« ウマ娘 プリティーダービー Season 2・第2話 | Start | 回復術士のやり直し・第1話 »

ワンダーエッグ・プライオリティ・第1話

夜間パーカーを着て彷徨う女の子大戸アイ。虫の死骸を見つけて弔ったら虫が話しかけて来た。それにしても世間一般って動物には優しいのに植物には邪険だよね。虫を弔うのに墓標として木の枝を平気で折るんだから。

そして目が覚めるアイ。寝返りをうったら背中に卵が。昔背中が痛い時に整形外科のリハビリの人からテニスボールを背中に置いてみてと言われたけど、あれってかなり痛いので卵があったら多分絶対気がつく。

あれは夢じゃなかったんだと思うアイ。でもこの卵をどうしよう。いや、普通は温めるものじゃないのか。取り敢えず鞄に入れた。

ところでこのアイは不登校の子だった。先生が家庭にやって来て、でも親から呼ばれても返事をしないので先生も大丈夫ですよと優しく言ってくれる。この声の雰囲気では優しい先生だ。

不登校ではあるが、親とは普通に話して食事をする。そして夜に寝静まった頃に外に出る。だが、外に出たらそこはワンダーランド。何故か学校。そしてイジメの現場。たまらなくなってトイレに逃げたアイだが、そこでトイレットペーパーが喋る。卵を割れと。思わずうるさいと投げつけたら卵にヒビが入って、中から何か良くない物が出て来るのかと思ったら出て来たのは女の子だった。

この女の子はこのワンダーランドの事情を知ってるらしい。イジメが具現化した物はこの世界では西城くるみだけを襲って来る。アイも刺されたものの、すぐに傷が消えた。この世界では目と心臓さえやられなければ不死身だからと言われるアイ。

そしてくるみは自分だけ追われると言って追い詰められた時にアイを置いて行く。アイはそれを追わなかった。不死身なのに。これは「見て見ぬ振り」ではないのか。

アイが不登校になった決定的な場面があった。嘗て学校で転校生の長瀬小糸が居たが、アイの隣になった事で色々話しかけて来たのに、それを避けて最終的には小糸は飛び降り自殺する迄になったのだ。

自分が見て見ぬ振りをした事で招いたこの結果、だったら今自分やってる見て見ぬ振りをこのまま続けて良いのか。良い筈が無い。アイはくるみを追って追い詰められている所へ飛び込んでイジメの具現化を消滅させる。助けられたくるみはそれによって救われた様だが、屋上にあった小糸の固まった物はほんのりと暖かくなった様に感じる。
参考資料

これはこれを繰り返してワンダーランドで人を救えば小糸は戻ってくるのかもしれない。そう思ったアイはワンダーエッグをさらに求める。

でもワンダーランドでは不死身でも元の世界に戻ったら傷が顕現しちゃうのではあまり重度の傷は負えないね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ウマ娘 プリティーダービー Season 2・第2話 | Start | 回復術士のやり直し・第1話 »