« 波よ聞いてくれ・第9話 | Start | 社長、バトルの時間です!・第9話 »

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…・第9話

カタリナが落第を免れた。その喜びをアンに伝えに行く。アンはアイロンをかけていたが、その場面では手間に大きな鞄の様に見える物があったので、よもやアンはクラエス家に暇乞いするのかと思った。だがあれは小箱だった。カタリナは自分は何もしていないと言うアンに対して居てくれるだけで助かったのよと言ってくれる。

今回はアンの話。

カタリナの無自覚さによって、アンはこれまでに随分とヒヤヒヤする場面があった。額の傷が無くなったからと、ジオルドに婚約を取り消してもいいと、全然ジオルドの気持ちを考えずに切り出し、ジオルドが傷は未だ消えていないと言い張ってアンに同意を求めて来た時は肝を冷やした。

まああの場は王族のジオルドと少しアホの子のカタリナを天秤にかけたらジオルドの言い分に従うのは当然だろう。

キースについてもそうだ。カタリナはキースの気持ちも知らずに、最近色気が出て来たってメイド達の間で噂よーとか。アランは未だ自分の気持ちに気づいていなくて、でもカタリナの注文を受け止めてしまうのだ。メアリは恐ろしい企みを持っていて、カタリナと二人でどこかの島に逃げてしまおうとか考えていた。勿論カタリナは本気に思っていないが。

カタリナはこうして一部の人達に人気があるとアンは見ていた。
ところでそれを思った場所が洗濯場みたいな場所なんだけど、こう言う場所で洗うの?
これは初めて見た気がする。どんな資料に載っているのだろう。
参考資料

今晩はパジャマパーティーです。女子だけでパジャマを着て夜通し美味しい物を食べて好きな話をする。それは楽しそうですねえと言うジオルドに、だったら男子同士でもやったらと言われてゲッと思うキース。

パジャマパーティーに合わせてそのパジャマを選ぶカタリナだが、何故そんな奇妙な物を持っているのか。茄子型のはまだしも電飾付きのはどこでどうやって手に入れるのか。

さて女子会の語り合い。ソフィアから好きな人とは何をしたいのかと言う質問が出る。「好きな人」です。「殿方」とは限りません。カタリナの答えがかなり無難で、畑で収穫した作物で料理を作りたいと。これはマリアも、カタリナにクッキーを作ってあげたいと言うのと合致していて、一見問題無い形で話が進む。そこをメアリがぶち壊すけど。そしてもっとあらぬ方向へ進むのがソフィア。それってロマンス小説の展開。

そこに侍していたアンにも話がふられてしまった。誰か結婚する相手はいないのかと。確かにカタリナ達よりは年上なのでそう言う話も聞かれるだろう。だが、アンはそんな事は考えていないと答えると、それは何故かと突っ込まれて答えにくそうに顔を伏せる。気づいて言ったのか、ここでカタリナはみんなに質問。生まれ変わるとしたら何になりたいかと。話が逸れた所でカタリナは夜遅くなったからと言ってアンを帰した。

アンは元々はシェリー男爵が使用人に産ませた子供だった。アンは母の言いつけに従って男爵の言う通りの行いをし、男爵に気に入られるのが自分の生き方なのだと思っていた。だがある時男爵邸が火事になる。母はその時に亡くなり、アンは大火傷を負った。傷物になったアンに対して男爵はもう政略結婚の道具に使えないと家を追い出した。アンは男爵の遠縁のこのクラエス公爵家に雇われる事になり、カタリナに仕える事になった。

当時のカタリナは未だ覚醒前。わがままいっぱいだったカタリナに男爵に使えた時と同様に道具の様に仕えたが、例のカタリナが転んで頭をぶつけて覚醒してから話が変わる。単なるわがままな子だったカタリナから自由奔放で誰にも平等なカタリナに振り回されているうちに道具から脱却して行ったアン。そんな時にアンに誕生日プレゼントとしてあの小箱を贈ったのだ。

ずっとカタリナに仕えたいと思うようになった矢先、シェリー男爵からアンに手紙が届く。お前の婚礼が決まったから準備しろと。そうしてやって来たシェリー男爵。アンを連れて行こうとする所へカタリナがズカズカと入って来る。アンを連れて行っては困る。自分にはアンが必要なのだと。自分を必要としてくれるカタリナを見て、アンは男爵にこの結婚は断ると初めてはっきりと言える事が出来た。
参考資料

何を言ってるんだと言う顔をするシェリー男爵に対してクラエス公爵からのお話(説教かなw)。
これでアンがクラエス家に残る事が決まった。カタリナがアンを守ってくれて。
このシリーズにこんな良い話があったとは。

残りパート。
ジオルドにカタリナからお手紙到着。学園裏庭のテラスへお越しください。
カタリナの性格はまあ分かっているから額面通りに受け取れないとは思いつつも、人気の無い所へ呼び出されるとあっては何かカタリナが喜びそうなプレゼントを持参して行かねばと特注の園芸ハサミを作らせてジオルドは現地へ。

あー、やはりw
そこにはいつもの面々が居た。みんなカタリナに呼び出されて。
何かと思えばカタリナ農場の作物の収穫祭なのだそうだ。ささ、これに着替えて。
参考資料
メアリ…w

それでもめげないジオルド。特注の園芸ハサミをカタリナにプレゼントとしたが、みんな考える事は同じなのであったww

順調に破滅フラグをへし折ったカタリナ。
この調子なら破滅回避も疑いないと思っていたのに、別の方向から破滅フラグがやって来た。やはり、まずい目で見られているなあとは思っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 波よ聞いてくれ・第9話 | Start | 社長、バトルの時間です!・第9話 »