« くまクマ熊ベアー・第5話 | Start | トニカクカワイイ・第6話 »

アサルトリリィ BOUQUET・第6話

一柳さんのレギオン結成おめでとう。何だか情報通の閑さん。
でも相変わらず梨璃は夢結のレギオンだと思っている。

それなの用意された部屋には「一柳隊」と書かれていて、これじゃまるで自分がリーダーみたいじゃないかと驚く。でも楓を筆頭にレギオンのメンバーが次々と梨璃がリーダーだと同意するのだ。最後に夢結も。そして付け加えてもし梨璃に足りない所があったら自分が補佐する。その為にも終始見ているから覚悟しろと。
参考資料

ともかく9人揃ったらneun welt戦術も可能。あれってアールヴヘイムの特別なわざじゃなかったんだ。その特殊弾が梨璃に支給されていた。高価な物らしい。おいそれと練習に使える物じゃないのか。9人のマギを溜めてヒュージに撃ち込むとどんなヒュージでも倒せる(筈)。未だチームワークが完成していない一柳隊には難しいのではないか。

と言う事で、アールヴヘイムが出撃してヒュージに対してノインヴェルトを使う所を見学させて貰う事になった。アールヴヘイムの依奈も天葉もあの夢結を籠絡した梨璃に興味があって喜んで特等席での観戦を認める。

と言う事で出現したヒュージに対してアールヴヘイムがノインヴェルトを仕掛ける。

観戦しながら夢結は梨璃にレアスキルは分かったのかと聞くが、梨璃は分からないと。自分にはレアスキルが無いのではないかと言うのだ。でも夢結は祀から言われていた。梨璃のレアスキルはカリスマ。人を動かす力ではないかと。そんな梨璃にどんなスキルであれ自分のルナティックトランサーよりはと言いかけて梨璃はそんな言い方するのは良くないと身を乗り出す。この日までずっと夢結は美鈴を「殺した」と思っているルナティックトランサーなどと思い込んでいた。

出現したヒュージは戦い慣れしていてリリィを全くおそれない。苦戦しているアールヴヘイムはノインヴェルト戦術を仕掛けた。亜羅椰がフィニッシュショットを撃ったものの、ヒュージはそれを止める。天葉が強引にそれを破ろうとするが、チャームが全損。一応ヒュージに当たるものの、ヒュージは未だ活動を停止しない。

アールヴヘイムがノインヴェルト戦術を使ってもヒュージを止められない。ここで夢結が動く。黙って見ている訳には行かない。そんなリーダーの言葉にこのドサクサで一柳隊の初陣が決まる。

咬月理事長としては人損さえ出なければ良い。そして今は結成したばかりの一柳隊が出ていると聞いて時間稼ぎかと言う認識だった。

夢結と梨璃がチャームを合わせてヒュージを斬る。ヒュージの中で光る物が出現した。あれはチャームの光。そして梨璃の見覚えでは嘗て甲州撤退戦の時に夢結が持っていたチャームではないか。夢結も分かる。あれは美鈴を刺したダインスレイヴではないか。
参考資料

硬直する夢結。それを守ろうとして梨璃が防戦するが、梨璃はヒュージにやられた?もうこれで夢結は平常心では居られなくなった。美鈴に続いて梨璃までも。夢結のルナティックトランサー発動。闇雲に戦う夢結。でも梨璃は梅達によって救出されていた。一人でヒュージと戦う夢結に梨璃は止めに参戦。

梨璃に打ち込んで来る夢結。ダインスレイヴに固執する夢結を抱きかかえて梨璃は離脱。戻る迄待っててと一柳隊の他のメンバーに言うが「待ってて」=「持ちこたえろ」=「死守」と解釈されたw

嘗て美鈴が言っていた。ヒュージもマギの力で動く。そしてそのマギの力でリリィも戦う。違いはリリィはマギの力を持っても自分の心を失わない点だと。だったらルナティックトランサーになってしまう自分はヒュージと同じではないのかと思う夢結。そんな夢結の心を開かせたのは梨璃。お姉さまがどうなろうと必ず自分が止めてみせる。だから自分がヒュージと同じだとかルナティックトランサーが呪われたレアスキルだとか思わないでと。

その間に死守せよと言われた一柳隊はヒュージと交戦。てっきり突き刺さっているダインスレイヴを抜くのは梨璃と夢結かなと思ったけど、梅と楓と鶴紗が抜いたね。そこに夢結と梨璃が戻る。

未だ活動を続けるヒュージに対して梨璃はノインヴェルト戦術の発動を提案。先ずは二水が梅めがけて撃つのだが、ここからは以前見たアールヴヘイムとは違う。それを受けた梅は撃つのではなくて直撃で雨嘉へ。さらに直撃でグロちゃん。これならパスしないから外さない。次は鶴紗、その次は神琳、そして楓。楓は私の気持ち受け止めてーと梨璃に突進したら梨璃のチャームが折れてしまう。それでもそのまま受け継いで梨璃と夢結がまたも共同作業。ダインスレイヴを飲み込んでいたヒュージ消滅。
参考資料

初陣でノインヴェルト戦術を強引に成功させた一柳隊。
あのダインスレイヴどうなるのかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« くまクマ熊ベアー・第5話 | Start | トニカクカワイイ・第6話 »