« うまよん・第1話 | Start | デカダンス・第1話 »

GREAT PRETENDER・第1話

日本語訳で「大詐欺師」。
フジテレビの+Ultra枠での放送だが、既に全14話をNetflixで先行配信済み…と思ったらどうやらこれは2クール作品で全23話らしい。

老人宅に水道局の方からやって来た人が浄水器を売りに来たが、老人はそれを追い返す。そうして本物の水道局員らしき人物を読んでチェックして貰うものの、そいつからもっと高い浄水器を買った。この時点でこいつもグルかとは思った。

この二人、今度は外国人をカモにしたが、その外国人の雰囲気が何かおかしいので二人を上回る詐欺師かなと思ったらその通り。しかも何故か警察に踏み込まれる。あの外国人が通報するか?と思ったのだが、このカラクリは後で分かる。

ともかく、年上の相棒から天才詐欺師と囃し立てられていた枝村真人はその相棒工藤とバラバラになって逃走。その過程でたまたまさっきの外国人ローラン・ティエリーの車に乗った。一癖あるローラン、枝村をあっさりと引き受けて一緒にロサンゼルスへ。

丁度良い相棒としてローランはエダマメこと枝村を助手に使う。騙す相手は出所したばかりの大物 プロデューサーでそこにヤバい薬を売りつけると言う詐欺。ローランは普通の日本のドロップをヤバい薬だと偽って、試しにとその近くに居た女に舐めさせた。

たちまち女はハイの状態になって屋敷中を駆け巡る。こうしてローランは高い金でドロップを売りつけるが、案の定あの女アビゲイル・ジョーンズは仲間だったんだ。
参考資料

そしてエダマメが高飛びして脱出した日本では、相棒だった筈の工藤がエダマメを騙していた筈だったのが、あの老婦人の家は実は彼女のものではなくて、一時的に本来の家主を追い出していてエダマメが仕組んであったものだと分かる。工藤も騙したつもりで騙されていたのだ。

と言う事で、タイトルどおりの大詐欺師の物語の始まり。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« うまよん・第1話 | Start | デカダンス・第1話 »