« 異世界かるてっと2・第3話 | Start | 推しが武道館いってくれたら死ぬ・第4話 »

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。・第4話

第二回イベントが開始されてメイプルとサリーは岩が浮いている世界へ。これから一週間サリーと一緒なんだねと言うが、リアルの時間では2時間だそうだ。時間意識までいじられるんだ。

そうやって二人で話していたらいつの間にかメイプルが居なくなる。でもどこからか声は聞こえる。声のする方の地面を触ってみたら手がすっぽぬけた。覗いていてみたら地下空洞になっていてそこにメイプルが居る。大丈夫だった?と聞かれても、メイプルは防御が完璧でダメージ0だから大丈夫。
参考資料

そしてメイプルによると横穴があると言うので隠しダンジョンではないか、だとしたらそこにメダルがあるのではないかとサリーも地下に下りて探検する事にする。

案の定出て来たモンスターはあっさり片付けてメダルを2個確保。それにしても防御の為のカバームーブが移動速度が遅いメイプルの高速移動手段になってしまっていた。それでダメージを受けても元々0だから何度受けても大丈夫。

移動ポイントらしき物があったのでそれに入って別の場所へ。今度は雪山の見える草原。雪山の方へ移動。雪なのに冷たくないと言うのはいいが、登山で体力は使わないのか。

そこにもどうやらゲートらしきものがあったが、そのタイミングでクロムのパーティーと遭遇。サリーはこのイベントがプレヤー同士のメダルの奪い合いもありとの事なので身構える。でもクロム達にはそんな気持ちは無いし、メイプルも知った人なので警戒しなくて良いよと。

ゲートは、見た所は1パーティーしか入れない様だと言う。それってどこで分かるんだ。そんな訳でどっちが入るのかと言う事になるが、メイプルがクロムには以前お世話になったからと譲る。

と言う事でクロム達が中に入ったが、程なくしてゲートが復活してしまった。これが意味するところは二つ。メダルを回収して速攻で終わったのか、クロム達がやられてしまったか。

ともかく、入れる様になったのでメイプルとサリーは中へ。クロム達がやられたとしたら強敵が待っている筈なので慎重に進むと、奥に怪鳥ラルゲユウスみたいなのが居た(Twitterの実況ではポケモンのフリーザーって言われてたけど知らないしw)。

強敵相手に既にメイプルは盾を悪食に変えていたが、それでも防御が結構苦しい。しかも悪食で相手の片足を奪ったりしているのに、HPがちょっとしか減っていない。これは大変な相手ですな。

それでもメイプルが防御、サリーが攻撃、そしてメイプルがヒドラを使って対抗して行く。最後はヒドラを使って敵を倒したが、HPが10以下になった時に獲得した不屈の守護者と言うスキルでギリギリだった。
参考資料

倒した後はメダルの他にドロップアイテムの様な卵が二個。メイプルが亀の甲羅の模様の様な卵を取って、サリーが白くてしめ縄みたいなのが巻いてあるのを選ぶ。モンスターらしくて温めると孵化するとの情報。

散々戦ったのでもう当分は戦いはいいやと戻ったものの、イベント中は他のプレヤーにメダルを狙われる可能性があって隠れるメイプル。

そのうちに卵を温めていたら孵化した。メイプルの方は模様どおりに亀。サリーの方は狐だった。あれはそう言うしめ縄か。未だ小さいのでレベル上げをさせてあげる段階。でもEDでは亀に乗ってる場面があったね。

一方で運営側は騒ぎが起きていた。あのメイプルとサリーが倒した相手は「俺たちの悪意の塊」で「倒せる仕様じゃなかった」とか言い放つ。おい、なんだそりゃ。
参考資料

メイプルとサリーは砂漠を歩いてオアシスに到着。そしてそのオアシスには剣士の様なプレヤーが居る。誰?前回イベント5位だったが、5位なぞは眼中に無しかと言う。ちょっと敵意ありそうな相手なのでサリーがやはり身構える。でもメイプルって初心者状態なので1位と2位もあまり知らなかったんだよね。

そして今回の掲示板。やっぱり流れ方が早くなった。誰かが高い雪山に登ったけど何も無くてくたびれもうけだったと言うと、クロムが俺も登ったけど鳥型モンスターにボコボコにされたと言う。でもその後に何も無かったと言う事は誰かがクロムをボコボコにした鳥型モンスターを倒したと言う事で、そんなのまたメイプルちゃんかと言う流れに。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 異世界かるてっと2・第3話 | Start | 推しが武道館いってくれたら死ぬ・第4話 »