« 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…・第11話 | Start | 夏のアニメ新番組 »

グレイプニル・第11話

円の集団を夾竹桃の毒で焼き殺した修一達。

流石にあまりの虐殺行為に衝撃が大きい小柳チームはこの山をこれ以上進むのは無理だと言い出した。これ以上コイン集めは無理だと。だが紅愛は反対する。ここでコイン集めを放棄する訳には行かない。円のチームは全員が死亡したとは限らない。我々は顔を知られている。このまま戻って元通りの生活はもう出来ない。

確かにそのとおりだ。だがあまりの事を小柳チームは受け止めきれていない。それに山も険しく予定よりずっと時間をくったので今日は一旦下山してやりなおしをしたいと紗耶香が提案して、下山した。
参考資料

下山した所で映画泥棒な池内に未だに連絡が取れないと言う話になる。彼、裏切って死んだんだよ。それは紗耶香は感知は出来ず、髪の毛は自動的に締まる仕組みなのか。

解散してからも各々が受けた衝撃は大きかった。リーダーをやっている紗耶香はこれをどう受け止めるべきか悩んでいた。だって力を持って馬鹿な事をしでかす連中を出し抜く為に100枚のコインを最初に見つけようと言うのが小柳チームの目標だったのだ。それが他のチームを殺戮したのでは一体どこに正義があるのか。相原未来はリーダーの進む方向に従うとは言ってくれる。

村上陽太と春日勇も同じく衝撃を受けていた。勇は夾竹桃を繁殖させただけとは言っても何も手をくださなかった訳ではない。あんな事を考える紅愛達は一体なんなのだと。そして修一が幼い頃に同じ塾に通っていた筈なのに話が合わない事も気にしていた。一方の陽太。彼は逆に何一つ出来なかったことを悔やんでいた。

修一と紅愛の帰り道でも修一は暗い顔をしていたが、でももう今回の事で覚悟は決めていた。あれは自分がした事でもあるのだ。そんな暗い修一に紅愛は、じゃあこれから家に来ないかと。エッチな事してあげるとか。修一くん、純情だからそんな事いうなよと赤くなり、さらに紅愛はあの子とはしたんでしょとか。いつからした事になってるんだ。

翌日は学校。と言うか、そんな普通の日常だったんだ。あれで戻らなかったら学校を休む事になっていたろうに。昇降口で吉岡千尋を見かける。同じ学校だったんだ。休み時間に修一は千尋を屋上に呼び出して、当面知らない間柄でいようと。千尋はそんなと言う顔をするものの、修一の下手にあの円のチームの誰かにみとがめられたりしたら大変だと言う理由は当然のものなので納得するしか無かった。でも修一は優しいからなにかあったらすぐに連絡してとも。
参考資料

こうして何事も無かったかの様に日常は過ぎて行く。だが何事も無かった訳ではなかった。修一が気がつく。虻川君が最近学校に来ていないけどどうしたんだろうと。そう言えばと、修一に聞かれた友達が虻川が最近他校のおかしな連中とつるんでいたと言う話をする。

さらに不穏な話は続く。三船奈々から山中の河原で焼け焦げた死体が何人も見つかったと。あの中に虻川君が居たのか。自分が手にかけてしまった人たちの中に友達がいたのか。

たまらなくなった修一が宇宙人の所へ行く。でも宇宙人の答えは江麗奈にしたのと同じ。これはもう動き出してしまった。自分達にもどうする事は出来ないし、興味深く見ていると。

宇宙人の所からの帰り道、修一は人気の無いところへ向かって、あとからついてきた男に言う。もうここなら良いだろうと。刀を持つ彼は円のチームに居た男。もう彼にとってはコインなどどうでも良い。自分達を救ってくれていた円の弔い合戦を修一に挑む。

覚悟を決めていた修一は中に紅愛が入っていなくとも彼と正面から戦う。そして自分だけの意志で彼を撃ち抜いた。

でも第11話はここで終わりじゃない。
話は宇宙人が初めて地球人と接触した、それはほのかと接触した時に戻る。宇宙人はほのかから地球人にコインを集めさせてみたらどうか、その代わりにコインを集める人間の願をかなえると言うやり方を教えた人間だった。そのほのかが見せた写真には修一と江麗奈ともうひとりが写っていた。

そして山中でそのもうひとりが出現する。宇宙船の残骸を求めた連中に一人で対峙しようとしていた男。でもその男の背後にはやはり変化したと思われるほのかが居る。
参考資料

え?
これあと二話で区切りがつくの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…・第11話 | Start | 夏のアニメ新番組 »