« プリンセスコネクト!Re:Dive・第10話 | Start | 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第二部・第10話 »

動画工房 春のアニメまつりで振り返る・私に天使が舞い降りた!

さらに最近に近づいたので完全に覚えている「わたてん」。
先週の「うちのメイドがウザすぎる」の次のクールで放送された。

この作品で決定的に声の印象がついたのは姫坂乃愛役の鬼頭明里さん。わたてん以前ではブレンド・Sの日向夏帆がそうなのだが、あの時は普通の女の子の声として聞いていた。或いはラーメン大好き小泉さんの中村美沙なのだが、これはちょっとうるさい女の子と言うイメージで聞いていた。乃愛で決定的に印象づいて、ひとりぼっちの本庄アルとか、リステージの月坂紗由とか聞いただけで分かる。千代田桃は難しかったけどw

お話は幼女趣味の星野みやこが花に一目惚れしてしまって餌で手懐ける内容。しっかりしていそうな雰囲気なのにお菓子に弱いとか、ファッションセンスがおかしいとか、そう言う面のある花がみやこを遠ざけたり近寄ったりしてる様が良い。そしてみやこべったりのひなたとか。

花の食べ物に釣られる性格ヤバいよ
参考資料

そして最後の場面で登場したのが鬼頭明里さんの乃愛。ある意味では乃愛が作中では一番しっかりした子かw

パッと見では芳文社アニメっぽいが、そうではなくてももう一方の雄の一迅社アニメ。近年は芳文社アニメよりも一迅社アニメの方が日常してると思う。ともかく、わたてん、良かったなあ。

私に天使が舞い降りた!が放送された平成31年1月には「かぐや様は告らせたい」「上野さんは不器用」が放送された。ああ、上野さんも強烈な印象だったなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« プリンセスコネクト!Re:Dive・第10話 | Start | 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第二部・第10話 »