« 放課後ていぼう日誌・第4話 | Start | 富豪刑事 Balance:UNLIMITED・第3話 »

GREAT PRETENDER・第4話

エダマメは夢を見ていた。子供だった頃、父親は弁護士で両親とともに幸せな子供生活を送っていた。エダマメは父親を正義の弁護士として尊敬していた。だがある時突如としてそれがひっくり返る。父親が人身売買組織の弁護士として逮捕されたのだ。そのニュースを見ていた母が倒れる(その後どうしたんだろう)。

サラザールの監視下になったエダマメだが、案内された部屋にはサラザールの家族写真があって、それを見たせいでそんな夢を見たのだろうと思うエダマメ。

枝村博士向けのラボの建設はあの廃工場で急ピッチで進んでいた。あと二週間かかりそうと言うのをカッサーノは一週間で終わらせろと命令して一週間後には完成する予定だ。つまりエダマメの猶予期間はあと一週間。

それでも取り敢えずエダマメはよく寝る。その寝込みを襲うアビー。ローランの命令で麻薬製造の仕方のビデオを持って来てくれたのだ。でもエダマメは以前言っていた。詐欺はやっても麻薬はやらない。なら好きにするが良いと言うアビーだが、自分の身は自分で守れと。そう言うアビーはいつまでもローランの所に居て良いのかとエダマメに問われると、危なくなったらずらかると言う。
参考資料

カッサーノから枝村博士の面倒を見ろと言われたサラザールはロスの観光旅行につきあう。どうやらあのハリウッド・スター達の手形とか足型のある所へ行ったみたいだが、熱血シリーズの俳優のは無い。でもエダマメは本気であると思っていた様だ。

次に球場へ行くが、エダマメはどれだけ野球に興味があったのか。観戦しながらサラザールのあの写真が気になって家族の質問をしてみた。奥さんは既に亡くなっていると言う。子供は施設預けている。週に一回だけ会いに行く。それは日曜日で、それって今日ではないか。

しかしサラザールはこの仕事があると言う。それならとエダマメは自分が行きたい所へ連れて行ってくれるのならとその施設を指示した。

どうもサラザールの子トムは父が来るのを待っていたみたいだ。これって下手したら待ちぼうけだったのか。でもサラザールはやって来た。枝村博士を連れて。そして一緒に遊園地に行く。ジェットコースターで気持ち悪くなってしまった枝村博士。

トムはガシャポンを発見。しかし回してみたらギャングでガッカリしている。トムはVIPを守るガードマン、父の様な仕事を尊敬していたのだ。エダマメがそうだったのと同じ様に。そんなトムにエダマメは手持ちのサムライと交換してやる。
参考資料

こんな調子でサラザール親子と一緒に遊園地を堪能していたエダマメは、ここでちょっとトイレに。サラザールがついていくと言ったがすぐそこだと一人で向かった。このエダマメが一人になるタイミングがポイント。

一人になった所を見計らってロス市警のアンダーソンが枝村博士を拘束。ディキンスが出て来て、要はお前のような小者はどうでも良くて、カッサーノとローランを一網打尽にしたいから協力しろと言うのだ。協力したら司法取引でお前を日本に帰してやろうと。そして偵察機能がついたメガネを渡す。その気になったらこれをつけろと。

トイレからの帰りが遅かったエダマメにサラザールはじれて探しに行ってトムが一人になった所で枝村博士は帰って来た。その時の会話は何となくトムは父が今何をやっているのかに気づいていそうだった。

家に戻って夜になるとまたもアビーがやって来る。今度は直接ローランと話が出来る様に。ローランからはどうやらFBIが動き出したらしいと知らされる。アビーもその話はこれが初耳。愈々きな臭くなって来たが、でもあのままカッサーノの前で薬を作る羽目になるよりもFBIにかき回された方が逃げようがあるんじゃないか。

アビーが帰った後でエダマメは盗聴カメラに気がつく。

枝村博士とサラザールはカッサーノのパーティー会場へ。カッサーノファミリーのパーティーなのだが、ここでカッサーノは枝村博士を紹介。そしてさらにはどうもこの中に裏切り者が居るみたいだと言う話になった。盗聴カメラの直後だったのでエダマメに緊張が走る。しかしカッサーノが屠ったのはあの金庫番の男。この時点では未だエダマメに対しての決定的が疑惑は無いみたいだ。

だからエダマメはサラザールにもう何もかも知っているのになぜ泳がすのかと聞いてみると、サラザールの仕事はカッサーノの命を守る事であって詐欺から守る事ではないと。
参考資料

エダマメはあの眼鏡をかける。信号をキャッチしたFBIはやっと枝村博士がその気になったと歓迎する。エダマメはひとつだけ条件を付けた。サラザールは見逃せと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 放課後ていぼう日誌・第4話 | Start | 富豪刑事 Balance:UNLIMITED・第3話 »