« アサルトリリィ BOUQUET・第7話 | Start | 神様になった日・第7話 »

トニカクカワイイ・第8話

愈々金鉄に乗って奈良へ。そしてタクシーで星空の実家へ。司は周りの山容を見て春日大社の近くかと言う。千年経っても山の形は変わらない。どうなんだ、奈良盆地の山って。東京近郊だと木々の生え方が激変したりして形だけで分かるかどうか。形が全く変わった武甲山は、それでも場所的に分かりそう。

そんな話をしていたら家の中から覗いている者ありけり。星空の母の叶香だった。星空が先に中に入って司を導き入れて挨拶させると、叶香はドギマギしながら挨拶を返してとにかく荷物を置いて来なさいと言って逃げる様に居間に引っ込んだ。

そして改めて居間で星空の両親と挨拶。父縁の方もドギマギ感強い。変わった親だと星空は言うが、妙な方向に突っ走る系じゃない。でも挨拶もそこそこにいきなり風呂が沸いたから入って来いと星空を追い出す。何だそりゃと言う星空に司と二人きりで話がしたいんだと正直に話す。でも自分抜きで何の話だと譲らない星空だったが、ここは司が大丈夫だから風呂に入って来てと言う。
参考資料

対話場面は省略されて、多分後から出てくるんだろう。風呂上がりの星空は司と自分の部屋へ。でも金鉄線で来る時に言ってたけど、星空が生まれたのは東京で、その後縁が考古学の本場の奈良に移住したいと言って引っ越したから、星空の部屋には何も無い。そもそも東京のアパートにもほとんど物が無かった。星空に言わせれば余計な物は持たない。データは全部クラウドにあるから例え火事になっても大丈夫だと言う。不吉な事を言うな。それにクラウドだけに頼ると消える事もあるから。先日NECの子会社が社内の伝達ミスでクラウドのデータを全部消したからね。

そこに叶香がやって来て、布団は司の分もあると言う。要らないかもしれないけどとも。そして隣が私達の部屋だから、そんなに壁が厚くないからといやにこだわる。星空は何を言ってるのかと思ったが、叶香が去ってから気がついた。そう言う事か。

何を顔を赤くしてるのかと司に聞かれて、星空は司にとにかく風呂へ行けと言う。その間に星空は布団を敷く。二組。いや、一組にしといても良かったんじゃ。でも星空に言わせれば段差がなくなるだけで大きいのだ。とは言っても一緒に寝るのって何話か前にやったじゃないか。あの時は後ろから抱きかかえたり、ちゅーまでしたんだぞ。今回は腕枕したいと司を隣に呼び込んで、でもすぐに腕がしびれて、それに気づいた司にいじわるされてしまった。星空は腕枕をもてあそんだお詫びとして寝る前のちゅーを要求。

翌朝は司が先に起きた。ここは別室が無いので星空の隣でお着替え。それにして君達未だ別々に着替えるとかしてるのか。

庭を見ていたら縁が来て朝の挨拶をしたものの、若い女の子とする話題などないと縁は取り敢えず自分の書斎へと司を招く。本や資料が大量にあるが、これも星空に言わせればクラウドに上げろと言われるだろうなと。いやいや、これだけの本をスキャンするのは大変ですよ。しかも司が目をつけた古文書なんて現物ありきだし。司はそれを見て昔の恋文をこうやって見られたらたまりませんねと言う。司はあのくずし字を読めるのだ。普通は読めないけど、最近はくずし字の読み方の本も出てるので、きっとそれを読んだのだ(違う

縁は驚いたが、その先を聞く前に星空が朝食だと司を連れ出す。

京都では寺社仏閣はつまらなそうにしていた司だが、発見したのだ。見慣れた景色も星空と一緒に撮れば楽しい!
参考資料

と言う訳で大仏の前で楽しい格好させて写真を撮ったり、法隆寺に行った時は星空の要求で二人の写真を撮ったり…は?あのコンデジであんな撮り方してちゃんと撮れるの?あれはスマホだとフロントカメラにしたらカメラに見えてる画像が見えるから大丈夫なのであって、後ろにしか液晶が無いコンデジじゃ無理だろ。変になるだろ。

奈良と言えば平城京跡だと星空は行きたがる。司が何も無いというのに。そして行ってみたら本当に何もない。復元された朱雀門があるだけだった。いや、あるよ、平城京跡に見どころが。平城京跡を近鉄が突っ切ってる場所があるよ。

ともかく司は写真を撮った。動画も撮った。そしてお父様に見せるのだと。いつの間に父とそんなに仲良くなったんだと思う星空だが、それは内緒。実はあの二人だけの話の時に縁は司に頭を下げて感謝したのだ。大事な息子をトラック事故から救ってくれて本当にありがとうと。星空は自分達には出来すぎた良い子。確かにある意味での性格は良いよね。千歳ですら認めてる。だから結婚に反対なんてそんな事は毛頭なくて、祝福以外の言葉は無い。でもとにかくありがとう。今後も星空をよろしく頼むと。それを聞いた司も自分こそ今度もよろしくというのだ。真剣に頭を下げた父縁、親も良い親じゃないか。
参考資料

こうして初めての旅行を終えて東京に帰ったのだが…
あんな不吉な事を言うから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« アサルトリリィ BOUQUET・第7話 | Start | 神様になった日・第7話 »