« くまクマ熊ベアー・第9話 | Start | トニカクカワイイ・第10話 »

アサルトリリィ BOUQUET・第9話

OPが無い。不吉な。
これは梨璃が結梨の前髪カットするの失敗するな(違う

ゲヘナとグランギニョルが結梨は自分達がヒュージの遺伝子を改編して人間の遺伝子の幹細胞を作りそこから育てたと言って来ており、あれは元ヒュージであるから百合ヶ丘学院は引き渡せと言う。理屈上、リリィでなければ百合ヶ丘学院は保護出来ない。政府からの命令を受けて生徒会は結梨の確保に向かう。だが、すれ違った夢結はその様子のおかしさを感じ取っていた。

梨璃もやって来た生徒会の雰囲気から結梨を守らなくてはならないと言うのを感じ取る。改めて生徒会が結梨はヒュージであるから引き渡せと言っても、結梨は自分達と同じリリィだよと立ち塞がる梨璃。結梨はどうしたいと梨璃が聞くと、結梨はみんなとずっと一緒に居たいと答える。それを聞いて夢結は梨璃を抱きしめるが、何かしたなと思ったら梨璃は目くらましをして逃亡。
参考資料

理事長代理も別に政府の命令を単にはいそうですかと思った訳ではない。だがヒュージと人間が心通わせられるのか、そうだとしたらリリィと人間はどうなるのか。リリィが疑われるのはどうしても避けたいのが理事長代理の考えだ。

梨璃が結梨を連れて逃亡したと聞いて防衛軍が出動する。騒然となる百合ヶ丘学院、中でもほぼ当事者の一柳隊は二水がどうするんですかと混乱していた。でも二水は結梨をヒュージだと思っていないし梨璃の判断を間違っているとは思っていない。その中で鶴紗は自分がブーステッドリリィであり、嘗てゲヘナで散々身体を弄くられた恨みを語る。

そこに夢結がやって来る。出動である。梨璃には逮捕命令が結梨には捕獲命令が出た。だから二人を追う。一柳隊はどこよりも早く二人を確保する。逮捕命令と捕獲命令は政府から出たものだが、我々は二人を保護するのだと。楓は実家がグランギニョルだが、父社長に宣言していた。父を許せなくする様な事はしてくれるなと。父はゲヘナの提案には納得していなかったみたいだが、元々娘を含めた女の子が戦うのを何とかしたいと思っていた所へ人造リリィの話が来たから今回引き受けた様だ。でも楓は言う、造られたと言ってもそれは既にリリィであると。だから違いは無い。そう断りを入れて楓は一柳隊として行動に参加する。

梨璃は結梨を連れて逃げてきていた。夢結から呟かれた場所へ。

出動要請は全レギオンに出ていた。ローエングリンの三人(ローエングリンかよ!)立原紗癒と妹島広夢と倉又雪陽も出動していた。他のガーデンのリリィにも出動要請が出ていた。出動要請を受けて出動をしたものの、自分達は何をするのか、何をすべきか。三人は結梨をどう思うのか。そして三人一致して答えを出す。結梨は人である。
参考資料

でも政府の委員は理事長代理を追及している。ヒュージを学院が庇う行為は認められないと。そこに百由登場。ヒュージに関する論文は年間50報を数える専門家をアピールした上で、結梨に関する調査結果を提示する。結梨のDNAは人類のそれと99.9%一致する。100%でなければ人ではあるまいと言う、稚拙な政府委員の反論は一蹴。人の個体が100%一致する訳ないじゃないですか、個体変異があるんだから。そしてDNA的に人と一致する物は人であると言う条約が締結されている。なんだそりゃと思ったら、過去に人体実験があってその弊害を克服する為に結ばれた物らしい。そして結梨のDNAにはヒュージ化する配列は全部排除されている、これはグランギニョル側から報告されたと言う。これが来なかったらあと一日は解析に時間がかかったろうと。これって楓があの電話で父に話した事から父社長が提供した資料だろうか。そして一日早まった事でこの場で政府委員の意見を全面否定出来たのだ。リリィである以上百合ヶ丘学院が保護する。捕獲命令自体が間違っていた。

廃校に逃げていた梨璃と結梨。梨璃が結梨と名付けてくれたから自分が今ここにある。帰る場所はきっとあるよと言うところで夢結達が到着。政府命令は撤回され、二人は学院に戻れると。この場所は防衛軍が囲んでいたのですぐ分かったそうだw

これでおうちに帰れる…と言う訳には行かなかった。巨大なヒュージ出現。さっき飛んでいた小型のヒュージを使って膨大なマギのエネルギーを照射。あのヒュージをやっつける?と聞いて結梨はヒュージめがけて海上を疾走。梨璃も追いかけるものの、速度が違う。先にヒュージに到達した結梨は小型ヒュージを次々と破壊して行く。梨璃は途中で攻撃を受けて弾き飛ばされるが、これがどう言う結果を生むのかと思ったら運命の分かれ目だったか。

結梨は小型ヒュージを破壊したあと、ヒュージ本体を斬り裂くが、そこで大きな爆発。これってヒュージ側ではなくて結梨のチャームが爆発したのか。

最後の場面でどうなるのかと思ったら誰かがチャームを抱えて座り込んでいた。それは梨璃だった。ボロボロになったチャーム。これはつまり結梨の壊れてしまったチャームだけが確保されたのか。それは即ち結梨が…
参考資料
朝は髪の毛をカットしてあげていたのに。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« くまクマ熊ベアー・第9話 | Start | トニカクカワイイ・第10話 »