバリュだった。その後はキンメダイの干物。同時に千明達はなでしことあおいの誕生日準備の伊勢エビを買おうとしたが、高いらしい。そこで鳥羽先生を唆す作戦を千明は考えたが、既に恵那がネゴつけていたのであっさりと買ってくれている。ところで海老も干物になるんだ。

次は爪木崎へ。冬なら海岸で野営出来ると言うので向かっていた。爪木崎は場所そのものも良いしね。ところがキャンプ禁止になっていた。地主の意向で禁止になってしまったそうだ。

爪木崎でキャンプ出来ないとなって鳥羽先生は懸命に代替地を探していた。早目に探さないと管理人が居なくなっちゃうから山中湖みたいな車中泊になっちゃうかも。と言う事でここであの山中湖の時に知り合いになった伊東の酒屋の飯田さんに場所を紹介して貰う。その結果、西伊豆のキャンプ場に。

するとルートの組み立て直し。明日は例の堂ヶ島トンボロを見るから近いかもと思ったが、それとは別に東伊豆のどこかが遠くなる。ここでリンがルート提案。今日東伊豆に行ってから西伊豆のキャンプ場へ。明日は西伊豆キャンプ場から堂ヶ島に行って戸田峠付近のキャンプ場へ。明後日はそこから伊東へと言うルート。

と言う事で東伊豆町へ。オレンヂセンター(駅)に寄ってから。これってまた河津桜まつりの渋滞に突っ込んだんじゃないのか。その後は稲取辺りから細野高原へ。こんな所あるんだな。本当に高原ぽい。
参考資料

三筋山山頂駐車場に到着して、山頂迄15分の短い登山へ。リン、ヤマノススメにもちょっと興味あるのか。

一方、なでしことあかりと千明は山頂迄の競争をする事になった。バイトで鍛えた脚を見せてやると、賭けをした千明だったのに、そう言うのって絶対駄目フラグなんだと思ったら案の定途中でへたばっていた。この場面、のんのんびよりで見た事あるのん。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 回復術士のやり直し・第9話 | Start | 俺だけ入れる隠しダンジョン・第10話 »