« アサルトリリィ BOUQUET・第11話 | Start | 神様になった日・第11話 »

トニカクカワイイ・第12話・最終回

星空の所に電話がかかって来てシステムトラブルのお知らせ。と言う事でノートPC2台とタブレットを取り出して修復作業を開始する。頑張るのも良いけど星空はブレーキが効かないから程々にねと司に言われたのに、ブレーキが効かなかった。

根を詰めすぎて星空は夏風邪をひいてしまった。医者に行って薬を貰って寝込む。アニメで熱を出した人の描写って大体は額を冷やす物しか出て来なくて、今回の星空の熱も39.8℃もあるのにそれだけかと思ったら珍しく冷却枕も描かれた。多分貴重な例。
参考資料

カワイイ新妻としては甲斐甲斐しく看病したい。でもそれだと司にも風邪が移ると言う星空に、司は私は病気にもならないし怪我もしないと答えた。今迄それとなくにおわせていたけど、ここでかなりはっきりと自分は普通の人間じゃないみたいな事を言った。

寝たら大分楽になったと言う星空に、身体を拭いてあげると司は言う。冷たいかもと言って拭くのだが、入院経験から言うと夏だろうと暖かい(どちらかと言うと熱い)タオルで拭くものなんだが。下もと言われて恥ずかしがる星空。逆だったらどうなのかと言われて司もはっと気づくが、旦那様なら大丈夫と言う。こいつらめ。

夜になってさっさと寝る事になるが、ああ成程、段差が無くなりましたね。段差が無くなったから、こんな背後からぴとっとくっついて来る事も出来る。そんな事されたら思わずちゅっちゅしちゃうので、これって愈々最終回でいたしてしまうのかと思ったが、やはりこの作品だと行かないのか。こんな時だけ元気出すなちゃんと寝ろと言われてそこまでだった。でもこの時に星空は自分の事を心配してくれる人ってどれだけ居るんだろうと考える。

星空がシステム修復にあれだけ頑張ったのは夏祭りに司と一緒に行きたくて間に合わせたかったから。と言う事で祭に行く計画を立てる。それを聞いた要は祭と言えば浴衣、浴衣+人妻=エロいと。それはさておき要から浴衣を提供されたので、星空と司は浴衣に着替える。その時、星空は着替えを見たいと真正面から言うのだ。そもそも夫婦なので問題ないと思うけど、この二人はこうなんだよね。仕方ないので司はOKしたが、それをまじまじと見て見惚れる星空。

関東のたこ焼きって揚げてるの?私はたこ焼きを食べないからどれもこれもアニメでやってるみたいにクルクル回して焼いてるのかと思った。

夜店を歩いてみたら、綾と千歳が金魚すくいの店をやっていた。何だこの取り合わせ。そもそもメイドが買食いしてお嬢様に店番させるとか。司は金魚すくいが得意と言うので、それでは商売あがったりだから星空がやる事になった。失敗するだろうとは思っていたが、何だあのミサイル金魚。
参考資料

そしてお参り。初詣と違ってお参りする人少ないなあ。この時に昨晩考えた自分を心配してくれる人ってどれくらいいるのかと言うのを星空は司に語る。それを聞いた司、星空が突如毎日三食ラーメンを食べるのをネットにあげはじめたら他人は面白がるかもしれないが、自分は何があっても星空を止める、星空の命が何があっても大切だからと。たとえ争いになったとしても止める。

しみじみと愛らしさを感じた星空は司を抱きしめて、そしてちゅーしようとしたら要達に乱入された。花火を見に行く前に全員で写真撮ろうと星空が見せてくれたのは(最近のはデジカメもドラッグでスライドするのか)司のあれやこれやの写真。
参考資料
これって失敗なのではと言う司に星空は消さないよ、トニカクカワイイからと。

青少年に結婚への憧れを与えてくれる良い作品でしたね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« アサルトリリィ BOUQUET・第11話 | Start | 神様になった日・第11話 »