« くまクマ熊ベアー・第8話 | Start | トニカクカワイイ・第9話 »

アサルトリリィ BOUQUET・第8話

一年生入浴中。スイーって誰かと思ったが前回結梨か。
剣技競技会の噂。日頃の鍛錬の成果を見せる場と言う位置づけで、最優秀リリィにはご褒美があるとか。具体的な何かを言わないとオチにされるのではと思ったが、工廠科による高級オプションを付けてもらえるとの事。

そこら辺のちんちくりんさんには負けないとおっしゃるアールヴヘイムの皆さん。
参考資料
ちんちくりんより髪の毛と目が気になる。

生徒会の三人が理事長代理と結梨についての相談。生徒会、理事長代理に結構なタメ口なんだよね。これまでにいつもの三年史房と一年祀の他に二年内田眞悠理も登場。生徒会としては結梨を百合ヶ丘女学院の生徒にして良かったのかと判断しかねていたみたいだが、理事長代理は確固たる考えで「リリィである以上は」当学院で保護すると言う。

生徒会が危惧しているのは結梨の件を嗅ぎつけて色々な組織が学院の周辺を嗅ぎ回っているらしい。その中に悪名高いゲヘナと言う、人体実験すら厭わない研究組織も。

梨璃は無邪気に結梨が初めてチャームの指輪をしたと喜んでいたが同室の閑はいつになく硬い表情だった。結梨について周辺が騒がしいから。閑はリリィとは何なのかをこの件で考えていたのだ。リリィはヒュージから人類を救うために戦っている。人類はヒュージの出現で人類同士の戦いを現在はしていない。ではもしヒュージを全て殲滅したらリリィはどうなるのか。リリィは人類同士の戦いに動員されるのではないか。そんな事を考えてもいなかった梨璃はそんなの嫌だよと言うが、いや、もしそんな事があったら当然動員されるだろう。と言うか、既にその準備はどこの国だろうと模索してるだろう。当たり前だ。第二次大戦だって英米はドイツと戦いながら戦後のソ連との戦いを考えていたのだから。

結梨がグングニルを工廠科から受け取って動作させてみた。そして梨璃が閑と話していた事と同じ事を聞くのだ。何故リリィは戦うのか。梨璃は言う、それはヒュージから人間を守るため。結梨は匂いでリリィ達の悲しい感情を嗅ぎ取る。でもその中で梨璃だけはそれが薄いと言う。

結梨の件はそれでおさまったとして次は雨嘉の番。何だ唐突に。コスプレ部門に雨嘉を出させると言うのが神琳とグロピウスと鶴紗が寄ってたかって雨嘉にコスプレさせた。何でも一番何にも染まっていないから雨嘉が良いのだそうで。つまりは一番真面目な子だったのに。

こうして始まる剣技競技会。噂の他の組織の人間による結梨の偵察員も周囲に来てるらしい。百合ヶ丘女学院としてはその者達がどこに情報を送るのかを見張る。どこの誰が結梨の情報を欲しがっているのか。理事長代理は出歯亀が分を超えた場合は生徒会に任せると言って、史房はお任せ下さいというのだが、その実史房さんは「出歯亀」を知らないw

まずはクラス対抗戦。梨璃の作った円環に乗って結梨が飛ぶ。上空の的を取る勝負みたいだが、偵察員「飛んだ!」「リリィならあれ位は」って、この偵察員の質が低すぎ。リリィがどれだけの事を出来るか偵察員なら最初に知っておくものだろう。

その後も競技は続くのだが、今回登場人物が多すぎていくら字幕で名前を出されても到底覚えきれないw

的倒しはレギオン混成でやると言うが、学年も混成で、つまりクラスも混成で、これって一体どこに得点が入るのか。そして一層登場人物が増えて分からん。

アールヴヘイムの一年生三人は夢結に突進して行くものの、一蹴。グロピウスはマギを全放出して的を射抜く。でも全放出で動けなくなって保健室行きとなってしまった。そんな訳で百由が用意したエキシビジョンのヒュージロイドと戦う相手が結梨になってしまう。梅がエキシビジョンの相手なら大丈夫だろうとグロピウスの代わりに結梨を登録しちゃったのだ。

グロピウスなら大丈夫と思って全力をあげて作ったヒュージロイドだが、初心者の結梨だとどうなるか。慌てて百由は会場に走ったものの後の祭り。既に格子檻が発動して勝負がつかないと解除されない状態になっている。

にしても格子が綺麗に顔を避けるの良いな。
参考資料
そして檻の中では結梨がやってみせてみんなのちゃんとした仲間になると言うのだ。夢結の型から入った結梨にみんなが声援を送り、みんなが戦い方を叫ぶ。結梨は梨璃達の戦い方をちゃんと見ていた。敢えて受けて流して斬る。見事チューンナップされたヒュージロイドを斬り倒してみせた。普段無表情の史房が思わず叫ぶ程に。

競技会は雨嘉さんがコスプレ部門で優勝して幕を閉じました。
鶴紗「雑なオチだな」→でもポーズを見て震える。
参考資料

しかし今回はこれでオチない。ゲヘナとグランギョニル社(楓の父の会社)が国連に結梨は自分達が作った者であると失態を暴露してまで返還を求めて来たのだ。百合ヶ丘学院の解析科からの調査結果では結梨のDNAは確かに人間の物ではあるがあまりに人間の平均値に見える。百由の感想としてはヒュージに由来する個体だとの事。この感想は当たっていて、ゲヘナとグランギョニル社に言わせればヒュージ由来の幹細胞から作られた人造リリィなのだそうだ。

おやおや、おやおやおやおやおやおやおやおやおや
ヒュージが全生物のDNAパターンを持ってる中からヒト種のパターンだけを抜き出して幹細胞を作ったと思われる。そんな全生物のDNAパターンなんてどう持てるか分からないが、もしあったとしてそこからはDNA編集で抜き出したか。

流石ノーベル賞物のCRISPR-Cas9。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« くまクマ熊ベアー・第8話 | Start | トニカクカワイイ・第9話 »