« うまよん・第2話 | Start | GREAT PRETENDER・第2話 »

ジビエート・第1話

まーた突如出現した正体不明の生物によって人類が危機って話かと思ったが、今回は新型ウイルス。ご時世に即してCOVID-19なお話かと思ったら、アニメでよくある人間を一瞬にして変形させてしまうウイルス「ジビエ」が原因。これもよくある話で、ウイルスはそんな事出来ないって。

と思ったらいきなり1600年。島流しにされていた真田兼六と鬼倉雪之丞が荒天の中で雷にうたれてジビエの蔓延している東京にタイムワープ。クロムクロかよ。あるいはオリンピア・キュクロスかよ。それにしてもいくら何でも島流しと言えども荒天の時に船は出さないよ。

そこでジビエに対するワクチンを何としても作るんだと言う神崎千水と出会う。真田と鬼倉は恐ろしい程に順応性が高くて神崎の説明で自分達が飛ばされた世界を理解してしまった。

真田と鬼倉は神崎の案内でキャンプへ到着。途中でおっさんが刀を取りに家に行くが、それはどう見てもジビエにやられるフラグ。あれ、刀を届けた後で発症して涙ながらに斬られるんだろうなあ。
参考資料

キャンプではジビエの研究をしているヨシナガ博士が居て、二人は紹介された。ヨシナガ博士も順応性が高くて二人がタイムワープしたと聞くとジビエが居るくらいだからタイムワープがあってもおかしくないと言う。なんだそれ。それに池田秀一さんの声なので妙な胡散臭さもあるw

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« うまよん・第2話 | Start | GREAT PRETENDER・第2話 »