« ワンダーエッグ・プライオリティ・第4話 | Start | ゆるキャン△ SEASON2・第5話 »

回復術士のやり直し・第4話

良い買い物をしたと立ち去ろうとしたケヤルガに奴隷商は近々氷狼族が大量入荷する予定なのでまた来て下さいと言う。わざわざそんな事を描くと言う事はこれに何か関係する話となるのかなと思ったらもろに関係した。

セツナを宿に連れて帰って弱った身体をヒールする。手を当てるだけでは足りないのかポーションを口移しで飲ませた、フレイアの前で。随分とはばからないなと思ったけど、これが策略だったとはなあ。
参考資料

ヒールをすると相手の過去の経験が流れ込んで来る。それでケヤルガはセツナの過去を知った。随分と鍛錬したのにセツナは強くなれない。そんな時に人間が村に迫って来ていた。このままでは村が見つかって襲撃されてしまう。そう思ってそこに居た氷狼族のみんなが襲いかかったが一蹴される。気絶して口を割る間も無かったセツナだが、その間に拷問を受けた仲間が口を割ったものの、その後殺されているのを見た。セツナはもう用済みなので奴隷に売られた、と言うのがケヤルガと出会う迄のセツナ。

このセツナの記憶と、フレイアを殺した様に見せかけて連れ出した時に近衛騎士隊長のレナードの記憶の記憶の傭兵団を装ったジオラル王国の部隊が亜人の村を襲撃して奴隷に売り払うと言う行為が行われているのとを組み合わせ、近々その部隊がセツナの氷狼族の村を襲うのだろうと理解する。

ここでニヤリと王女様に自分の国の兵士を殺させるかと。

セツナは未だ寝たまま。その間にケヤルガはあの商人 とポーションの追加取引をした。レドラ・ゴルドマンに値付けはそちらに任せると言っておいたが、ゴルドマンはポーション一個金貨10枚とする事にした。その対価を貰ってポーションを引き渡す。

取引は何事も起きずに終了。おや、何かしでかすのではと思ったけど、ケヤルガもそれがあるかもと思ったけど、無事に終わり。

宿に戻ってケヤルガはまたセツナに口移しでポーションを飲ませる。セツナはやっと気がつくが唇を奪われていて何をするのかとケヤルガをはねのけた。だがここでフレイアに見せつけておいたのが役に立ったのだ。フレイアはセツナに怒る。ケヤルガがどれだけ献身的にポーションを使って看病していたのかと。第三者から言われたら反応も違う。確かに身体が楽になっていた。だからセツナはフレイアの言葉を信じた。ケヤルガ、計画通り。

セツナの快復祝に食事を用意しようと、ケヤルガはフレイアに食料の買い出しに行かせる。おやおや、二人きりになったところでナニかやるな。
参考資料

二人きりになったところでセツナの方が動いた。氷狼族は受けた恩は必ず返す。だが今はどうしても行かねばならぬ所があるとケヤルガに襲いかかった。でもセツナ弱いんだよね。一方でケヤルガは強い。あっと言う間にねじ伏せられ、ただの錬金術師にすら敵わないお前が行っても何の役にも立たないぞと。セツナは悔しいが言い返せなかった。

そこでケヤルガさんからの提案。セツナは能力の器が小さい。だからどんなに修練を積んでも強くなれなかった。だが自分ならその器を大きくしてやる事が出来る。さあ選べ、そう言う未来を掴むのかどうか。未来を掴んでみろ、しごいてみろ、咥えて舐めてみろ。

それが未来棒ですか、そうですか。
でもこれで確かにセツナの器は大きくなった感覚が生まれる。

次にその大きくなった器に能力を直接注入だ。
と言う事で注入行為開始。フレイアを追い出しておいただけの事はある。

器を拡大され能力を注入され強くなったセツナ。ケヤルガやフレイアと共に氷狼族の村へ。すんでの所で村は襲撃されるところ。兵達は捕まえた氷狼族の捕虜を村の前でいたぶって見せる。これに怒った氷狼族が籠城から飛び出すのを狙っていたのだ。怒ったのはセツナも同じ。今にも飛び出そうなのをケヤルガは「待て」を命じる。

そのうちに氷狼族が村から飛び出した。待っていた兵達との戦いになり犠牲も出る。ここでやっと正義の剣の勇者登場です。ケヤルガが戦いの中に飛び込んでこの様な乱暴狼藉は許せぬ、成敗してくれると兵達を切り刻む。慌てた兵達は飛び道具でケヤルガを倒そうとしたが、ここでフレイアの魔術発動。人間が使えうる最上級の魔術によって兵達を焼き尽くす。兵が減ったところでセツナの出動。強くなったセツナが次々と兵を殺して行く。セツナの奮戦に氷狼族も奮い起ち、こうして傭兵団に偽装した王国兵は壊滅した。

セツナの戦いを見てケヤルガも大満足。こいつ復讐が出来る事に喜んでやがる。

セツナとの約束を果たして、ケヤルガは死んだ魔物が水源に毒を吐いている場所へ連れて行く。これをどうしたいのかとセツナに問う。このまま毒を強くして人間を殺しても良いし、魔物を引き上げて水を浄化しても良い。セツナは後者を選んだ。その理由は人間は苦しんでも良いが、嘗ての自分みたいな人間以外もそれに巻き込まれる、それは嫌だと言うのと同時に、倒したい人間は自分の手で殺したいと。この返事に大満足のケヤルガ、魔物を引き上げて水を浄化した。

あ、いや、それだと大金を出してポーションを買ったゴルドマンさんが怒り狂いそうですね。

ケヤルガの信念では自分に害をなそうとする人間は倒すが、無害の人間には手を出さない。今回はセツナの復讐の手助けだから手をだした。すると怒ったゴルドマンが襲って来たらその時にやるんだろう。

そしてケヤルガは思う。そもそもフレアを生んだこの国が腐っているのではないか。あの兵士達もそうだ。だったら自分の大目標はこの王国を倒す事ではないのかと。

最後にケヤルガはセツナの真名を聞くのだが、単に聞くのではなくてセツナを完全に自分に従わせる行為の中で聞くんだね。流石、ヒール。

一方で王国では前回ケヤルにされていたのは実はレナードと露見。王はレナードを赦しその手で真犯人をやれと命令。ケヤルガの方にあちらから迫って来そう。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ワンダーエッグ・プライオリティ・第4話 | Start | ゆるキャン△ SEASON2・第5話 »