« やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完・第3話 | Start | 魔王学院の不適合者~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~・第4話 »

天晴爛漫!・第4話

大陸横断レースで買って日本に帰るその日まで、日々の糧を得るべく働いていた小雨だったが、ふと気がついた。前回(いや、本放送は1クール前だけど)BNWの御曹司アル・リオンに勝って手に入れたあのスーパーカーを売り払えば日本に帰る旅費になるではないか。それに気がついて倉庫に戻ってみたらもう既に天晴が分解してしまった後だった。
参考資料

ところでジン・シャーレン、前々回一人で夜間に練習場で車を動かしていた時に天晴の出現で車を壊したものの、逆に天晴が修理して車はそれまでよりも快調に走る様になっていた。そんな縁で天晴を知って前回の天晴とアルの勝負の立会人となった。天晴がアルに勝てる訳が無いと思っていたのに天晴の奇抜な車による勝利で自分も「どうせダメだ」と言う考えから「やってみよう」と言う気持ちになった。そこでオーナーに自分をレーサーとしてテストして欲しいと言うが、オーナーはにべもない。

確かにオーナーの言う通りで、ここは学校ではない。手を上げたからと言ってはいそうですかとテストなどしない。ところがここで専属レーサーのデビットがチャチャを入れる。女なんぞに車が動かせるのならやってみろと。これでシャーレンとデビットの争いとなったが、シャーレンはやめるのを覚悟でデビットと勝負させてくれとオーナーに言う。仕方ないとオーナーは勝負をさせる事にしたが、但しシャーレンに使わせるのは古い0号車。素人に大事なマシンを使わせられないと言う。そして整備マンにもレースの為の整備をするのなら業務時間外にやれと命じた。

こうしてシャーレンが頼ったのはあの完璧な整備をした天晴だった。しかし0号車は天晴の所へ来る過程ですらエンストしてしまう。天晴は事情を聞いて、よし、じゃあ勝負に勝つ様に緊急ブースターを…と言いかけて、前回のあの小雨がエンジンごと吹っ飛んだのを知る小雨とシャーレンは口を揃えてそれは要らないと断る。そうなるとつまらない天晴は隣のBNWの方に0号車を持ち込んだ。

倉庫を開けてみたらアルが楽しそうにあの二輪車に乗っていた。前回敗北した時は負けたんだから要らないと強がりを言ってみせた手前恥ずかしい所を見られてしまったと思うアル。

と言うきっかけもあって、アルは天晴達の図々しい依頼に聞く耳を持った。それに他社の車を整備する事で自社の技術的ノウハウも積める。だから一レースする程度なら整備もすぐ出来る。しかしアルはシャーレンが勝つのは簡単ではないと言う。これまでシャーレンはレースをした事がない。一人で走行するのとは訳が違う。

それでもシャーレンは挑戦する。ただ、勝ってもチームに居られなくなったらと問われると、今は考えないとw
参考資料
まあ一応実家の家業はあるんだけどね。

それはさておき天晴による大陸横断レースの車の準備を楽しみにしているアル。天晴は皆が驚く車が出来ると言うが、でも間に合うかどうかは「今は考えない」。

そしてレース当日。みんな賭けをしていた。デビットが10周する間にシャーレンが何周出来るかを。一番高いオッズは3周。しかしそこに割って入った小雨は10周にたんまりと金を賭けた。これ、最後の場面を見たら全部失う結果になってるんじゃ…

アルも到着。流石にBNWの御曹司の事はみんな知っていて、なんでこんなに集まるんだと。

レーススタート。最初はシャーレンが前を奪う。みんなは0号車がまともに走れるとは思っていなかったし、レーサーはシャーレンだしで、シャーレンが先行するとは予想もしていなかったから驚く。でもスタートは体重の軽いシャーレンが有利だったのだ。小雨はこれ以降ド素人ぶりを発揮してこれで勝ったとか。

スタートで先行された事でデビットは抜き返した後はシャーレンなんぞに前に行かせるかとムキになるが、これは実はシャーレンの思うつぼ。シャーレンはデビットのスリップストリームに入って燃料消費とタイヤの摩耗を温存した。とは言ってもエンジンのパワーが違うので引き離されない様に追いかけなければならない。それをシャーレンはやってのける。

そして最後にシャーレンがデビットを追い抜く。既にデビットのマシンはタイヤも摩耗してグリップが甘くなって速度が上げられない。最後の直線でとうとうシャーレンが勝てそう、と言う場面でデビットがマシンをぶつけて来た。スピンしたシャーレンはぶつけずに停止させるのがやっと。マシンを降りてゴールしたデビットに向かって行った。

鬼の形相でデビットに殴りかかろうとしたシャーレンだが、先にデビットを殴ったのはオーナー。
参考資料
大事故になったらどうするつもりだったのかと。この消費でオーナーはシャーレンのレーサーとしての腕を認めた。とは言ってもレースでは観客は女の参加や勝利を望んでいない。だからここのレースには出せない。でも大陸横断レースに出たいのだろう?あの0号車を貸してやる。最初の補給ポイントで上位に入れば世間も女のレーサーを少しは認めるだろうと。

こうしてシャーレンの大陸横断レース参加が決まった。あのチームに所属しながら、整備マンも今回の事でシャーレンに協力してくれる事になった。

いよいよ出揃う大陸横断レースの参加者。でも新聞記者も言っていたが冷やかしの参加もあるみたいで、当然新聞記者から見たら天晴と小雨のチームは冷やかしなんだろうな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完・第3話 | Start | 魔王学院の不適合者~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~・第4話 »