« 宇崎ちゃんは遊びたい!・第1話 | Start | モンスター娘のお医者さん・第1話 »

魔王学院の不適合者~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~・第2話

2000年前、長く続く魔界・人間界・精霊界・神界の争いに終止符をうつべく、魔王アノス・ヴォルディゴードは勇者カノンを呼び出して自分の命と引き換えに四界を完全に隔てる大魔法を発動して争いを鎮める事にした。カノンはそれに応じてアノスを突き刺して大魔法を発動させる。後ろに居た二人は精霊界と神界の代表かな。Wikipedia見たら「大精霊レノ、創造神ミリティア」とあったけど。

そして2000年後にグスタとイザベラの子として転生し、グスタがお前の名は…と言いかけたところで自ら「アノス・ヴォルディゴードだ」と名乗る。ワロタ。もうここでこの作品はギャグがメインだと理解した。
参考資料

さて魔力測定の魔石を破壊しちゃってゼロで登録されてしまったアノスさん、おかげで不適合者のバッジまで進呈されてしまう。でも魔石を破壊したと言う点を学院は注目すべきなのではなかろうか。ゼロじゃなくて無限大とか。それとも前回から繰り返し出て来る血筋の問題に頭が凝り固まっているのか。

そんな訳で入学早々の班分けで班長をやりたい者とてを挙げさせても二組担任のエミリア・ルードウェルは、お前は白服だからダメだと言下に否定。アノスは混血が皇族より優れているのを証明すれば文句なかろうとゼクトを求めた。ゼクトって魔法の契約か。アノスはエミリアが示したガイズも魔法陣を見てこれを作ったのは皇族かと問い、これは欠陥品だと指摘。そしてちょちょいのちょいと書き換えて威力を倍にしてしまった。これで皇族より優れているのを示した事で班長に。

こうして班分け開始。みんなー、好きな人同士で集まってー。

班長の一人にさっきアノスとミーシャにガンを飛ばした女性とがサーシャ・ネクロンだと自己紹介。ミーシャと同じネクロン家で、同腹の姉妹との事。だとしたら同じ血統なのに何故かミーシャは白服で、サーシャは黒服(これ黒服って言うけど最初は赤服だと思っていた)。これは家の方針なのだそうだ。

想像通りアノスの班にはミーシャしか集まらない。そこにサーシャがやって来てミーシャがただの人形だとけなすが、アノスはそんな考え方は魔法に関しての浅い理解しか持っていない証拠だとあしらう。怒ったサーシャが破滅の魔眼を発動させるも、アノスに効くわけもなく、逆にアノスの破滅の魔眼に睨まれてひいてしまった。

懲りないサーシャ、アノスの帰りを待ち構えていて判別対抗試験で負けた方が相手の言う事を聞くと言う事にしようと。アノスは、じゃあお前が負けたら俺の仲間になってミーシャと仲良くしろと言う。サーシャは勝ってアノスを下僕にするつもりだった。うーん、この相手の力量を読めない浅慮。まあここで挑発して来ないと話が進まないんだけど。

と言う事で一週間後の判別対抗試験開始。アノスの班とサーシャの班が対戦する事になった。キングが戦闘不能になるかガイズを維持出来なくなったら決着。アノス、どうするのかと思ったら裏をかくと言っていたけど、ミーシャに城を構築させておいて、籠城かとサーシャに思わせておいて単身速攻でサーシャの城の前に進出。

驚いたサーシャだが、慌てずに配下に命令。しかしその通信が全部アノスに筒抜け。
参考資料
「暗号術式が低次元すぎる」
ほーら、だからSSL3だのTLS1.0だの使うなって言ったじゃん(をい

それでも未だ慌てないサーシャ。キング一人で多勢で作り上げたこの城を突破出来る訳が無いと言った次の瞬間、そのお一人様が片手でそのお城を持ち上げてぶん回して放り投げてうまく受け身を取れと言ってきた。

やっぱギャグアニメじゃんw

城を放り投げられてしまったサーシャ、炎属性最上位魔法のジオ・グレイズを使うと宣言。流石にここに至ってアノスの力は理解したらしい。まだまだだけど。成功率がと言う配下を叱咤激励して全員の魔力でジオ・グレイズ発動。アノスも僅か一週間で全員をここまでまとめあげたかと関心はしたものの、その最上位魔法をちょいと普通のグレガを発動して雲散霧消させてしまった。

なに、力量の差だw

もはやサーシャはくっころさん。約束は果たす。ゼクトもあるし。こうしてサーシャはアノスの班に入り、ミーシャと一緒になる。こうまでして自分を誘ったのはミーシャの為かと聞くサーシャにそれもあるが、お前の目が綺麗だから、相当の魔力があると見込んだからだとアノスは言う。あれ、これでサーシャ完全にデレました?

試験後にアノスはミーシャとそしてサーシャも家に連れて来た。おかあさん、二人目のお嫁さんを連れて来たとまた盛り上がった。そしてまたもキノコのグラタン。おやおや、ミーシャのみならずサーシャまで幸せそうにグラタン食べてるじゃないか。
参考資料

二人を送り届けたあと、サーシャが先に屋敷に入ったと思ったのに何故か門の前にサーシャが立っている。そして運命が決まっているとしたらあなたならどうするかと尋ねて来た。アノスの答えは決まっているものなどぶっ壊せばよいと。そんなアノスにサーシャは友達のキス。ミーシャにあの人が好きなの?と聞いておいてするんだからちょっと意味があるのだろう。それは最後に呟いた「最後にあなたに会えて良かった」と関係しているのかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 宇崎ちゃんは遊びたい!・第1話 | Start | モンスター娘のお医者さん・第1話 »