« 回復術士のやり直し・第6話 | Start | 俺だけ入れる隠しダンジョン・第7話 »

ゆるキャン△ SEASON2・第7話

なでしこの幸せそうな笑顔。人生、こう言う笑顔で過ごしたい。
参考資料
そして西富士宮駅に到着するんだけど、この周辺ってこの後の話の流れで出た?

前回の最後でなでしこがリンに自分もソロキャンやってみたいと宣言して始まった今回のリンのソロキャン。時間は少し戻って図書室でなでしこと恵那がこの間の山中湖キャンプの写真を見てる。この時はリンが鳥羽先生に連絡してくれたおかげで助かった。勿論伊東で酒屋をやっているおじさんとお姉さんにも助けられた。

リンに助けられて、これからはしまりん様と崇めなくちゃと例のお賽銭箱へ。

今日は千明もあおいもバイトなので野クルの活動が無い。と言う事でなでしこが三人で野クルの活動やろうとしれっとリンも入れてみるが、でも恵那はバイトなのだそうだ。恵那までバイトか。これで登場人物の女子高生は全員バイトしてるのか。

今週末バイトが無いからソロキャンに行こうとなでしこは思っている。ソロキャンをやるきっかけはリンの言葉。でもリンは知らないうちに焚き付けていたのかと思う。取り敢えずリンにソロキャンのやり方を伝授して貰う。

そもそもどうやってキャンプ場決めてるのか。ぐるぐるマップ(先日ストリートビューを見たやつか)で何となく場所を見てみて、そこから情報を辿って行く。あと、キャンパーのブログを見て実際にどうなのかの情報を集める。

ソロキャンである以上、姉の桜に送って貰わずに自力でキャンプ場迄行く。それにソロキャンって言ったら桜から何を言われるか分からないし。リンみたいに免許取ってバイクであちこち行きたいなと呟くなでしこだが、過去のなでしこからコケそうガス欠になりそう道を間違えそうと、それはダメだな顔で睨むリン。
参考資料

ここでしまりんのキャンプ講座。
1.電波が通じるキャンプ場を選ぶ
2.家族や知人に行き先を言っておく
3.じっくり下調べをする
4.天気予報を確認しておく(先日千明達が気温を確認しないで危なかった)
5.キャンプ場でやる事を決めておく

1以外はヤマノススメ的な登山でも共通。やる事と言うか、行く先で何を期待するのかを持っていた方が良い。行くだけでも目的ではるけど、山登りの場合は。

天気予報に関しては私は一週間前から気象協会と気象庁とウェザーニューズの三つで当日の予報がどう変遷するかで当日本当のところどうなるのかを見てる。それでも天気予報に裏切られる事はままあるけど。

鳥羽先生が山中湖で教えて貰ったお酒を眺めていたら隣の大町先生がそのお酒を見て伊豆のキャンプも良いと教えてくれた。伊豆半島は温かいし。どんどん今期のメインと思しき伊豆半島要素が増えて来た。酒店は伊豆高原桜並木通りの飯田酒店だそうだ。桜並木通りって「あまんちゅ!」の舞台だった所?

家に戻ってソロキャンすると切り出したなでしこ。案の定桜から睨まれたもののあっさり認められた。でもスマホにあっさり見守りアプリ入れられたw

なでしこはリンに言われたソロキャン五箇条を着実にこなして行く。鳥羽先生の日本史の黒田節の授業中にやりたい事をメモしながら。

こうしてソロキャンへ出発。やっぱりキャンプの荷物って多いな。あれって何kgあるんだろう。

同じ週末にバイトが無いリンは一人で赤沢宿に来ていた。やはりバイクあると行動が自由だな。恵那も起きていない朝から行動開始したので古民家カフェが開いてるか分からなかったが、既にやっている。赤沢宿って身延山の西側なのか。

古民家カフェでまったりしている時、なでしこからは富士宮到着のお知らせ。
ああ、そうなのか。アバンでなでしこが西富士宮駅に到着って言ってその後この富士山本宮浅間大社迄来たのか。
参考資料

なでしこはお参りを済ませて早速富士宮の焼きそばへ。沿道に既に焼きそばのお店があるものの、ここはぐっとこらえて桜が教えてくれた店へ。でも行列だった。

リンが赤沢宿から下界へ。道端の警官人形も\キヲツケロヨー/
でも山梨の奥まで行ってみると言う言葉で、赤沢宿からは北上して早川の渓谷に突入していた。湯島の大スギの前で桜の車らしき物を目撃。さらに北上して奈良田湖に到着。やはり桜の車が停まっている。

なでしこ、やっとお店に入るものの、注文するの決めてなかったのか、周りが五目しぐれを注文するのに倣って五目しぐれを注文。なんだかお好み焼きに沢山乗せる物らしい。それを見て美味しそうにするので大将も大変だ。そして出来上がったのを食べて嬉しそうにするので大将もご機嫌だ。なでしこの一人外食デビュー。カレンの一人ラーメンデビューみたいなものか。

なでしこのしぐれ焼きが送られて来た頃、リンの方は桜に発見されて一緒に古民家カフェへ入っていた。でもなでしこの姉とどんな話題をしたらよいのか硬くなっていたが、以前なでしこから聞いた「原付きの旅」の話をふったら勢いよく食いついて来た。

桜との話の中でリンが今日のキャンプ地の目標は雨畑湖と言っていたが、それってまた戻って南下するのか。

桜はそのまま奈良田湖温泉女王の湯(実際は女帝の湯らしい)へ。
たまに一人で出かけるって言うけど、本当に行動がソロなんだなあ。

なでしこは買い出しを済ませて愈々富士川駅からキャンプ場迄5.5kmの道を歩き始める。
え?それだけの荷物を背負って5.5km、山道を登るんですか?
流石に登山道じゃないみたいだけど、天覚山に携帯コンロ担いで登ってバテたあおいちゃんと言う前例があるが大丈夫かな。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 回復術士のやり直し・第6話 | Start | 俺だけ入れる隠しダンジョン・第7話 »