« 俺だけ入れる隠しダンジョン・第4話 | Start | 無職転生~異世界行ったら本気だす~・第4話 »

ホリミヤ・第4話

石川、歩いていたら空から書類が降って来た。それは河野が落とした物。しかし流石と言うか最初に聞こえるセリフは「それ拾ってくださーい」かと思ったのに河野は「大丈夫ですか」とそっちを先に言う。

石川が拾い集めて生徒会室へ持って行く。河野以外誰も居ない。会長もおらず、勿論綾崎など居ない。それを一人でやってるのかと石川が言うと、河野は弁解がましくみんなそれぞれの事をやってるから、綾崎は窓を開けてくれているしと。いや、窓開けとか生徒会役員の個別の分担業務じゃないし。そんな弁解がましい言葉に石川が素直に「かっこいいじゃん」ってあんたら相手に優しいセリフしか言えんのかよ。
参考資料

石川を宮村が待っていた。生徒会室で時間をとられたからちょっと遅くなった訳だが、その間に堀がアイスを買ってくれていた。どうも半額だったからとか言って。でも既に宮村が食べている残りはメロンアイス。そして石川はメロンが苦手。(一方的に)好きな人に苦手の物を覚えて貰っていないの、残念だね、石川君。

そこに通りがかりの生徒会長。勿体ないから食べて行ってくれと。ああ言う事件あったけど、仲が悪くなったと言う訳でもないみたい。言葉の勢いでエアコンのある生徒会室に来ても良いと言ったら来ちゃった。堀も吉川も一緒に。そしてじゃんけんで負けた堀と宮村が飲み物の買い出しに行かされる。

しかし数が多かったのもあって帰りが遅いと、あの二人ナニかヤッてんじゃと噂するから石川が動揺。石川の気持ちを知ってだろうけど、みんな危ない方向にしか話をふらない。そこに堀と宮村が帰って来る。あの落としたコーラってやっぱり石川のだったか。だから宮村が石川にごめんやっちゃったと言うが、さっきのヤッちゃったベルが頭に残っていてそこにみんなが面白がる様に追い打ちを。だから話も聞かずに落としたコーラを開けて手がベトベト。ここで河野が石川にティッシュをくれる。ちょっと今回の進展がここに出てるのだろうか。

場面変わってエアコンの絵。あれ?生徒会室ってエアコン効いていたのでは。と思ったら堀の家でエアコンが故障した中での堀と宮村のお勉強タイム。いや、それってそっち系のマンガだと5秒でそっち系の話になってるから。

しかしそれでも何気なく宮村が口を滑らせる。暑いのは大丈夫、寝る時は何も着ないで寝るし…全裸族でしたか、宮村。宮村の性格イマイチ分からんな。今回中学の回想もあるが、両極端なのかな。

そんな宮村が恥ずかしがらずに服を脱いだりするのに堀が口出しせずには居られない。でもそれも単に文句を言うと言う風でもなく。

商店街を歩いていたら宮村が声をかけられる。進藤登場。中学時代の友達だそうだ。進藤は宮村が堀と居る所を何度かみかけて彼女が出来たんだと思っていたが、宮村に春が来たなと言うセリフを宮村が普通に誤解。自分は進級したけど進藤は留年だったなと。

堀が彼女なんだろと言われて宮村は誤魔化した様な白状した様な事を言ったせいで、堀とのその勉強の場面で進藤から着信したメールに飛んでもない事が。
参考資料
とても堀に見せられないし、一言言っておかないとならないといきなり進藤に電話して一言「死ね!」って。ちょっと堀、引いちゃうよ。

後日、どうもエアコンが直ってガンガン使ったせいか堀が風邪気味に。そう思って商店街を歩いていたら進藤が声をかけて来た。気安いな。宮村と石川がそこに出くわしたと思ったら宮村が走り寄って躊躇なく進藤を殴る。こっちも或る意味気安いな。

こいつ馬鹿だからと言う宮村だったが、進藤は八坂と言うこの周辺一の進学校なんだぞと言う。本当の進学校だと病気とかそう言う理由以外で留年したらそれはもう脱落者であって、その高校に居られないんだけどな。

長話になるんならどこかに入ろうと言う堀の言葉でファミレスへ。

ここで宮村の回想。中学時代に宮村孤立していた。確かなんだったけ、その辺の事情でピアス穴あけしたんだよね。でもそんな宮村を救い上げてくれたのがその進藤だったのだ。進藤の性格は理解出来るな。谷原に「宮村を暗くさせたのは誰よ」ってセリフかっこいい。

とうとう堀が熱を出してしまいました。38.7℃。当然創太が学校休めと言うのだが京子は夏風邪は馬鹿がひくものであり、自分は馬鹿ではないから学校へ行くと言う。いや、その行為が馬鹿なんですけど。流石に創太に止められてそのまま寝るのだが、堀が熱でうかされて見た夢は子供の頃に母が急な仕事だと熱の出た堀を置いてきぼりにして出かけた事。堀の家庭ってどんな家庭だったっけ…Wikipediaだと「共働き」ってあるな。

目が覚めたら宮村が居た。創太から連絡を受けて学校へ行く前に寄った様だ。ひととおりの世話をして宮村が学校へ行こうとしたら堀が引き止める。どこへ行くの?と。それは嘗て母にも言った言葉だ。でも宮村は言う、どこへ行くの、じゃなくて行かないでって言うべきなんだと。

薬や飲み物は一応用意したので宮村は学校へ行くのだが、寝ている様な堀に連絡は全部してあるから、あと俺堀さんが好きなんだけど結構前から、それと冷蔵庫に色々入ってるからと告げる。
参考資料
おいおいおいおい。
ちょっと待って下さいよ。
どうして連絡事項の合間にそのセリフが入りますかw

そりゃ堀も飛び起きる。びっくりしすぎて熱も下がる。いや普通は下がらないけど。
それ興奮したせいで熱の感覚を失っただけだ。

こりゃ困っちゃうなあ、堀。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 俺だけ入れる隠しダンジョン・第4話 | Start | 無職転生~異世界行ったら本気だす~・第4話 »