« 恋は雨上がりのように・第4話 | Start | 舞台探訪・ラーメン大好き小泉さん・日本橋たいめいけん »

ハクメイとミコチ・第4話

コンジュが先日の歌姫の時に助けて貰ったお礼に新築祝いの手土産を携えてミコチの所を尋ねて来た。例の骨の玄関に驚くが、ミコチはこっちにまわってと温室の方に招く。温室はイイ感じだよね。

手土産はハーブティー。温室内が散らかっているのを見てなんだこれはと言うコンジュだが、ミコチは保存食などを作ってムジナ商店に卸しているのだ。ムジナ商店!それを聞いてコンジュは色めき立った。リピーターなのだそうだ。黒豆クッキーが絶品だからと言うと、ミコチは「焼き立て」の黒豆クッキーを出してくれた。これを卸していたのはミコチだったのだ。そう、そしてコンジュが買って来たハーブティーもミコチ製wまあ知らなかったのだから仕方ない。

今はハチミツのワッフルを試作していると聞いてコンジュはたまらずに手伝わせて欲しいと言う。ハチミツワッフルも魅力的だが(蠱惑的と言っていた)、歌で助けて貰った上に日常のお気に入りをミコチが作っているとなると何もかもミコチに敵わないからだと。負けず嫌いだな。
参考資料

と言う事で手伝う事になった。取り敢えず卵と蜂蜜を泡立ててと言われてそのままかき回し始めたので、それは湯煎しろと。ところがコンジュは湯煎って何?と聞く。湯煎を知らないのか。まあ私も大学時代に実験の為に知ったけどねw

コンジュが湯煎を始めたものの、グツグツと煮えたぎるお湯で湯煎をしようとする。熱すぎて色々焦げ焦げになってしまう。コンジュ、色々出来ない子だったのか。

料理に関しては親から教わっていなかったと言うので、ラッピングの方を手伝わせた。こちらは綺麗に出来る。と言う事で大量のラッピング。ラッピングをしながらハクメイは日頃はそんなに出張が無いと言うミコチの表情を見てコンジュはミコチは寂しがり屋なのねと感じる。そうなのか、あの表情はそうだったのか。

ふと見ると白い塊が大量に。ミコチの石鹸の試作品だった。匂いも形もしょぼい石鹸に、コンジュは石鹸は乙女の姿そのものだと、実用だけではいけないからポプリや精油を出せと言う。石鹸を一度細かくして精油などを練り込んで香りをつけ、型にはめて最後に何かで柄を(今回は鍵)を押し付けたら完成。おしゃれな石鹸に。コンジュ、こう言うのは得意だった。

お土産を沢山持ってコンジュは帰った。夜になってハクメイと一緒に風呂に入ってあの石鹸を使ってみる。しかし石鹸から鍵が出て来たw
家の前で鍵がないと困惑するコンジュ。
参考資料
コンジュって「胡飲酒」って書くの?

因みに後日譚でコンジュは隣のライカ(雷火?)に泊めて貰ったのだが、ベッドを占領した挙句に全裸で寝るとかw


ハクメイとミコチは材料集め。大収穫に浮かれるミコチだったが、早めにここを立ち去ろうと言うハクメイ。その理由はオロチと言うハンターの縄張りだからだそうだ。どんな鳴き声?とミコチが聞くと、丁度良いタイミングで何かの鳴き声がする。そう、こんな鳴き声・・・ってそれはそこにオロチが来てるって事ですよ。

驚いて気を失って落下するミコチ。たしか以前も骨の魚か何かで気を失ってなかったっけ。だが、今回は崖だったので落ちて怪我をしてしまった。オロチがすぐ近くに居るので荷物をほとんど放り出してミコチを担いでハクメイは逃げる。

洞窟の中に逃げ込んで野宿の準備。ミコチは未だ足が痛むと言うので、暫くここに居なくてはならない。それではと投げ出した荷物を取りに出たハクメイだった。だが、そこにオロチ出現。じっと睨むオロチに震えながらナタを構えるハクメイだが、オロチがじっと見た先には干し肉。干し肉をやるよと言ったらオロチはそれを掴んで飛び去った。

一命をとりとめた感じのハクメイ、流石に洞窟に戻ったらミコチに抱きついた。干し肉を除いて持ち帰った荷物でハクメイが料理を作る。材料もあるから暫くはしのげると言うハクメイだが、足の痛みも収まって来たから明日になれば歩けるよと言うミコチに、でもまたオロチに襲われた時にミコチだけ置いて逃げたくないと。

夜、ハクメイが未だ一人で旅をしていた頃の事を話していたら外からあのオロチの鳴き声が聞こえてくる。ここに迄やって来たのかと覚悟を決めた二人が外に出たらオロチの前に沢山の果実などが。どうもオロチはあの干し肉のお礼として持って来たらしい。なんだ、オロチ、ハンターとかじゃなかったんだ。
参考資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

|

« 恋は雨上がりのように・第4話 | Start | 舞台探訪・ラーメン大好き小泉さん・日本橋たいめいけん »

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ハクメイとミコチ・第4話:

« 恋は雨上がりのように・第4話 | Start | 舞台探訪・ラーメン大好き小泉さん・日本橋たいめいけん »