« 社長、バトルの時間です!・第9話 | Start | 動画工房 春のアニメまつりで振り返る・うちのメイドがウザすぎる »

プリンセスコネクト!Re:Dive・第9話

コッコロが福引きをしていた。今回のサブタイが「美食のバカンス~磯の香りはテンタクル~」だったので、ここで海辺の旅行が当たるのだろうと思ったら見事に当てる。コッコロちゃんには色々良い事が起きて欲しいと思う。

それにしてもサブタイ、オチまで書いてあったか…

キャル、すっかり田植え仕事が身について、ここまで丹精込めたら美味しいお米が食べたいとか。お腹をすかせて館に戻ってみると、みんなで海水浴支度をしてる。福引きで当たりました。

前の晩、コッコロがユウキの部屋に水着姿を「見せびらかし」に来た。コッコロは山育ちだから海水浴とかした事がなくて、自ずと水着も着た事がなくて、買い物に行ったら(買い物場面は無しですか、そうですか)店の人達がお似合いですよと言ってくれたけど主様がそう思ってくれるかどうか心配だったのだ。いじらしすぎる。
参考資料

勿論ユウキは似合ってると言ってくれる。そしてユウキが見せたのは、海での泳ぎ方の本。この晩、二人で泳ぎの練習をするのだ。

そしてやって来た海辺。ペコリーヌはビキニだろうとは思っていた。でも単純にビキニじゃないね。ヒラヒラ付き。ペコリーヌが手をふる方向にはユウキとコッコロしか居なかったのでキャルは隠れてるんだろうなとは思ったが、本当に隠れていた。何を恥ずかしがっているのか。見張りを言いつかって間もないのにとか、そう言う意味なのか。

ユウキやコッコロは海に入って楽しんでいるのに、キャルは浮き輪ボートにしがみついている。。泳げないんだろうあなと見ていたが、やはり泳げない。だったら自分が押してあげましょうと足のつかない所までキャルを運んでしまう。帰りはペコリーヌが疲れてヤバかったですねらしい。もうお腹空いたのかと思ったら、ペコリーヌの普段着てる装備がペコリーヌの力の源泉なのだそうだ。あれで力が出る。その代わりお腹が空く。あの装備をつけていないと自分はただの女の子と同じ力(今はティアラがあるからそれなりの力は出る)。

これにはキャルが驚いた。だって、キャルはペコリーヌの見張りを仰せつかっている。当然ペコリーヌの弱点を探す役割もある。それをペコリーヌの方から全く気にせずに話すのだから。そんな事言って良いの?と驚くキャルに、ペコリーヌは「仲間ですから」と。キャルにはこたえるセリフだ。
参考資料

と、そこにスズメが止めて止めてとロバに引かれてやって来た。確かに見かけた記憶があるけど、何の時だったっけ。と、自分の感想を見返したらコッコロがお買い物に出かけてサレンのお店に立ち寄って、その後の荷物運びの時にリマと遭遇する、と言う回の話だった。サレンの方はよく覚えている。

スズメによると、サレンとすぐ近くで海の家をやっていると言うのだ。そんな訳で美食殿のみんなでサレンの海の家へ。美味しそうですぅと言うペコリーヌがメニューの端から端まで全部を注文。確かに海の家定番の美味しそうな食事が出て来た。

食べても美味しくて、でもそれなのに客が全然居ない。もう一つ海の家があって、みんなそっちに行ってると言うのだ。えー、チラ見ではそもそも海岸に人が居ないから海の家やっても人が来ないんじゃと思ったのに。

ライバル店では目玉商品を用意していた。確かにそっちには沢山人がいる。この砂浜のどこに人が居たのか。何を出しているのかと言えばたい焼きだった。えー、海の家でたい焼き食べたい?

この店のオーナーはアキノ。メルクリウス財団のオーナー。サレンとは知ってる仲で、素人は海の家でたい焼きなどと言う発想は無いかもしれないが(キャル、カチンと来る)海で冷えた身体に温かい食べ物で糖分補給も出来るたい焼きこそが売れると言うのだ。そしていい加減自分自分のビジネスパートナーになれとサレンに言うアキノ。でもそれはアキノがサレンを心配して言ってると言うのをミフユが暴露する。

とは言え、カチンと来たキャルさん、こうなったら目玉商品を作って目にもの見せてやると何か特別なメニューを作る事になる。こうして美食殿のみんなは海に食材探しに。ユウキが見つけたのはナマコかな。あれって握ったらああなっちゃうの?

一方でメルクリウス財団のお店では先程迄たい焼きを売っていたタマキが休憩に。同じ様にユカリが休憩に入ったものの、麦酒を飲んでしまって完全に酔っ払ってしまっていた。酔いを覚ましてやるとタマキはユカリを海に放り込んだが、あれ?そこって浅い?

いや、そこにはモンスターが居たのだ。巨大イカ出現。ユカリが捕まってしまう。ああ、分かったぞ、新メニューw
参考資料

クラーケンが出るからと遊泳禁止になっていた海にタマキがユカリを放り投げてしまった。これは大変だとペコリーヌがクラーケンの足を押さえる。ティアラが発動してるからある程度力は出ているけど、あれだけでは足りない。仕方ないわねとここでキャルが魔法発動。その杖、どこから出て来るの?キャルの魔法で浮かび上がったクラーケンをペコリーヌが投げ飛ばしてしまった。

これで食材ゲット。
クラーケン焼きが海の家でヒットしてアキノも認めざるを得なかった。
まあ元々アキノさんはサレンと切磋琢磨したい人みたいなので。それに親の七光りではなくて、自分の力で頑張ろうとしている人。

こんな楽しい海のバカンスを過ごせて主様に感謝するコッコロちゃん、マジ天使。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 社長、バトルの時間です!・第9話 | Start | 動画工房 春のアニメまつりで振り返る・うちのメイドがウザすぎる »