« ゆるキャン△ SEASON2・第8話 | Start | ホリミヤ・第8話 »

俺だけ入れる隠しダンジョン・第8話

7層は見た目は緑の茂るのどかそうな場所だった。だがやはりレベルの高い魔物が居て群れて何かを貪り食っていた。シルバーウルフはLV158。ノルの倍はある。しかも群れだし。

これは敵わないと引き下がったノルに声をかける者ありけり。見た目は小さな女の子で、それよりもエマの幼い頃に似ていた。その子はドリアードと言って、本体は7層全域に根をはる大樹。ノルを見かけてこの姿を用意したと言うから、まさか記憶を見てエマを再現したのかと思ったものの、そうじゃない。ロリコンと見られたか。
参考資料

ドリ(ドリアード)の頼みは夜な夜な自分を吸いに来る魔物から助けて欲しいと言うもの。そのお礼にレアアイテムの場所と8層への階段を教えてくれると言う。

そう言われて本体の大樹の方へ行ってみると巨木に針を突き刺してチュウチュウ魔力を吸っているゴールデンビーが居た。これをやられたらドリが倒れるものの、幼女の方をさすってもどうにもならんが。ノルがゴールデンビーのレベルを見たらLV256(なにこのキリの良い数字)。ノルの4倍。これでは瞬殺されてしまう。ノルは一旦は出来ないと言った。ドリも無理を言ってごめんなさいと、8層に行く階段だけでも教えようとしたが、ドリが衰弱しているのを見て口惜しさに唇を噛む。うん、出血した場所が唇に見えないけど。それをドリがペロペロ舐めてLP増大。これを見て、この時はドリのペロペロでLPを大いに増やしてスキル創作を工夫してゴールデンビーを倒すのかと思ったが、違った。オリヴィアの所へ行ってゴールデンビーを倒す方法を聞いた。

オリヴィアは弟子が困って師匠に頼るイベントキターと喜ぶものの、正直な話ノルには今回は関わって欲しくなかった。死ぬのだけは許せない。つまりそれだけ強敵って事ですか。
参考資料

それでもエマの幼い頃の様なドリをこのまま見殺しにしては今後エマとまともに顔を合わせられない、何とか助けたいと言う。それではと7層の魔物の様子をノルに聞いたオリヴィアはシルバーウルフを使う作戦をノルに授けた。シルバーウルフ、無駄に登場した訳じゃなかったんだな。

先ずゴールデンビーに「敵意を抱く者から狙われやすくなる」と言う標的属性を与える。そうしておいてシルバーウルフの挑発へ。石を投げてゴールデンビーの巣に誘導しようと言うのだ。オリヴィアが名付けて「昨日の敵は今日の駒」作戦。いや、てっきり「夷を以て夷を制す」かと思ったよ。

しかしシルバーウルフは速い。何とか目くらましで少し時間を稼いだが、ノルが巣の方へ走る途中でゴールデンビーがまたもドリの本体を襲っていた。夜な夜なじゃなかったのか。これで頭に血が上ったノルはゴールデンビーに突撃するが、ゴールデンビーの動きが素早くて攻撃が当たらない。そのうちにシルバーウルフもやって来て、まさに前門の虎後門の狼。

だがここでノルがゴールデンビーの属性を編集。「特にシルバーウルフから天敵だと判断される」を付与したのでシルバーウルフは全頭がゴールデンビーに襲いかかる。しかしゴールデンビーはレベルが高くてシルバーウルフを倒してしまった流石256。とは言ってもシルバーウルフとの戦いでゴールデンビーもボロボロ。今ならやれる。ノルの水と雷の合体攻撃で倒した。

何とかドリも無事で、助かったドリはレアアイテムの場所を教えてくれて、狭いからと自分で取って来てくれてこれでレアアイテムを手に入れた。そして到底自分では見つけられそうになかった8層へも階段も教えて貰えた。
参考資料

このレアアイテムをギルドに申告して愈々今月の受付嬢ランキング発表。担当冒険者がコインを重ねていくと言う見世物として行われ、辛うじてノルが一枚差で勝った。

不正があったと文句を言うサラだったが、そんな証拠などあろう筈が無い。連勝が止まったと嘆くサラに2位じゃだめなんですか?と慰めたら、すかさず夜のお誘いカードを掴まされローラがおかんむり。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ゆるキャン△ SEASON2・第8話 | Start | ホリミヤ・第8話 »