« 天晴爛漫!・第4話 | Start | モンスター娘のお医者さん・第3話 »

魔王学院の不適合者~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~・第4話

強力な魔力を持つ魔王候補を作る為にアイヴィス・ネクロンは娘のサーシャの魂を分割してもう一人のミーシャを作り、各々を育てて15歳の時にまたサーシャに融合させる分離融合転生魔法を使った。そうして生まれたのがミーシャ。だからミーシャは居ない子とされたのだが、別々にしてから再融合する以上はもう片方も順調に育てておく必要はないのか。ともかくミーシャはそれを自覚して明日15歳になったらサーシャに吸収される運命なのだと言う。

ここでアノスさん、珍しく感情をあからさまに出してミーシャをぎゅっと抱きしめる。そして自分の知らない言葉は不可能と後悔だと言ってミーシャには最後の時まで明日があると思って生きよと言った。
参考資料

王笏を持って逃げたサーシャの行く手を封じてアノスとミーシャが追いつく。

ミーシャのサーシャは私の事を嫌いかと言う質問に、サーシャはアノスとの勝負で答えてやると言い出す。これから書く魔法陣をアノスが行使出来たのならアノスの勝ちだと。アノスはそれを受けるが、アノスから見たら、いやサーシャにだって魔法陣を発動させる事は可能だろう。つまりアノスが勝つのは分かってる筈なのだ。それでもそれは始まった。

踊る様にして描いた魔法陣。それをアノスが発動させる。二つの魔法陣はゼクシズとデルト。ゼクシズは根源を同調させる魔法陣。もう一つはとアノスが言いかけたところでサーシャは止めてアノスを促した。

実はもう一つはサーシャをミーシャの方に融合させる魔法陣だった。サーシャは自分を消してミーシャを生き延びさせようとしていた。ただ、デルトの発動条件にはミーシャがサーシャを拒絶する事と言うのがあった。そうしておいてサーシャはミーシャの事を嫌いだったと言い、そしてミーシャに問う。ミーシャはどうなのかと。今迄散々ミーシャを拒絶するふりをしていたのはミーシャからの拒絶の答えを導く為だった…え?そう?途中で仲良くしてませんでした?あと、逃げたのは何故?

でもミーシャはそれを見抜いていたのか、サーシャがどうして嘘をつくのか分からない。自分はサーシャが好きだと言ってしまい、魔法陣デルトは失敗。ミーシャもサーシャもお互い相手を残して欲しいと言うが、アノスはそんな事を聞かない。自分なら両方を救うと。過去に遡って二つに別れた根源をさらにまた二つにして各々を融合させれば良いと言うのだ。

あ!減数分裂しての核融合ですか?w(ちょっと違う)

そうか分離融合転生魔法って2nの遺伝子を2nと2nにしておいて、それを融合して4倍体にする事で通常の2倍体よりも強くしようとしたのかw
だから2nを減数分裂させておいて融合して2nと2nの個体にしようと。
うん、そうだな(そうか?)

ともあれ、過去に遡ってそれを弄らなければならない。アノスにはそれは可能ではあるものの、そこにあいつが出現する。アイヴィスが。アノスの心臓を一突き。でもそんな事で死ぬ魔王様ではない。
「心臓を潰したくらいで俺が死ぬと思ったか?」
アイヴィスを壁に突き刺しておいてアノスはレバイドを発動。

しかし過去を改竄しようとすると時の番神エウゴ・ラ・ラヴィアズが出現する。過去の改竄は許さんと。そして先程のアイヴィスに時間を操作する力を与えてアノスを攻撃させる。あれ?何故本人が戦わない。

ともかく、時間を操れる様になってアイヴィスは圧倒的に強くなった。それは時間を止める事すら出来る。しかしそんな事で止まる魔王様ではない。
「時間を止めたくらいで俺の歩みを止められると思ったか?」
参考資料

運命を変えられるなど自分がぶち壊してくれる。そんな戯言をと言うアイヴィスにアノスは自分の配下の言葉を侮辱して黙っていられるかと前進する。サーシャが望むのなら運命をぶち壊してやる、ミーシャが奇跡を望むのならそれを本物にしてやる。これで二人は完璧に魔王様への忠臣に。アノスを信じる力が一緒になってさらに分裂した根源を融合してミーシャとサーシャ両方に融合して二人は残った。

二人を救ってやっとアノスはアイヴィスと対峙。と言っても圧倒的な力で恐怖を叩き込んで消し飛ばした。断末魔でおのれ摂理に従わぬ不適合者とか言っていたが、あれはアイヴィス以外の何者かが叫んだのかもしれない。こうして一旦アイヴィスを滅しておいて、復活させ、改めて配下とする。

外に出てふらついたミーシャがあの手紙を落とすが、どうやら居ない子とされて外に出されていたものの、里親はとても良い人だったらしい。そうだろうなあ。だって他の人間全員がサーシャを居ないものとしていたのに、入学の時に盛んに手を振っていたんだから。開けない手紙を手にして涙をこぼす。
参考資料
そして誕生日の指輪をプレゼント。サーシャ、それを見てえええって。やっぱり本質はチョロインだったか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 天晴爛漫!・第4話 | Start | モンスター娘のお医者さん・第3話 »