« ライフル・イズ・ビューティフル・第3話 | Start | 神田川JET GIRLS・第4話 »

私、能力は平均値でって言ったよね!・第4話

ハンター養成学校の卒業式の時に派手な模擬試合で赤き誓いとして華々しくデビューしたマイル達。安宿を拠点として活動する事にした。安宿を。何だかやけに安宿安宿言うと思ったら、マイルが当初泊まっていた宿だったのか。そして安宿言うな、破格値にしてやってるのにと怒りのレニーちゃん。再登場の機会あったんだ。

破格値にする条件として四人にはこの宿でフロア担当として働く約束になっていた。マイルは前世の知識でメイド服でおいしくなぁれもえもえきゅーんなんてサービスも出来る。何故異世界に来てまでとの気持ちはあったが。やはり自分の睨んだとおりだったなと思うレニー。しっかりした子だった。
参考資料

それはそれとしてハンターとしてクエストをこなして行かなければならない。赤き誓いとして恥ずかしくないクエストは何か無いか。探していたら岩トカゲの捕獲と言うのがあった。トカゲ相手ならいいんじゃないかと言う事で現地に行ってみたら、人間よりも巨大なトカゲ。やはり魔獣辞典を見てから行くべきだった。

逃げても仕方ないとメーヴィスが剣で立ち向かったものの、あっさりと尻尾で剣を跳ね飛ばされてしまった。メーヴィス危うし。レーナの火炎魔法で倒す事も可能かもしれないが、それだと丸焦げになってクエスト達成にならない(とは言っても本当にメーヴィスが危うかったらそんな事言ってられないけど)。

そこでマイルの提案でレーナとポーリンが氷魔法のパーフェクトフリーズとウルトラフリーズを発動。岩トカゲの動きが鈍くなったところでメーヴィスが剣で倒した。こんな倒し方どこで覚えたのと言われてマイルはトカゲは変温動物だから低温にしたら動きが止まるんだよと前世の知識披露。
参考資料

こうして岩トカゲをクエストを依頼した商人の所へ持って来たが、15dG(何の単位?小金貨とか言ってたか?)だった筈なのに10dGだと言いだした。首に傷があるとか、殺してから三日経ってるだろうとか。駆けだしの小娘ども相手だから値切ろうと言う魂胆だったものの、こちらにはポーリンが居る。ふーんそうなんですか、だったらクエスト失敗の違約金を払ってこれだけ捕獲したトカゲ(と言ってマイルが四次元ポケットからもっと沢山出す)はこちらで処分しますと居直る。

慌てた商人だったが後の祭り。岩トカゲはギルドが当初の金額で引き取り、依頼の内容が不正だった為に違約金も払わずに済んだ。

その後も赤き誓いは順調にクエストをこなして行く。レーナがここでレベルアップを目指そうとそれに相応しそうなクエストを探したら商人の護衛のクエストを見つけた。最近商人を狙った山賊が出没していて襲撃して殺されるケースもあるのだと言う。ギルドの人はお勧めしないと言ったが、レーナはやりましょうと言う。

護衛って、手強いと言うよりも、今迄全部魔獣が相手だから容赦なく倒せたけれども、今度は人間相手になる点が問題。そしてそれが今回露呈する。

護衛として馬車に乗ってる時は暢気なじいさん相手で、でもこのじいさんは山賊が出ようとも商品を届けなくてはならない、老い先身近いし命は惜しくないと言う事で今回の仕事を請け負ったと言うのだ。でもレーナ達から言わせたら死んでもいいなんて言わせないと。

ところが馬車が泥をはねて何故かマイル達だけが泥だらけに。宿営地で着替えるマイル達。マイルは「こんなこともあろうかと」着替えを持って来ていたが、メーヴィスにはまたも男子制服だし、ポーリンにはマイルの服が小さすぎて商人達が群がる程だった。

と、ここでナノちゃんの勧めで妖怪アンテナを立ててみたらもう既に山賊に囲まれている。矢がまさに射掛けられようとしていて、マイルは即座に全体を「光子力バリア」で保護した。

妙な魔法を使う連中だなと言って出て来た山賊はかなりの人数。大人しく荷物を全部置いて行けば命だけは助けてやると言うが、既に殺されている前例があるからそんな話は信じられない。赤き誓いは山賊達と交戦。見かけは少女達だが、既にCランク以上の力があるから普通の山賊では太刀打ち出来ない。ところが山賊には用心棒が居た。先生お願いします。

山賊に雇われた魔法使いは合体ロックゴーレムを出現させる。これを見て大興奮のマイル。メーヴィスはロックゴーレムに対する戦い方はもう心得ているとジョイント部を攻撃するが、この合体ロックゴーレム(ガッコーン)はそこも強化してあった。そしてロケットパンチを繰り出す。マイルが来たーとワクワクしていたが、そこを直撃。あれ?マイル?

これを見たレーナのトラウマスイッチが入る。どうも昔山賊に襲われて父が殺された過去があるらしい。それと同じ様にマイルがやられたのを見て怒りの火炎魔法。だがロックゴーレムはびくともしない。

ところがやられてしまったと思われたマイルは無事でした。てへ。そしてマイルが今度はロックゴーレムに氷魔法ウルトラフリーズ。敵の魔法使いはそんなもの効かぬと言うが、凍らされたロックゴーレムにヒビが入る。そこへマイルのパチンコ攻撃でバラバラに。火炎で熱くしてから急激に冷やしたからねと。

これに山賊の首領が上玉揃いで高く売り飛ばせると思ったのによなどと言い放ったのがレーナの最後のトラウマスイッチを押してしまう。レーナは首領目がけて最大限の火炎魔法を放とうとする。マイル達はそれを慌てて制止。そんな事したら相手は人間で消し炭になってしまうと。
参考資料

首領は慌てて逃げたが、残ったマイル達にレーナは言った。
あなた達、人を殺した事がある?と。
レーナ、賊に父を殺された時にもひょっとしたら相手を焼き殺した?
作品の雰囲気から大やけどにはなったけど殺してはない気もするけど。でもあの絵は死んでるなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« ライフル・イズ・ビューティフル・第3話 | Start | 神田川JET GIRLS・第4話 »