« 回復術士のやり直し・第3話 | Start | 俺だけ入れる隠しダンジョン・第4話 »

ゆるキャン△ SEASON2・第4話

正月もバイトでどこにも行けなかった千明にみんながお土産を買って来てくれました。一方、千明はバイトのお金でヘキサゴンタープ買っちった。この時点で私はタープって何の事か分からない。と言う事で組み立てを楽しみに見る。

しかしあんな小さい物だけで大丈夫なのかと思ったらやっぱりタープポールを家に忘れて来ていた。おわり。
参考資料
そう言えばNHKのロゴって卵から単なる文字に変わったんだよね。

仕方ないので片方を木に固定してもう片方はじゃんけんで負けたなでしこがタープポール代わりに。タープってテントみたいな感じでテントとは違うのか。流石になでしこも疲れて代わりにグラウンド整備のヤツをタープポールに。

千明はバイト代をタープにしたが、なでしこはランタン。毎日カリブーに見に行ってる。あおいは椅子。千明の次の目標はハンモック。キャンプは金がかかるなあ。薪もガンガン使うと結構かかる。千明は焚き火してると課金メーターの上がるのが見えると言うが、水道電気はあれって直接金額じゃないよね。私が記憶してるのは遥か古のタクシーメーターなんだけど。こんなの

薪が以前は無料だったイーストウッドキャンプ場の思い出からほっとけ温泉の思い出迄。一時期人混みにならないからとキャンプがこのご時世で流行ったけど、緊急事態宣言下でも経営大丈夫だろうか、キャンプ場。

そんな写真を送られて来たリンは相変わらず自由な奴らと言ってる眼の前の恵那はちくわ用のテントを買ったと言う。犬用なのにスグレモノ。値段もするけど。犬バカと言うリンに、恵那はリンだってこのテントで寛ぐちくわみたいでしょと言う。リンは「別に」と返した筈だったが、気持ちが顔に漏れていた。
参考資料

なでしこ、みんなに言っていた様に帰宅時に身延駅近くのキャンプ用品店のカリブーに寄って今日もランタンを眺めていた。すっかり店員に覚えられて「キャンドルランプの子」の名称をいただいていた。取り置きしておいてあげようと。

身延駅で電車を待ちながら(一瞬乗り遅れかと思った)、なでしこはみんなとキャンプするのも楽しいけどリンが言っていたソロキャンもいいなと空を見上げる。

朝食を食べながら求人誌を見るなでしこ。でもどれもこれも甲府ばかり。ここで姉の桜が使い捨てカイロはもうこれしかないのかと入って来るが、これ、後に繋がる伏線だった。桜がバイトが無いらしいと知るのも後への伏線。

なかなか身延でバイトの無いなでしこの心境w
参考資料
参考資料
ちはやふるかよ。

あおいによるとリゾートバイトと言うジャンルがあるらしい。確かにリゾート地で繁忙期にバイトらしき人達沢山居るよね。

キャンプ雑誌ビバークを一緒に見ていたら冬のキャンプの必需品の一つとしてハクキンカイロ登場。最近の子はハクキンカイロを知らない。あおいがおばあちゃんが使っていたと言う。私も年寄りだから高校生の頃までどうしてもと言う時に使っていたよ。て言うか使い捨てカイロ存在してなかったし。あと、Twitterの実況でもっと寒くなるとハクキンカイロでは足りなくて豆炭アンカだと言うのがあったが、それも使った。年寄りだから。

帰りの電車の中で桜からLINEが入る。身延駅近くで美味しい天丼の店を見つけたから帰りに寄るか?と。そう言われてなでしこは電車を降りて一目散。カリブーを素通りして。そして出て来る大海老天重セット1,700円。あ、うん、海老がそのままの姿で…(偏食には辛い絵面)。

どうしてまたとなでしこが桜に聞くと、あんたバイト代入ったと言うからおごってもらおうと。なでしこ、蒼白。蒼白と言うか灰色。
参考資料

と言うのは冗談でここでバイトを募集しているのを見つけたのだそうだ。未だ張り紙したばかりなので求人誌にも載せていない。勿論、なでしこ大いにやる気に。

バイト代が入って晴れてランタン買えたなでしこ。ガラス製品だから気をつけてと言われるが、それって取り落とすフラグ。案の定躓いて落としそうになったが、何とかキャッチ。

店員から二点で7,370円と言われていて、二点?と思ったが、あおいにもう一つ何?と聞かれて秘密と言う。この時点ではもう一点が分からなかった。だってあおいに秘密って言うんだもの。

家に持ち帰ってキャンドルランプを家族に披露。あれって家の中でも短時間なら大丈夫なのかな。ガスだし。そして夜が更けてなでしこが外に出て車の方に行くから、もう一点がああそうか桜が使い捨てカイロ使ってるのとハクキンカイロが登場したのはここに繋がるのかとやっと分かった。でもそれならあおいに秘密にする事ないじゃん。とは言え桜の喜ぶ顔が良かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 回復術士のやり直し・第3話 | Start | 俺だけ入れる隠しダンジョン・第4話 »