« 俺だけ入れる隠しダンジョン・第3話 | Start | 無職転生~異世界行ったら本気だす~・第3話 »

ホリミヤ・第3話

宮村くんの中学時代は何考えているのか分からないと友達が居なかった子。それにしてもこの手の「はーい、仲の良い子同士でグループ作って」的なやり方ってもう何年も疎外感を描く物としてやられているのに学校現場では今でもこれをやってるのだろうか。

その結果として宮村はどうやらピアス穴を開けたらしい。そして高校に入る。高校に入ってもそんな感じだったが、ある日女子が噂していた。中学の頃と同じ様に。宮村って暗いよねと。そこにやって来たのが堀。宮村って誰?って、お前も相当なヤツだ。だが、そこで堀は宮村に声をかける。

宮村が相手の名前が分からないと同じクラスなのに名前知らないとか駄目って言うのだが、さっきお前も宮村の名前知らなかったじゃん。でもさらにズカズカと進める堀。さっき女子が宮村の事暗いとか言っていた。でも全然暗くないじゃないと堀が言う。
参考資料

こうして始まった堀と宮村の関係。

クラスが違ったらもう宮村はうちに来なくなるのかなと前回思っていた堀。そして三年のクラス発表。見事にみんな一組で同じクラスになった。石川が宮村と一緒になったのをやけに喜んでいたのであらぬ噂もされるが。

それでも宮村は今でも思っていた。自分は堀や吉川や石川達の輪の中に居てよいのだろうかと。あの中学の頃の様な事はないのかと。でもそれは化学の授業の時にあっさり吹き飛ばされる。四人一組になってレポートを作れと言う先生の指示に石川が先ず宮村のところに来て吉川も堀も集まって何の疑問も無くグループが出来た。

一人で屋上に居る宮村の所へ石川がやって来る。あのピアス穴と入れ墨を知って以来すっかりもう石川はうちとけた感じではあったが、宮村は相変わらず「石川君」と言うのでいいかげんその呼び方やめろ、クラスでもお前ぐらいだぞと。この辺り、以前からずっと違和感あるのだが、私の周囲では小学校から大学までずっと「xx君」で呼び合っていた。この差は社会環境によるものなのか、世代の差なのか。

小学校にあがってから創太がやたら早起きに。
ああそうか、堀や宮村が三年になったと言う事は創太も学齢が上がって小学校に入学したのか。それでもう学校へ通学する歳になった訳だ。

と言う事でやたらと早く学校に来てしまった堀。食堂で時間を潰していたらあの綾崎がやって来た。あの時は立っていた事もあって凄くちっこい子だと思っていたけど座るとそんなに差が無い。だから気が付くのに若干時間がかかった。

綾崎はあの事件の時に宮村が「言わなくていい」と出て来たのを見て、なかなかかっこいい男の子だと思った。だから堀に聞く。堀って宮村とつきあっているのかと。堀は予想通り否定する訳だが、だったら宮村頂戴と。あれ?綾崎さん、あなたは前回生徒会長の彼女とか紹介されてなかったっけ?

態度を明確にしていない、と言うか自分でも気持ちをはっきりさせていなかった堀ではあった、そう言われて自分の気持ちを誤魔化して上っ面で「いいよ」とか言わないキャラ。逆に明確に「駄目」と言う。そんな言い合いになった所に他の生徒も入って来たので堀はそそくさと出て行ってしまった。なんだかあとで綾崎は河野に行ってみただけみたいな事を喋ってたけど。

創太、小学校に入ったら生活が変わる。学校から帰ってすぐに遊びに出かけてしまっていた。そこに以前同様に宮村がケーキ持参でやって来るが創太は居ない。だから堀家に堀と宮村と二人きり。ナニしてるのかと思ったらホラー映画見ていた。実は宮村がホラー映画が苦手で凄く怖がる。でも今日は堀はあと5本も用意してあったのだ。

そこへ堀母から電話。今日は帰りが遅くなるのだそうだ。ますます二人っきり状況ですな。ナニがあってもおかしくない。

そんな時に改めて堀の人差し指が反っているのを発見。そう言えば以前吉川とそんな話をしていた。ここで石川君、これ幸いとその話に割り込んで堀と手を合わせるのだが、冷たい堀さんが「ぎゅっとやったら殺すわよ」とすきを突く事すら許されなかった。

その話を思い出して二人で手を合わせてみたが、あの時石川にはぎゅっとしたら殺すわよと言っていたのに今回は堀の方から握ってそのまま二人は手を重ねて「好きだよ」
参考資料
一応、手の話と言う事になってるんだけど。

だが場面はこの先を描かずに時間が経って創太が帰って来た時の場面に。もう堀と宮村は何事も無かったかの様に別々に座っていた。

学校で綾崎が河野に、堀に宮村君くれと言ったのに拒否されたと話している。それをかげから石川が聞いていた。

翌日、宮村が顔に傷をつけて登校して来たが、喧嘩相手は石川。まあ理由は分かる。でも堀には分からない。後から来た石川はもっと悲惨な顔になっていた。二人の喧嘩を吉川と堀が理由を聞いてみた。吉川は宮村と話したからまあ事態は理解した。でも石川の言い分を聞いたのは堀だからはっきり言える訳がない。

堀「男子は良いわね、そんな喧嘩が出来て」
吉川(いやあんたが原因なんだけどね)
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 俺だけ入れる隠しダンジョン・第3話 | Start | 無職転生~異世界行ったら本気だす~・第3話 »