« GREAT PRETENDER・第3話 | Start | 天晴爛漫!・第4話 »

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完・第3話

立つ鳥跡を濁さずとは?
平塚先生ひょっとして転任?だから他の教師が慌ただしいのに暇そうにしていたのをさぼっていたと言い訳したのだろうか。

今日は総武高校の合格発表の日。在校生は普通に学校に来ていて、合格掲示板を見た小町から連絡が入る。その直前に沙希も飛び出していて、まるで八幡がおいかけたみたいだった。小町が泣いて喜ぶものの、結衣が来た時はそれ以上に泣いて喜ぶ。微妙な感覚のお兄さん。
参考資料

前回いりはすからプロムを手伝ってと言われて雪乃が良いよと言ったのは奉仕部としての返事ではないが、八幡が手伝ってもいいんじゃねと言った件は、奉仕部がじゃなくて結衣が手伝いたいのはいいんじゃねと言ったのか。だから八幡は一人で居て、そこにいろはすがやって来て手伝ってよとおねだりする。

その会話の中での「この報告は八幡にとってはショックだった」って、お前は孔明かよw
参考資料

そして同じ会話の中でいろはすからは女の子を妹扱いするのは女の子が傷つくとのご託宣。そうなの?でも八幡からしたらいつも常に小町のお兄ちゃんしてるからそこは自然で仕方あるまい。

と言う事で八幡は生徒会に手伝いに行くが、雪乃と結衣には話が通っていなくてあれ?と言う顔をされてしまった。でも手伝ってくれるのならと早速参加するともうちゃんと手配とかは済んでいる。貸衣装とかも。そこで八幡が何をするのかと言えば、プロムの紹介ビデオのモブだそうだ。あまりうぇーい系ばかりなのもと言う事で呼ばれたエキストラなのか。

プロムの告知自体はLINEで済ませてあって、八幡みたいなLINEをやってない人間はどうするんだと言うと、雪乃はあっさりとそう言う他人との関わりを断ってる人間はどのみちプロムには来ないと言い切った。ああ、まあそうだよね。

セッティングされた体育館へ。もうこんなに用意出来ちゃってるのか。実施目前と言う感じじゃないか。もう貸衣装も来てるんだし。と言う事で、遅れ馳せながら八幡も着替える。そこにいろはすがやって来て今回ばかりは本当にごめんなさいと謝る。そうなの?そんなにいろはすが真摯に謝る様な事だったの?でもまあその後ではぐらかすんだけどね。

雪乃も着替えたが、ドレスの方じゃなくて男装だった。ああそれであのOPなのか。主役なせいか燕尾服で、他にちゃんとしたダンスが出来る人間が居なかったかららしい。葉山はダメだったんだろうか。

そして次に結衣を迎えに行く八幡。着替えは沙希が手伝っていた。衣装の着付けが終わってあとのメイクは自分でと言って怖い川なんとかさんは出て行く。二人残るが、八幡の前で気にせずメイクする結衣ってどうなんでしょうね。本当に好きな男の子だったらその男の子の前で平然とメイクするものなんだろうか。知らんけど。でもあまりジロジロ見ないで恥ずかしいと言っていたのでそう言う気持ちはあった様だ。

八幡がどうせビデオは顔をマスクするだろと言うものの、結衣は撮ったオリジナルには顔が残る。そこにはちゃんとメイクした顔で残りたいと言う。それは確かにそうだ。

メイクが済んで外に出る時、八幡は段差があるからと結衣に腕を出してくれる。最初は何の事だろうと思った結衣もそれに気がつくが、でも前回雪乃のアレを見ちゃった後なのでこの時の気持はいくばくか。
参考資料

そしてダンス場面はメインが雪乃といろはす。結衣は八幡と。八幡がダンスを踊れると言うのが意外だ。いくら見様見真似でも簡単じゃなかろうに。一方の雪乃さん、ちゃんとダンス出来るものの、ビデオを見てみたらまるで競技ダンスみたいな感じで、いろはすからはもっとウェイウェイした場面も欲しいと言われた。

と言う事でそこからはウェイウェイなノリの場面となるのだが、壁に離れた八幡、なるほどプロムってこんな感じかと理解して、やっぱ合わねーわと思うのだった。うんうん、分かる分かる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« GREAT PRETENDER・第3話 | Start | 天晴爛漫!・第4話 »